パチスロ攻略TOP >  勝てる!パチスロ講座 >  勝てる!パチスロ講座|パチスロの基本

勝てる!パチスロ講座|パチスロの基本

パチスロはレバーONで全てが決まる

パチスロは全てが確率によって管理されています。ボーナスも小役もリプレイも、すべて一定の確率で抽選され、当選するとリール上で揃うわけです。

では、その抽選はいつ行われているのか。

タイトルにもありますが、レバーON時に抽選が行われます。ですから、パチスロのリールというのは単なる答え合わせのようなものなんです。内部で何が起こったのか・・・結果を知るためのツールです。

リールを止めたらベルが揃った→『内部でベルに当選していたんだな』と分かる。

どんなに目押しが上手な人でも、好きなように絵柄を揃えることは不可能です。(普通は)内部で当選した絵柄しか絶対に揃いません。『普通は』としたのは、特殊な条件下では任意で絵柄を揃えられる場合があるからですが、基本的には前述のとおりです。

ハマリと連チャンについて

パチスロは毎ゲームが独立試行によって成り立っています。
どういう意味かというと、1ゲーム1ゲームの抽選は切り離されていて、前のゲームの抽選結果が次のゲームの抽選に影響を与えることは一切ない、ということ。

だから、『連チャンしたからそろそろハマりそう・・・』とか、『これだけハマッたらそろそろ出るかな・・・』なんて考えることは間違い。

連チャンしても、ハマっても、そんなことは1G1Gの単なる抽選の結果、そうなったに過ぎません。パチスロ台の中ではそんなことはお構いなしに常に一定の確率で冷静(?)に抽選しているだけです。

波は見える!?

前項と少し被りますが、『波』についてです。
パチスロ台を前にして波が見えたら・・・まずは病院にGO!です。

あなたはパチスロにおける波というと何を想像しますか?グラフのようなものが頭に浮かんだりする人もいると思います。パチスロ雑誌や店舗などでも見たりするあのグラフ、台の出玉推移を折れ線グラフに表したものですが、あれはあくまでも結果をグラフ化したものです。

波を読んでパチスロを打ち、そして勝つ。そんなことはできません。
管理人は何人かそういった人と知り合ったことがありますが、例外なく負けています。その日たまたま勝つことはあっても、トータルでのプラス収支は望めないと思います。

人の記憶はアテにならないものですが、要は過去にハマリ台を打ってその後連チャンした時の記憶が強く頭に残ってしまうので、『今度も・・・』となるのでしょう。出なかったら『まぁ、それはそうだ』と納得するから印象が薄く、連チャンの記憶だけが残っていきます。

パチスロは波を読まなくても勝てます。なぜならパチスロには客側が勝てる『設定』が存在するからです。

設定とペイアウトについて

設定ごとに出玉率は異なる

パチスロには『設定』というものがあります。

設定は基本的に6段階までありますが、役割としては出玉率を管理しています。出玉率は一般的に『ペイアウト』とか『機械割』という呼び方をしますが、これは投入枚数に対する払い出し枚数の割合を表しています。単位は『%』です。

[例]

3枚ベットで1000G消化するとして、ペイアウトが①90%の場合と②110%の場合を比較すると、3枚×1000Gで投入枚数は3,000枚なので

 ①ペイアウト90%だと払い出し枚数は3,000枚×0.9=2,700枚(-300枚)
 ②ペイアウト110%だと払い出し枚数は3,000枚×1.1=3,300枚(+300枚)

となります。ただし、実際に必ずそうなるわけではなく、『内部の各種数値がそうなるように調整されている』ということです。つまり『期待できる』ということ。

出玉率(ペイアウト)の見方

下表はあるパチスロ機種の実際のペイアウトです。

パチスロ立ち回り講座 ペイアウトの例

設定は6段階ですね。一般的には設定が大きくなるとペイアウトも上がります。つまり、最も出玉率が高いのは設定6、最も低いのは設定1ですね。ペイアウトが100%を超えていれば『プラスが期待できる』ので、ボーダーラインは設定3だと分かります。

このようにパチスロは設定ごとにペイアウトが異なり、『客側が勝てる出玉率』と『客側が負ける出玉率』が予め用意されている。そしてパチスロ店はこの『設定』をいじくって日々の出玉率を管理しています。

パチスロで『勝つ』とは

『客側が勝てる』設定がある以上、その設定の台を打ち続ければ勝てます。そして、パチスロ店にはそのような高設定のパチスロ台が存在します。

なぜなら、パチスロ店には『客側が勝てる設定』を使う必要があるからです。
パチスロ店を経営し、利益をあげていくためには『お客さんがくる理由』を作る必要がある。それを演出するのが『客側が勝てる設定』です。

店側は1日の営業で全ての台から利益をあげる必要はなく、全体として儲かっていればいいので、設定をうまく使いながら客に還元する台と回収する台を配置します。

もちろん、還元しようと思った台でたまたま客が負けることもあるし、回収台で客が勝ってしまうこともあります。でもそのようなバラつきは全体としてみれば大きな影響を与えることはなく、出玉率はある程度までコントロールできるわけです。

勝つためにはホールと真逆のやり方を実践するだけ

これと同じことは『打つ側』にも当てはまります。

回収台を打ち続けると、1日単位では勝つこともありますが、トータルではマイナス収支となる。では、還元台(客側が勝てる設定の台)を打ち続ければどうなる?そう、たまたま運悪く負ける日があったとしても全体として見ると大きな影響はなく、トータルではプラス収支となります。

次の講座はコチラ >>> 立ち回りとは?

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ