パチスロ攻略TOP >  勝てる!パチスロ講座 >  勝てる!パチスロ講座|勝てるパチスロ機種を選ぶ

勝てる!パチスロ講座|勝てるパチスロ機種を選ぶ

パチスロは機種情報を知らないと負けます

昨今、パチスロ店の主役となりつつある5号機パチスロですが、多くの機種について言えることは、『ゲーム性が複雑』ということです。

というより、4号機パチスロの時代とは規定が変わってしまったので、4号機パチスロと同じ感覚で考えて打つと混乱してしまうわけです。

ストック機を打つ場合、ボーナス放出の期待が高いゾーンや天井などを把握しておかないと打てませんでしたが、5号機パチスロでもやはり機種情報を知っておかないと思わぬロスが発生してしまいます。

実際、パチスロ店でスパイダーマン2リングにかけろ1でRTをパンクさせたり、南国娘でRT中にボーナスを揃えて喜ぶ姿を管理人は何度も見ています。(←そんなパチスロ店で打っている)

こんな打ち方では、どんなにスペックが高い機種でも勝てません。お金を捨てにいくようなもの。次の実戦時のポイントの講座でも触れていますが、小役を取りこぼすこともそうです。

パチスロで勝ちたいと思うなら、スペックを引き下げる要因は徹底して排除する

そのためには、機種ごとに違うゲーム性をきちんと把握しておく必要があります。もちろん、多くの機種情報を知っていれば立ち回りやすいし、思いがけないところでトクすることもありますが、まずは自分がよく行くホールに設置してあるパチスロ機種についてチェックしておきましょう。

勝てるパチスロ機種とは

スペックの高さに引かれてスパイダーマン2リングにかけろ1のような機種ばかりを狙っているものの、なかなか勝てない、そんな人も多いと思います。

確かにペイアウトを見れば打ちたくなるのも分かりますが、勝てないということはやはり低設定ばかりを打ち続けているから。低設定域のペイアウトが優秀なのも事実ですが、100%を割っているということは、結局は負けるわけです。

パチスロで収支をアップさせるにはコツがあります。それは、『ホールの考えそうなことは何か』に注目することです。

『ホールがアピールしたいのは何か』が分かれば、どんな機種を選べばいいのかは自ずと決まります。ホールがアピールしたいのは2つ。

  • 最高設定を使っている
  • ホールで箱を使っている人が多い

『このホールに行けば勝てるかも・・・』と思わせる点です。もちろん場合によっては大きな差玉をアピールしたいと考えることもありますが、大きなイベント以外では期待できませんし、イベントになるとライバル客が増えることで結局は座れる確率も低くなります。

5号機パチスロでもスペックが異常に高い機種がいくつかありますが、それらの機種の設定6が使われる頻度は、ものすごく低いです。よほど大きなイベントでもなければ、いいとこ設定4(108%前後)で、のこりは全台設定1と思ったほうがいい。

番長やSEなどのストック機とは違い勝率も極めて高いので、他で帳尻をあわせるためには多くの台を低設定にしなければならず、デメリットも多いからです。

ホールがアピールしたい点を考えると、(最大限の努力の証である)最高設定がそれなりに使えて、且つそれなりの出玉を演出できる機種というのは、結局のところ設定6でペイアウトが110%前後の機種です。

ペイアウトは高すぎても、低すぎてもホールから見ると使いにくい。

絵に描いた餅ではなく、現実に高設定が期待できる機種
追いかけることが勝率アップのコツ

勝てるパチスロ機種=設定の判別がしやすい機種

『パチスロで勝つ』という目的は、低設定での稼動を避け、高設定での稼動を増やすことで達成できる。そのためには、現実に存在する高設定を追いかけることが重要。

ここで問題となってくるのが、『自分が今打っているパチスロ台は高設定なのか?』ということ。これが分かんないと、話にならないですよね。

設定が複数あるってことは、どこかに差があるはずなので、その差を調べることで設定を判別することができます。ホールによっては実際の設定を確認できないので推測の域を出ませんけど、それでもある程度は絞り込むことができます。

パチスロには短時間で設定が分かる機種とそうでない機種があり、設定が分かりやすい機種というのはそれだけ低設定を打ち続けるリスクを減らしながら、高設定の稼動を増やすことができるので、トータル収支がプラスになりやすい。

逆に設定が分かりにくいパチスロ機種だと、低設定と気づかずに長時間打ってしまうことが多くなり、なかなかプラス収支になりにくいのです。

ペイアウトではなく判別のし易さを優先し機種を選ぶことが勝率アップの近道!

このポイントをしっかりと押さえておくと、台取りすら厳しいハイスペック機ではなく、地味ながら判別しやすいパチスロ機種の高設定をキチンと掴むことができるようになります。

次の講座はコチラ >>> 実戦時のポイント

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ