パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ アクアビーナス 解析・攻略

パチスロ アクアビーナス 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロアクアビーナスについて、以下の打ち方・立ち回り・解析・攻略情報がわかります。

アクアビーナスの機種スペック

【パチスロ解析情報】アクアビーナス

【リプレイ】の連続がアツい、という変わったゲーム性をもつパチスロアクアビーナス

本機はボーナス成立のほとんどが【リプレイ】との同時成立なので、通常時に【リプレイ】が揃うたびにドキドキ。さらに、ボーナス成立後は【リプレイ】確率がアップするので、連続するとボーナス成立の期待が高まります。

ゲーム性もすばらしいですがスペックも優秀で、10,000限定販売というのがもったいないパチスロ機種です。

ボーナス確率(解析):アクアビーナス

【パチスロ解析情報】アクアビーナス ボーナス確率

ペイアウトは設定1でも98.0%とリスクが少ない上、設定6で110%オーバー。安定感もあり【BIG】と【REG】のバランスも良く、4号機の純Aタイプと同じ感覚で打つことができます。

小役確率(解析):アクアビーナス

【パチスロ解析情報】アクアビーナス 小役確率

通常時の【ベル】確率は設定差があります。
それほど大きくないですがカウントして設定推測の参考に。

『遅れ』は【チェリー】対応ですが、他に小役ナビなどの演出はないので取りこぼしには注意。

同時成立(解析):アクアビーナス

【パチスロ解析情報】アクアビーナス 同時成立

【チェリー】は同時成立の期待大ですが、確率を考えると目にする機会は少ない。設定差もないので、判別の際は省いたほうがいいです。

通常時の打ち方:アクアビーナス

【チェリー】が下に付いた【BAR】を上段~中段に狙います。

【スイカ】を引き込んだら要目押し。演出がないので、適当に押していると取りこぼしが多発します。

★順押しよりもハサミ打ちの方が若干【スイカ】を取りこぼす可能性が低くなります。

ボーナス中の打ち方:アクアビーナス

BIG中の打ち方

【BIG】中はチェリー・スイカ(どちらも揃えてOK)ともに成立するので、通常時と同じ打ち方で消化しよう。確率を考えて無視する手もありますが、実は落とし穴があります。

BIG中のハズレ

パチスロアクアビーナスの【BIG】中のハズレ確率にはとても大きな設定差があります。1回でも出現すれば高設定の可能性大なので、ハズレ出現はしっかり見抜こう。

アクアビーナス BIG中ハズレ確率【パチスロ解析情報】

注意点としては、BIG中には【チェリー】や【スイカ】など、取りこぼす小役が成立する可能性があること。適当に打っていてはハズレなのか小役の取りこぼしなのかが分からなくなるので、必ず両小役をフォローしながら打つこと。

REG中の打ち方

【REG】中はフリー打ちでOKです。

立ち回り方/攻略情報:アクアビーナス

アクアビーナスの主な設定差

主な設定差【パチスロ解析情報】

アクアビーナスの立ち回り

パチスロアクアビーナスについては、明確な設定差が存在しないのがネック。
通常時の【ベル】確率、合成確率(170分の1を目安に)、【BIG】中のハズレ出現率から総合的に判断して高設定を見抜いていくことになります。

★注意したいのはボーナス成立後の【リプレイ】。確率がアップしているのでボーナス成立から揃えるまでにゲーム数がかかり、実際のボーナス確率とデータ表示機の確率がズレてしまいます。
実戦ではその点を考慮して立ち回ること。

また、アクアビーナスは判別に時間がかかるので台選びは慎重に。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ