パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ あしたのジョー 解析・攻略

パチスロ あしたのジョー 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロあしたのジョーについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報がわかります。

パチスロあしたのジョーの攻略ページは2部構成になっており、ここは第1部です。ここでは基本的な情報をまとめており、第2部ではART関連の情報や補足事項をまとめていますので、チェックする場合は第2部へどうぞ^^ >>>あしたのジョー攻略の第2部へ

あしたのジョーの機種スペック

あしたのジョーのスペック
[!]ペナルティに注意

パチスロあしたのジョーはナビ発生時以外に変則押し(左リール以外を第1停止)するとART抽選や内部状態移行の抽選がないペナルティ状態(5G)に移行します。ペナルティ状態でBBを引いてもART当選の可能性ゼロ(H・BBでもNG)なので注意してください。

また、ドヤZONE中のナビなし時に変則押しをすると、その時点でドヤZONEが終了するようです。変則押しのメリットは全く無いので必ず左リールを最初に止めること。

ようやくサミーからバトルタイプのARTパチスロ機種が出ましたね。満を持して登場したパチスロあしたのジョーですが、この手のゲーム性のパチスロ機種はほとんどが短命に終わっているのが気になります。

ある程度人気が継続したのは初代2027パチスロキン肉マンくらいでしょうかねぇ。それ以外のパチスロ機種はホントに一瞬で閑古鳥コーナーと化してしまうことが多い。ボコボコ当るボーナス+全く突入しないARTのギャップに疲れます(低設定ね)。

さて、パチスロあしたのジョーではこれまでの同タイプのパチスロ機種の欠点だった「やっとART突入したのに即ボーナスで終了orz」という部分を改善しているようで、見所はその部分ではないかなぁと個人的に思っています。

このタイプのART機種では「ボーナス後1G目からARTが発動しない」というのは致命的な欠陥だとYurikaは考えているので、他の部分で割を削ってでも1G目からART発動させるべきだと思っています。ART突入が確定しているのに、発動までにモタモタするせいで先にボーナスが成立してARTランプすら点灯せずに終了するとかね・・・。

パチスロあしたのジョーの場合もボーナス後に即ART発動とはならないようですが、ボーナス後~ART突入までの間(ドヤZONE)にボーナスを引くと「ART確定」、さらに「ART継続率がアップする可能性がある」などの特典があるようです。また、この間もリプレイ確率はアップしており、進水式で浸水して沈没した潜水艦とは違うようなのでYurikaも評価しています(なぜ上から目線?)。

有効ラインの構成

あしたのジョーの有効ライン

パチスロあしたのジョーは上・中・下段の平行ラインが無効+小山・小谷ラインを追加した変則4ラインです。

[パッと見中段にも揃うように見える]
あしたのジョーの有効ライン

上記のように中段でJAC揃いが出現しますが、「JAC揃いBB」ではなく特殊リプレイなので注意。また、ボーナス中の中段BAR揃いも有効ライン上に特殊な絵柄構成の9枚役が揃います(下図)。

[ボーナス中の中段BAR揃い]
ボーナス中のBAR揃い

ボーナス中のBAR揃いは小谷ラインで特殊9枚役が入賞します。

ボーナス確率(解析):あしたのジョー

ボーナス確率

ボーナスの当りは軽いが出玉が増えないのがこのタイプの特徴です(笑)。BAR揃いBBが引ければね・・・。

絵柄別のBB確率

絵柄別のボーナス確率

ボーナス関連では設定差がここに集約されているので、合成確率も出してみましたが・・・ちょっと厳しいかな。

単独ボーナス確率(解析):あしたのジョー

単独ボーナス確率

設定差はないですねぇ。確率も低いので気にせず打とう。

小役確率(解析):あしたのジョー

3択ベル以外の小役

小役確率

スイカ・チェリーの出現率は一応気にしておこう。

3択ベル確率とそれに関連する数値

3択ベル確率

あしたのジョーにはペナルティがあるので通常時は必ず左リールから止めることになるんですが、おかげでベル出現率は厳しい数値になります。コイン持ちがかなり悪そうですなぁ・・・。最近のパチスロはART性能をアップさせるために通常時のコイン持ちを削ることも多くなりましたが、賛否両論というところかな。

左ベル以外の3択ベルが成立した場合は取りこぼしが発生しますが、その際の1/4は変則的な停止形でベルが揃います。これについては第2部の3択ベルの補足を参照してください。

[3択正解と不正解時の出目]
3択ベル

「7・ベル・ベル/BAR・ベル・ベル」が揃っているように見せかけているわけですね。たしかにその方が分かりやすいかも・・・。左リールが変なスベリをするのはそのせいです。

同時成立:あしたのジョー

同時成立

特殊リプレイがボーナス当選のメイン契機でスイカ・チェリーがそれにつづきます。強ベルは「成立=ボーナス」の可能性大ですが、演出からしか判断できません。

小役分解:あしたのジョー

小役+ボーナス

スイカ・チェリー・特殊リプレイ絡みは設定差がありますね。もうちょっと細かくチェックしてみると・・・

[スイカ・チェリー・特殊リプレイ同時成立の詳細]

スイカ・チェリーは赤系・青系のボーナス出現率、特殊リプレイは7揃い全てに差が付いています。ボーナス関連の設定差(つまり7揃いBBの設定差)はここにまとまって表れているので、チェックするならこの部分ですね。それ以外のボーナス(例えばスイカ+赤系BBなど)は全設定共通なので、出現しても無視してOKです。

★他の小役との同時成立については絵柄別にチェックしても一切設定差がありません。

小役のみ

同時成立

こちらは参考情報。

通常時の打ち方:あしたのジョー

パチスロあしたのジョーの配列をチェックしてみると、特に難しいことを考えずに打てそうな気がしますが・・・。ただ、中リール中段停止で入賞となるチェリーの成立を見極めるために、左リールは特定の位置を狙って打ったほうがいいですね。スイカの目押し頻度も下がるし。

★左・右リールでスイカを取りこぼすことがないため、ハサミ打ちが有効です。
★配列が5号機っぽい。「左リールにはチェリー」という呪縛から解放されてこそ「らしさ」が出るのかな・・・。

あしたのジョーの通常時の打ち方

[最初に狙う絵柄]
打ち方

左リール上段~中段付近に「黒BAR」を狙います。多少アバウトでもOKですよ。チェリー・スイカ成立時の停止形は以下のとおりです。

[チェリー成立時]
打ち方

この停止形になったら中リールにチェリーを狙って右はフリー打ち。チェリーハズレでボーナス確定。

[スイカ成立時]
打ち方

ハサんでスイカがテンパイしたら中リールにもスイカ狙い。中リールにはスイカが一つしかないので取りこぼしに注意です。左の目押しが若干早かった場合は右図の停止形に。

[上記以外の停止形]

フリー打ちでOKです。

JACが揃わんのやけど・・・

JAC揃いBBは内部的に「ハズレ」であれば勝手に揃うんですが、「3択ベル」が成立していたら面倒くさいことが起こります。左リールで3択ベルを取りこぼした場合に(制御によって優先的に)引き込むことになるリプレイ絵柄との位置関係でJAC絵柄が中段に停止してしまうことがあるんですねぇ。中段ラインは無効なので、そのゲームではもうJACは揃いませんよね。

そのまま中・右リールでベルの色をハズしたら「3択ベル取りこぼしの一部で揃う9枚役」も揃わないので・・・。表面上は「ハズレ」だけど内部的には「ベルの取りこぼし」となり、パッと見はハズレだったっぽいのに「JACが揃わんなぁ」ってね。

このような「配列上取りこぼすハズのないJAC揃いBBがなぜか揃わない」という現象が起こってしまいます。

これをできる限り無くすには、「左リールでJAC絵柄を下段に引き込める位置(ボーナス絵柄を中段より下)」を狙う必要があります。「JACを下段に・・・」というか、「JACとリプレイの両方が有効ラインに停止できる位置」ですね。そうすることで、左リールを止めた時点で不用意にJACを取りこぼすことが無くなるワケです。

この打ち方であれば、完璧とはいきませんがある程度はJACの入賞を早めることが可能です。3択ベルの詳細はあしたのジョー解析の第2部「3択ベルの補足」をチェックしてみてください。

ボーナス中の打ち方:あしたのジョー

あしたのジョーのボーナス中は基本的にフリー打ちでOKです。もしカットイン演出が発生したら各リールにBARを狙ってみよう。

カットイン発生でART確定

ボーナス中にカットインが発生した場合はその時点でART確定となります。これはBB成立時の抽選ではなく、ボーナス中に抽選されている特殊9枚役「CHANCE・7orBAR・スイカ」に当選したことによるART当選になると思います。また、特殊9枚役は複数存在するようで「中段BAR揃い」と「中段7揃い」があるらしい。

BAR揃いのフラグが成立した際に7絵柄を狙うと「7揃い」が出現するのに対し、7揃いフラグ成立時にBARを狙っても「BAR揃い」とはならないため、どちらのフラグが成立したのかを見極めるにはBARを狙う必要があります。BARが揃えば「BAR揃いフラグ」、BARが揃わなければ「7揃いフラグ」ということですね。

[BB中のBAR/7揃い確率]
BAR揃い確率

低すぎる気もするけど・・・。

★カットインは発生した時点でART確定なので、BARが揃わなかった場合は「7揃いフラグ」確定。
★ARTが確定するだけでなく、継続率もアップする?

あしたのジョーの天井/リセット(設定変更)情報

天井情報

パチスロ あしたのジョーではART連続非当選の回数による天井が存在します。回数は8回と15回の2種類で、振り分けは以下のようになっています。

 ・8回 ・・・・ 12.35%
 ・12回 ・・・ 87.65%

規定回数に到達すると「次回BBでのART当選が確定」となります。つまり9回目or16回目でART当選です。

★ハマリゲーム数による天井はありません。

リセット(設定変更)情報

パチスロ あしたのジョーでは設定変更を行うと内部状態を再セットします。高確移行率は以下のとおり(BB後の移行率と同じです)。

設定変更
[朝一の挙動はBB終了後と一緒]

また、設定変更後はBB終了後と同じく転落リプが抽選される状態からスタートします。朝一の数ゲーム間で中段に「JAC・JAC・スイカ」が出現した場合は設定変更の可能性大。立ち回りのヒントとして覚えておこう。ただし、対策はカンタンです。

★天井までの非当選回数もリセットされるので、宵越し天井狙いは難しい。天井での当選かどうかも判別しにくいしね。

立ち回り/設定判別:あしたのジョー

メイン基盤側の設定差は全くアテにならないため、ART関連の数値をもとに判別することになりますが、ART継続率は正確に見極められないことが多いため、ART当選率を中心にするしかないですね。低確の可能性が高い場面からのART当選率、特に異色orJAC-BBからの当選率に注目しよう。

また、継続率の格上げについて「設定5以下なら高継続率だけど設定6だとそこまで格上げされない場合が多い」という特徴がある部分は押えておこう。発生頻度が低いのがネックですが、発生した時に設定6を否定するような挙動が確認できるかもしれません。

★周囲の状況にも気を配っておきたいです。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ