パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ バリバリ伝説 解析・攻略

パチスロ バリバリ伝説 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロバリバリ伝説について、以下の打ち方・立ち回り・解析・攻略情報がわかります。

バリバリ伝説の機種スペック

バリバリ伝説

パチスロバリバリ伝説は個人的にはかなり期待しているパチスロ機種。出目演出もメーカーが平和で期待できるし、チャンスゾーン経由がメインですが120Gと長めの完走型RT搭載の割にボーナス確率も低すぎない点がいいですね。複数ある設定判別の要素もそれぞれ抜群に分かりやすいとはいえないですが、総合的に見ていけば使えるレベル。

★【赤7BIG】後はRTからのスタートですが確率は低く、また設定差もないので要注意。

ボーナス確率(解析):バリバリ伝説

【パチスロ解析情報】ボーナス確率

【赤7BIG】は設定差がないので、合成確率からは除外したほうがいいです。

単独ボーナス確率(解析):バリバリ伝説

【パチスロ解析情報】単独ボーナス確率

単独成立にも設定差はありますが、使えないレベル。

小役確率(解析):バリバリ伝説

【パチスロ解析情報】小役確率

【ベル】と【チャンス目】は差が大きくはないですがカウントしておきましょう。

同時成立(解析):バリバリ伝説

【パチスロ解析情報】同時成立

ボーナスのメインは【チャンス目(1枚役)】からの同時成立。あまり設定差がないように見えますが、【チャンス目】確率自体にも差が付いているため、実質的な設定差は結構大きい。

通常時の打ち方:バリバリ伝説

左リール枠上~上段に上にチェリーが付いた【BAR】を狙います。
枠内にスイカが出現したら【スイカ】or【チャンス目(1枚役)】なので、中リールをフリー打ち(取りこぼしナシ)して右に【スイカ】狙い。スイカはずれは【チャンス目】です。それ以外はフリー打ちでOKです。

チャンス目:バリバリ伝説

3種類の【1枚役】は取りこぼすと【チャンス目】が停止。それぞれリール制御が違っていて、出現した【チャンス目】でどの【1枚役】だったかが分かります。

チャンス目の停止形

【パチスロ解析情報】チャンス目1 【パチスロ解析情報】チャンス目2 【パチスロ解析情報】チャンス目3

ボーナス中の打ち方:バリバリ伝説

BIG中の打ち方

BIG中は成立役がナビされるので、それに従って消化します。特にハズしたりする小役はないです。

REG中の打ち方

通常時とはライン構成が変化します。左リール上段~中段に【青7】を狙えば【ベル】が複数ラインで入賞し、1回当りの払い出しが12枚となるので要実践。

チャンスゾーン:バリバリ伝説

チャンスゾーンとはRT(バリバリチャンス)への突入が期待できる32G間のゾーンのこと。

【赤7BIG】以外のボーナスは消化後にチャンスゾーンへ突入。この32G間に特殊リプレイが成立すればRT突入となります。【REG】後も液晶上は分かりませんが、チャンスゾーンに滞在しているので即ヤメはNG。

RT基本情報/打ち方:バリバリ伝説

【パチスロ解析情報】RTについて

RTは完走型なので、ボーナス成立を察知しても揃えないこと。パチスロバリバリ伝説のRTはリプレイ確率が高く、1G当りの増加枚数が多いので完走すると結構増えます。

ラスト5Gからは『ファイナルラップ』演出でボーナスに当選していたかが告知されます。

立ち回り方/攻略情報:バリバリ伝説

バリバリ伝説の主な設定差

【パチスロ解析情報】主な設定差

バリバリ伝説の立ち回り

パチスロバリバリ伝説のように完走型RTを搭載した機種はボーナス無抽選のゲーム数が多くなるため、稼動データからは正確なボーナス確率を割り出せない点は注意しましょう。

通常時は【チャンス目】と【ベル】をチェックしながら打ち、ある程度のゲーム数を消化したら【赤7】以外の合成確率もチェックします。

注意点する点は【チャンス目】からのボーナス同時成立。RTが完走型ということは途中でボーナスが成立してしまうと以降のゲームではボーナス抽選がない。だから何回【チャンス目】が出現してもボーナスとは無関係になるためです。
【チャンス目】確率自体には影響がないのでカウントはしますが、【チャンス目】からのボーナス同時成立の確率を計算する場合はRT中のサンプル(RTのG数とチャンス目成立回数)を除外して計算すること。

ベストなヤメ時は【赤7】以外のボーナス後にチャンスゾーンを抜けた時点か、【赤7】後のRT終了直後。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ