パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  BLOOD+ブラッドプラス パチスロ(スロット) 解析・攻略

BLOOD+ブラッドプラス パチスロ(スロット) 解析・攻略

パチスロ BLOOD+(ブラッドプラス)解析・攻略の目次

パチスロ BLOOD+について、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

BLOOD+の機種スペック

スペック

パチスロ BLOOD+(ブラッドプラス)はYurikaもちょっと注目している機種です。タイヨーエレックはマーベルヒーローズもなかなかの出来だったし、伝説の巫女もお世話になったパチスロですからね。まぁ絵柄とかがゴチャついててデザイン的には好みではないんですが・・・。

原作のBLOOD+というのは全く知らないんですが、そういうのはもう慣れちゃったよ。

さて、ブラッドプラスのゲーム性ですが、ART搭載で通常時からの突入アリ、さらに上乗せアリという仕様。ARTがいつでも発動するタイプのパチスロ機種は、ボーナス確率が若干低めに設定されていてもART突入の期待感が別に存在するため、「通常時がダレる」ことが意外と少ないようです。

とは言ってもやはりARTタイプは腰が引けてしまうYurikaなので、稼動が増えるかどうかは微妙なところなんだけどね。

有効ラインの構成

パチスロ BLOOD+は通常の5ラインです。

ボーナス確率(解析):BLOOD+

ボーナス確率

ボーナス確率には大きな差がありません。ART関連の数値に注目することになりそうです。ペイアウトでは設定5と6にほぼ差がない仕様で、出玉推移に明確な差があることが予想できますね。「5は荒波型、6は安定型」というのが一般的ですけど、はたして・・・。

単独ボーナス確率(解析):BLOOD+

単独ボーナス

BIGは偶数・奇数により赤7・青7の出現率に差がついています。確率的にはアテにならなそうですが、この特徴が同時成立にも当てはまるなら、トータルの赤7・青7にも偶・奇の差が存在するハズです。

REGの差はそこそこ大きいですが確率が低すぎるし、パチスロ BLOOD+は3択小役が多くて取りこぼしが多いため、判別は困難かと・・・。気にしないで良いと思います。

小役確率(解析):BLOOD+

小役確率

役構成が意外とゴチャゴチャしているので、3択小役は右側に寄せてあります。また、単独で成立する1枚役は存在しないようです。よって、1枚役が揃った場合はレア3択チェリーの取りこぼし確定ということに。

共通ベル(赤/青/黒・ベル・ベル)にのみ設定差がありますが、通常時は共通ベルを判別できないためトータルのベル出現率をチェックするしかありません。ちょっと厳しい数値なので、あまりアテにしないようにしたい。通常時のベルとチェリー、ART中のベル出現率は以下のとおり。

[状況別のベル、チェリー出現率]
小役確率

ちょっと厳しいか・・・。

[チェリーの停止形と役割]
チェリー

チェリーはその役割が「(RTorARTの)パンク役」と「RT突入役(+ART抽選)」の2種類に分かれています。複数のフラグが存在しているのはお分かりだと思いますが、その中で「3択チェリー」と「3択ベル+チェリー」がパンク役、「共通チェリー」と「レア3択チェリー」がRT突入役。

これらは停止形により判別することが可能で、パンク役となるチェリーは右リールの対角位置に「ベル」、RT突入役のチェリーでは対角にリプレイか青7が停止します。それぞれの確率を考慮すると、ほとんどがパンクチェリーでたま~にRT突入チェリーが出現するカンジ。

★RT突入チェリーの実質的な出現率は「1/1285」。
★それぞれの役割はチェリーが「入賞」した時点で果たされるため、取りこぼした場合は無効です。

同時成立(解析):BLOOD+

同時成立

数値をチェックすると「設定差がない」ことが予想できますね。

小役分解:BLOOD+

小役+ボーナス

スイカからのボーナスが多く、それ以外は単独も含めて微妙な数値ばかり。それぞれの同時成立についての詳細は調査中です。

小役のみ

こちらは参考まで。

通常時の打ち方:BLOOD+

3択小役は同時フォロー出来ないため、気にする必要はありません。また、左・右リールではスイカを取りこぼさないため、ハサミ打ちが有効となっています。通常時はハサミ打ちで「左→右」とフリー打ちし、スイカがテンパイした場合のみ中リールにスイカをフォローすればOK。

★左リールは配列が規則正しいので、どこを狙っても条件は全く同じです。

ボーナス中の打ち方:BLOOD+

ボーナス中はスイカを取りこぼした方がいいので、BIG・REGどちらの場合もスイカナビが発生した場合は中リールで確実に取りこぼそう。左・右リールでは取りこぼせないため、注意です。

★変則押しなら左リールでもハズせます。

BIG中の打ち方

スイカに気を付けていれば基本はフリー打ちでOKです。「?ナビ」が発生した場合は3択ベルが成立しているので、カンで狙うかフリー打ちでもOKです。このときに正解して3択ベルが揃えばART抽選が行われるようです。BIGの後半になると3択ベルもナビが入るので、それに従って左リールにボーナス絵柄を狙います。

★ナビに逆らうことでゲーム数を引っ張れますが、3択ベルのナビが発生する状態になった時点でART突入or非突入は決定していると思うので意味ないかと(一応調査中)。獲得枚数も減るし、やらないほうがいいと思います。

最終的にはバトル演出によりART突入が否かが告知されます。

[BIG中の小役確率]

REG中の打ち方

こちらもスイカナビの場合のみハズし、あとは全てフリー打ちでOKです。最終的に小夜と合流できたらART突入。ART抽選のタイミングなどは調査中。

[REG中の小役確率]

内部状態について:BLOOD+

パチスロBLOOD+には通常時の内部状態として「低確」と「高確」、さらに「特殊高確」があります。「高確」と「特殊高確」の違いは表面上の演出発生率のみで、内部的には同じ状態。・・・なんですが、これによって低確との見分けがつかない場合があり、さらに「高確よりも特殊高確への移行率に大きな設定差がある」のが非常に面倒臭い。

★内部状態は通常時だけでなくRT・ART中も移行抽選を行っています。

高確状態に移行した場合はほぼ毎ゲーム行われる転落抽選に当選するまで継続します。ゲーム数が決まっているわけではないため、高確移行した次のゲームで低確に転落することもあります(ボーナス終了後は保証G数アリ)。

高確移行率

高確移行率

3択ベルは確率が「1/387」のフラグです。出現率の高い「3択ベル+チェリー」ではないので注意してくださいね。

[ボーナス後は100%高確へ移行(特殊高確はナシ)]
ボーナス後の高確

ボーナス終了後は必ず「高確」へ移行します。また、ボーナス後のみ「保証区間」が存在し、その間は転落抽選がありません。保証区間を消化すると通常の高確状態と同じように転落抽選を行い、当選したら転落します。

★保証区間でボーナスを引くと残りの保証ゲーム数に新しい保証ゲーム数が上乗せされてスタート。

低確転落率

低確転落率

通常時は「ハズレ」、RT・ART中は「リプレイ」で転落抽選を行います。要するにほとんど毎ゲーム転落抽選があるということですね。

CZ基本情報/打ち方:BLOOD+

現在調査中・・・。

RT・ART基本情報/打ち方:BLOOD+

現在調査中・・・。

BLOOD+の天井/リセット(設定変更)情報

天井情報

スロット BLOOD+にはハマリ救済の天井機能もあります。「ボーナス間で1000Gハマリ」で天井に到達し、以降は・・・同じ状態のままです(汗)。ただし、BIG成立でART当選が確定し、REGでは1/2でART1000G突入が確定するようです。

★詳細については調査中・・・。

リセット(設定変更)情報

設定変更を行うと天井までのゲーム数がリセットされ、内部状態は高確からスタートします。「高確」と「特殊高確」の振り分けは「25%:75%」で特殊高確の割合が多いのが厄介。演出による判断が出来ないこともあるので注意してください。

★前日の閉店時に「高確」っぽい演出が頻発してたのが翌日おとなしくなっていれば・・・。

立ち回り/設定判別:BLOOD+

BLOOD+の主な設定差(設定判別ポイント)

現在調査中・・・。

BLOOD+の立ち回り

現在調査中・・・。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ