パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ 交響詩篇エウレカセブン 攻略(追加版)

パチスロ 交響詩篇エウレカセブン 攻略(追加版)

パチスロ攻略の目次

パチスロ エウレカセブンについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報がわかります。

攻略ページを第1部と第2部(このページ)に分けてあります。第2部は補足的なページになるので、まずは第1部をチェックすることをオススメします^^

エウレカの小役構成についての補足

5択ベル

まず、ベル絵柄は2種類存在し、中リールと右リールの黒BAR下のベルはダミー絵柄となっています。

配役表を見てもらえば分りますが、ベルにはいくつかの絵柄の組み合わせがあります。ただし、出目として(表面上)出現するのは一番上の【- ベル -】というものがメイン(というか全て?)。つまり「中リールの上・中段にベル停止で入賞」ということです(ただし、ダミーベルは除く)。現時点でははっきりと断言はできませんが、配役表(ベル欄)の一番上の形以外でのベル揃いはボーナス成立後しか出現しないのでは・・・?しかも払い出しは12枚ではなく4枚になるハズです。

★エウレカはベルを押し順で管理しているので、複数のベルフラグを同時成立させることで12枚と4枚のベルを出現させています。

中リールのみで構成される役というのはわりと少ないですが、例えばパチスロ 戦国無双のベルも中リールのみで入賞が決まる形でしたよね。見た目上の混乱を避けるために基本的にはベルの3つ揃いになり、例え3つ揃いにならなくて(ボーナス確定)も払い出しは普通にありましたよね。

エウレカのベルも見た目上は3つ揃いになりますが、左と右のリールはベルが揃っていることを打ち手に分りやすいように演出しているだけで、本来は中リールのみで入賞か否かが決定しています。そして、中リール上段停止なら1ラインなので4枚払い出し、中リール中段停止ならナナメ2ライン+中段ライン通過なので4枚×3ラインで12枚払い出し、となります。ただし、これはダミーベルには当てはまらないので注意ですよ。

★中リール上・中段に役ベル(ダミーでないベル)が停止したら、見た目上はベルテンパイですが右リールでベルがハズれることは絶対に無いということです。

強弱スイカ

スイカは内部的に強弱の2種類が存在します。通常時の打ち方で打っていた場合は上段揃いは強スイカ、右下がりなら弱スイカとなりますが、これは100%内部フラグと一致しているわけではありません。「どちらにも引き込める位置に狙った上で」という条件付きです。その上で上記の揃い方になればOKです。スイカを揃える際はハサミ打ちだと目押し範囲がちょこっとシビアになる(強弱を見極める場合は)ので、順押しをオススメします。

また、弱スイカテンパイ時はハズれて強チャンス目の可能性もあるため、どちらだったのかを見極めるためにも取りこぼしに注意です。

強弱チェリー

配役表をチェックしてほしいんですが、エウレカのチェリーは左リールのみで払い出しが決まるわけではなく、中・右リールに特定の絵柄が停止して初めて入賞することになります。同一絵柄の3つ揃いではないですが、要はスイカなどと同じ3リール役ということです。ニューパル3のチェリーなんかも同じですが、最近ではこういった役構成も増えてきましたよね。このテの機種の特徴としては、「左にチェリーが出現しても払い出しが無いことがある」というものです。

★エウレカも例に漏れずチェリー+払い出しナシ(実戦上BIG確定)が発生します。

チェリー出現時は強弱の判別とともに、そもそも揃っているのか?ということもチェックしておきましょう。強弱チェリーと払い出しナシの停止形は以下で要チェック!

[弱チェリーと強チェリー、リーチ目]
パチスロ エウレカセブン:チェリーの基本

チェリーが下段停止なら右上がりに必ず絵柄が揃うので、結果的に右リール上段の絵柄がチェリーの強弱を教えてくれます。

パチスロ エウレカセブン:チェリーの停止形

上図のように、右上段がリプレイなら弱、ベルなら強、そしてそれ以外であればチェリーが揃っておらず払い出しナシ、つまりリーチ目となります。チェリー付きのリーチ目は実戦上BIG確定(ちなみにチェリー同時成立もBIG確定)です。ただし、チェリー付きのリプレイ揃いはREGも確認しているので注意してね。

パチスロ エウレカセブン:チェリーの停止形

中リールを見てしまうと黒BAR付近がちょっとややこしい。黒BARテンパイは弱、ズレていれば強となります。ただし、右リールをとめて一見強チェリーのように見えてしまう【黒BAR・黒BAR・★】は払い出しナシ、つまりリーチ目となります。この場合だけは右上段がベルなのにリーチ目(強チェリーは揃っていない)となるので注意です。

中段チェリー

さてエウレカセブンの中段チェリーなんですが、「中段チェリー出現時はスイカを揃えて4枚払い出し(揃えないと払い出しナシ)」なんて雑誌などにも書いてありますけど、コレってつまりスイカじゃん(笑)。

要するに、中段チェリーというのは厳密にいえばスイカのことで、エウレカには強弱2つのスイカの他に、中段チェリーを出現させる要因となる「特殊スイカ」のフラグが存在するということです。・・・ということは当然・・・チェリーではなくスイカ時のリール制御のほうが3種類あるわけで、仮に中段にチェリーを引き込めない場所で押した場合(例えば黒BARを中段にビタ押し)にこの「特殊スイカ」がどのラインで揃うのか・・・・・・・気になって仕方ない!

Yurika自身は理由は良くわからないんですが、エウレカは話題性が高かったですよね。だから導入前から雑誌などで目にする機会は多かったんですが、全く興味がなかったYurikaは完全に特集ページをスルーしてたんですよ。ただ、偶然中段チェリーの項目を目にしてからは、いろいろと妄想が始まってしまい(バイオハザードの時も妄想したなぁ・・・)、導入初日から並んでまで手を出すことになった目的の95%がコレ(笑)。

★残りの5%は→コチラ

中段チェリーが出現しないように、チェリーを下段に狙いつつ、スイカが上段or右下がり以外から揃うかどうかをひたすらチェックしていたんですが・・・撃沈(笑)。いや、収支のことではなくて、確認できずってことです。導入直後は中段チェリーの確率が不明だったものの、サミーの過去の機種(ほら、スパイダーマンとか北斗の強中段チェリーとかさ)から察するに1/1638だろうと予想し、終日打てば4~5回はチャンスがあるかなぁ、と実戦に臨んだんですが・・・演出ナシとかでいきなり「ズガン!」とくるから全く気が抜けないワケでして、そうなると当然ながら集中力が終日持つわけがなく・・・(笑)

結局、新装からの3日間をエウレカの調査にあてたものの中段スイカ揃いを1回確認(ボーナスが成立してたし、特殊スイカっぽい気がする)と右上がりスイカを1回(こちらは目押しミスの可能性大)したものの、結局はどのスイカでもボーナスorARTの可能性があるため、「特殊スイカ」を否定することはできても肯定することは難しく、攻略誌のリール制御解析を待つことにしました(笑)。この辺のネタはまだ攻略誌でも扱ってない(まぁどうでもいいネタなんですけどね)ので、スロナビでスクープしたかったんですが、残念無念。

★他にもいろいろリスクのありそうな部分を調査したにもかかわらず、大幅すぎるプラス収支で終われたのが唯一の救い(汗)

BIG中の7揃い攻略?:エウレカセブン

さてさて、ここではBIG中の7揃いに焦点を当ててみました。これも新台を初日から並んで打つ理由の5%くらいを占めていたんですが、こちらは確認するだけの作業だったので開始から5分で任務終了となりました。

最初から1枚役が要因であろうことは予想がつくので、あとは逆押しで黒BARを狙って上段停止なら1枚役確定、中段なら強チェリー、下段なら弱チェリー、というところまでは事前にリール配列から分る。
(ただ、当時はスイカやチャンス目が出ることを知らなかったため、上段黒BAR停止が1枚役確定かどうかは100%断言できなくなっちゃった。まぁスイカやチャンス目でもARTは確定なので問題ないか。)

後の問題は「BIG中の黒BAR揃いの1枚役が本当に7揃いの要因なのかどうか」ですが、コレばっかりは揃えてみないと分らないので、枚数的なロスを覚悟で挑戦してみました。1回目のBIGからすぐに予告音が鳴ったところで右上段に黒BAR→あっさり停止して逆にちょっと不安→(もうチェリーの可能性はないので)左リールちょっと早めに黒BAR→中段チェリー降臨→こりゃ揃うな・・・→中リール黒BAR狙い→これもアッサリ揃ってARTランプ点灯→確認終了という流れでした。

BIG中の7揃いに関するアレコレ

[予告音発生時はチェリーが揃わないように注意する]

チェリーが入賞してしまうと「枚数調整」と「BIGの消化G引き伸ばし」という2点において損をしてしまいます。チェリーに限らず、スイカなども成立する可能性がありますが、ハズせる小役は全てハズそう。もちろんBAR揃いの1枚役もハズすべきなので、基本的にBARは狙わないこと(狙っても良いが最終的にはハズすこと)。

[各絵柄はどこに狙えばいいの?]
パチスロ エウレカセブン:BIG中の打ち方

順押しの場合は上記の範囲に狙えばOKです。BARは下段にビタ押しが必須ですが、その際の停止形は以下のとおり。

パチスロ エウレカセブン:主な停止形

ビタ押しに失敗するとチェリーが入賞するリスクがあるので注意。目押しに自身があればやってみてね^^

ちなみに、赤7を左リール中~下段に狙った場合、1枚役が成立していれば中段チェリーが出現します。以下を参考に。

パチスロ エウレカセブン:BIG中の赤7狙い

チェリーが入賞するポイントなので、どっちか分らないときは止めておきましょう。レバーONなどで7揃い確定音が鳴ったときにでもお試しあれ。

[逆押しで1枚役(7揃い)を察知する]
パチスロ エウレカセブン:BIG中の逆押し パチスロ エウレカセブン:BIG中の逆押し

最初の目押しが遅くて右リール中~下段にBARを押した場合は、右図(弱チェリー確定?)の停止形でも1枚役の可能性があります。目押しが遅い場合は白7が中段に降ってくることがありますが「BARを枠内に狙ったのに枠下にスベッた」という時点で1枚役を否定しているため、全く熱くないです。

★左リールを最初に止めないと7絵柄は揃わないので注意です(BARは揃います)。

REG中のART抽選:エウレカセブン

REG中のART抽選の基本情報

REG中はポイント(Pt)獲得制となっていて、「毎ゲーム終了時に」その時点でのPtを参照してARTを抽選します。REGは5Gあるため、5回のART抽選があるということですね。Ptは5択ベルの押し順正解で「ほぼ1Pt」、不正解で「0Pt確定」というのが基本。レア小役成立時(1Pt以上)や、REG成立時(0or5Pt)にもPtを獲得する可能性がありますが、基本は押し順正解でのPt獲得になります。「押し順に3回以上正解すればART確定」なので、Ptで考えると「3Pt」以上獲得すればOKなわけです。

[ART抽選フロー]
<パターンA>

 1G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積0Pt) ・・・ 0PtでART抽選
 2G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積0Pt) ・・・ 0PtでART抽選
 3G目 ・・・ 「正解(1Pt獲得)」 ・・・・・ (累積1Pt) ・・・ 1PtでART抽選
 4G目 ・・・ 「正解(1Pt獲得)」 ・・・・・ (累積2Pt) ・・・ 2PtでART抽選
 5G目 ・・・ 「正解(1Pt獲得)」 ・・・・・ (累積3Pt) ・・・ 3PtでART抽選(当選確定)

最終Gで3Ptに到達しART当選したケース。0~2PtでもART抽選はあるが、確定しているのは「1セット」のみ。

<パターンB>

 1G目 ・・・ 「正解(1pt獲得)」 ・・・・・ (累積1Pt) ・・・ 1PtでART抽選
 2G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積1Pt) ・・・ 1PtでART抽選
 3G目 ・・・ 「正解(1Pt獲得)」 ・・・・・ (累積2Pt) ・・・ 2PtでART抽選
 4G目 ・・・ 「正解(1Pt獲得)」 ・・・・・ (累積3Pt) ・・・ 3PtでART抽選(当選確定)
 5G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積3Pt) ・・・ 3PtでART抽選(当選確定)

4G目で3Ptに到達。4G目と5G目はART当選確定なので最低でも「2セット」。

<パターンC>

 1G目 ・・・ 「不正解(0pt獲得)」 ・・・ (累積0Pt) ・・・ 0PtでART抽選
 2G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積0Pt) ・・・ 0PtでART抽選
 3G目 ・・・ 「スイカ(2Pt獲得)」 ・・・・ (累積2Pt) ・・・ 2PtでART抽選
 4G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積2Pt) ・・・ 2PtでART抽選
 5G目 ・・・ 「正解(1Pt獲得)」 ・・・・・ (累積3Pt) ・・・ 3PtでART抽選(当選確定)

3G目のスイカ(2Ptの可能性大)で2Pt獲得していますが、1Ptの可能性もあるため表面上は分らないです。そして5G目に1Pt追加してART当選。ARTランプが点灯し、スイカで2PtをGETしたであろうことが推測できます。最終GでARTが確定しているので、こちらも確定分は「1セット」。

<パターンD>

 1G目 ・・・ 「スイカ(2pt獲得)」 ・・・・ (累積2Pt) ・・・ 2PtでART抽選
 2G目 ・・・ 「正解(1Pt獲得)」 ・・・・・ (累積3Pt) ・・・ 3PtでART抽選(当選確定)
 3G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積3Pt) ・・・ 3PtでART抽選(当選確定)
 4G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積3Pt) ・・・ 3PtでART抽選(当選確定)
 5G目 ・・・ 「不正解(0Pt獲得)」 ・・・ (累積3Pt) ・・・ 3PtでART抽選(当選確定)

いきなりのスイカ揃いで2Ptをゲット(この時点では打ち手はPt数が分らない)。次ゲームに5択正解で1Ptを追加しARTランプ点灯。つまり2G目で「3Pt」に到達した(スイカで2Pt獲得していた)ことが打ち手にも分るわけです。以降はPt追加がなかったものの、2~5G目までは3Ptで抽選されたことが判っているため、最低でも「4セット」は確定。

[ART抽選のポイント]

パターンA~Dはすべて最終的なPtは「3Pt」ですが、より早い段階で3Ptに到達したほうがARTの当選数(ストック数)は多くなるのが分りますよね。もちろん0~2Ptでの抽選に当たりまくって「パターンAが実は5セット当選していた。」なんて可能性もありますが、「表面上で判断可能な当選分(確定セット数)」については、上記のように考えて問題ないと思います。

REG中のポイント獲得の詳細

ポイント獲得は大きく分けると
 ①REG成立時
 ②5択押し順正解とレア小役成立時
の2種類に分かれます。それぞれチェックしてみてくださいな。

[REG成立時のポイント獲得]
パチスロ エウレカセブン:REG中のART抽選

REG成立時はほぼ「0Pt」ですね。状態による影響は一応はありますが・・・。でもここで運良く「5Pt」獲得したら大爆発の可能性大^^

[5択押し順正解とレア小役成立時のポイント獲得]
パチスロ エウレカセブン:REG中のART抽選

5択ベル(と押し順不問ベル)以外が成立すれば2Pt以上の可能性大。一気に5Ptを獲得する場合もあります。まぁ確率を考えるとそのぐらいの価値はあって当然か。実戦では「1G目に弱スイカ成立」というのがありましたが、残りは5択不正解でARTは・・・・ゼロ!

獲得ポイント別のART当選率

パチスロ エウレカセブン:REG中のART抽選

0~1Ptだとかなり厳しいですが2Ptならチャンスは充分あります。高設定ほど優遇されているので2Pt以下でのART当選に注目。

REG中の押し順ナビ発生条件

REG中は押し順ナビが発生することがありますが、発生するタイミングはREG成立時の内部状態を参照して決定します。一度ナビが発生すると、以降は全てナビが出るため、早い段階でのナビ発生はかなり熱い!発生条件は以下のとおり。

パチスロ エウレカセブン:REG中のART抽選

大抵はラストの5G目のみナビが発生するパターン・・・。こないだの2G目からのナビは超高確中だったのか?大連チャンどころか即閉店でしたけど、何か?

内部状態について:エウレカセブン

パチスロ エウレカセブンは内部状態として低確・高確・超高確・ARTの4種類が存在します。ART中は分りやすいとして、それ以外の内部状態は演出から判断するしかないですが、「ニルヴァーシュモード」や「赤セリフ」、「小役入賞時のランプ違い」などなど、高確以上が濃厚となるものは押さえておきましょう。

以下では特定役成立時・ボーナスでの内部状態移行についてそれぞれチェックしていきます。

特定役成立時の状態移行

[低確状態に滞在中]
パチスロ エウレカセブン:内部状態(低確時)

チェリー(特に弱チェリー)からの高確移行がメインとなりそうですね。チャンス目は移行抽選があるだけマシという感じ。

[高確状態に滞在中]
パチスロ エウレカセブン:内部状態(高確時)

超高確への移行は終日打っても1~2回・・・あるかな?程度ですね。

[超高確状態に滞在中]

超高確中は特定役を引いても状態移行はありません。常に現状維持です。ここでなんとか特定役をたくさん引きたい!

[内部状態の転落契機は?]

内部状態はSIN成立で転落する可能性があります。以下はSIN成立時の転落率。

パチスロ エウレカセブン:内部状態(転落率)

SIN確率は約1/18なので、タイミング次第では高確のロング継続もありえますね。転落契機はSINのみなので、SIN取りこぼし目を契機に演出が大人しくなったと感じたところが最適なヤメ時になると思います。

ボーナスでの状態移行

[低確状態に滞在中]
パチスロ エウレカセブン:内部状態(低確ボーナスでの移行率)

ボーナス後、特にREG後は100%高確スタートです。白7BIGのみ高確移行が抑えられていますが、出現率の高さでカバーしているというところですかね。ボーナス直後のチェリー成立なら・・・。

[高確状態に滞在中]
パチスロ エウレカセブン:内部状態(高確ボーナスでの移行率)

高確での赤7BIG後なら・・・「ニルヴァーシュモード」からスタートなんてのもある?まぁどちらにしても超高確はハードルが高いですねぇ。

状態別のART当選率:エウレカセブン

ここでは内部状態別に特定役でのART当選率をチェックします。

低確状態に滞在中

パチスロ エウレカセブン:ART当選率(低確)

低確中はやはり厳しい数値。強or中段チェリーくらいですね、期待できるのは。チャンス目は・・・。

高確状態に滞在中

パチスロ エウレカセブン:ART当選率(高確)

高確になるとスイカからのART当選も期待できます。特に高設定では弱スイカからのARTも現実的な数値。あれぇーチャンス目は・・・。

超高確状態に滞在中

パチスロ エウレカセブン:ART当選率(超高確)

ここまでくると、ART突入は目前!まぁなかなか移行しないんですけどね。・・・ってコラー!チャンス目クン!アンタ何やってんの?

ART状態に滞在中

パチスロ エウレカセブン:ART当選率(ART中)

ART中はボーナスでの当選率が大幅にアップし、必ずARTに当選します。よって、他の小役に関してはオマケ程度の当選率。それにしても、相変わらず役立たずな特定役が・・・。とにかく、ART中に特定役が出現したらボーナスであることを祈ろう。

[ART中は通常リプレイ以外のリプレイでもARTを抽選]
パチスロ エウレカセブン:ART当選率(ART中)

ART中はリリベ・リリチェ・べチェべなど、通常リプレイ以外のリプレイでもARTを抽選します。出現率が圧倒的に低いリリチェとべチェべなら期待できます。

ART抽選に関するポイント

チャンス目はART抽選(あと内部状態の移行)に関してはほとんど役立たず、ということが良くわかった(笑)まぁボーナス当選のメインだから仕方ないのかなぁ。強スイカorチェリーに期待しよう。

ボーナス成立時のART抽選も通常時ではほぼ非当選で、内部状態の影響も皆無です。ただしART中なら必ず当選するため、ここで7揃いや5択に3回以上正解をすることでビッグウェーブが起こることになります。

また、低確状態では偶数設定のほうがART当選率が優遇されていますが、高確以上では高設定ほど優遇されているという特徴もわかります。滞在が長い低確状態でのART出現が頻発すれば偶数設定、しかもテッペンも見えてきそうですね。あとは高確中の特定役からしっかりARTに入るかどうかも合わせてチェックしたいところです。

特殊なART抽選:エウレカセブン

通常時の自力ART突入

自力でのART突入時はさらにARTの抽選を行い、1.00%でARTに当選します。遭遇頻度はかなり低そうですが、アタマの片隅にでも。

CZ中のSIN取りこぼし

CZは基本的にべチェべ(転落リプ)で終了なんですが、その前にSINが成立してもCZが終了する特徴があります。ただし、この際は10.00%という比較的高い確率でARTに当選します。どうせCZが終わるならSINでお願いしたいですね。でも・・・SIN揃えちゃダメよ、抽選はあくまでも取りこぼした場合なので。

BIG中のレア小役

BIG中にスイカ・チャンス目が出現したらART当選確定。出現率はトータルで1/21845とかなり低確率ですが、念のため覚えておきましょう。

ボーナス後のSINハマリ

ボーナス後にSINが99G間成立しなければART当選確定。SINは約1/18ですが、以前に赤ドンで3尺玉間130Gハマリにあったこともあるし・・・。

エウレカのその他、気になること

フリーズについて

まず、本機のリプレイと同時成立の関係について整理すると、リプレイは4種類存在し、それぞれの絵柄ごとにボーナスが同時成立する可能性があります。各種リプレイの確率は内部状態ごとにコロコロと変化していくため、同時成立の期待度も変化しますが、「リプレイ+ボーナス」の実質的な確率だけは常に一定。そして、その確率とは全ての組み合わせ(リリリ+赤7BIG、リリリ+白BIG・・・)がそれぞれ1/65536となります。

つまり4種のリプレイと4種のボーナスで計16通りの組み合わせで、それぞれが1/65536なので、合成確率は小役分解にも掲載している通り1/4096となるわけですね。まぁここでは別に合成を出す必要も無いんですが、フリーズの発生条件というのは、この「リプレイ+ボーナス」の組み合わせのうち、「リリチェ+赤7BIG」に当選することです。だから、いかなる状態であってもフリーズ出現率は1/65536となります。

★フリーズは赤7BIG確定+ARTストック5個確定。他に何も起きなければ700枚弱・・・。

ART終了画面に「コーラリアンモード+1」って・・・

実戦中にも何度か遭遇したこの現象なんですが・・・初打ちの時は「ART中に特定役でのART抽選に当選した場合、ART終了時に即発動なのかなぁ?」って思ってました。これが出るときって、たいてい強チェリーとか強スイカとかをART中に引いてる気がするので。でも実際は「ARTの残りストックがある場合の25%で即発動」というのが正解。

ART中のREGは・・・低確?高確?超高確?

疑問なのがコレ。ART中のボーナスはART当選確定なのは前述のとおりなんですが・・・REGは成立時に内部状態を参照してナビ発生のタイミングが決まりますよねぇ。ART中のREGはどうなるの?ART中は低確・高確・超高確とは違う別の専用テーブルを参照するの?ってことです。これについては現在調査中なので、続報をお待ちください。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ