パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ ギャラクシーウイング 解析・攻略

パチスロ ギャラクシーウイング 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロギャラクシーウイングについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報がわかります。

機種スペック

【パチスロ解析情報】ギャラクシーウイング

ハネスロ第1弾となった元祖ハネスロは分かりやすさ・当りやすさを追求。出目はアレなんですが、もう少しは設置があっても良かったんでは・・・と、Yurikaは思いました。
パチスロ初心者でも安心して打てるし、判別要素もあり、さらにスペックも魅力的なので、見つけたら一度打ってみてくださいな。

さて、ハネスロ第2弾となったパチスロギャラクシーウイングでは、特殊な並びで入賞するシューティングチャンス(SC)を搭載し、直後にRT(シューティングモード)が発動。しかもRTはゲーム数管理ではなく、パンク役(回避不能)の入賞orボーナス成立までというドキドキのゲーム性になっています。
元祖よりも複雑なカンジですが、勝手に揃うしRT突入ですぐに分かるのでご心配なく^^

もちろん今回も設定判別要素がしっかりと用意されているので、初心者から上級者まで納得の完成度となっています(・・・出目?・・・元祖よりは・・・)

有効ラインの構成

【パチスロ解析情報】3ライン機

パチスロギャラクシーウイングは横の3ラインだけの構成。左・中の2リールで入賞となり、ボーナスやメイン小役は右リール(倍倍リール)で払い出しを1~3倍に決定します。【リプレイ】の場合はボーナス期待度みたいなもの。

ボーナス確率(解析)

【パチスロ解析情報】ボーナス確率

獲得枚数の多いボーナスは高設定が、少ないボーナスは低設定が優遇されています。これは元祖ハネスロとも共通の特徴。

全体で見ても差はありますが、R2とR3の合成(またはR3の確率)をチェックしていきましょう。

単独ボーナス確率(解析)

【パチスロ解析情報】単独ボーナス確率

設定差はあるものの、判断し辛いので特に気にする必要ナシ。

小役確率(解析)

【パチスロ解析情報】小役確率1

メイン小役は倍倍リールで払い出しが4・8・12枚に変化(といっても内部で既に決定してます)し、【12枚役(R3)】と【8枚役(R2)】は高設定が優遇され、【4枚役(R1)】は低設定が優遇されています。

メイン小役の特徴

【パチスロ解析情報】メイン小役合成

全体でみても一応の設定差は確認できます。特に設定6は頭ひとつ抜けてますね。設定に対して素直な出現率となっている【12枚役】と【8枚役】の合成は必ず意識しておきましょう。

リプレイの特徴

【パチスロ解析情報】小役確率2

【リプレイ】も3種類あります。R2とR3は特殊リプレイみたいなもので、出現時のボーナス期待度は高くなるカンジ。【R3リプ】はそこそこ設定差がありますが、注意したい点があります。(小役分解を参照)

同時成立(解析)

【パチスロ解析情報】同時成立

パチスロギャラクシーウイングの同時成立は3種類の【リプレイ】が対象となります。期待度としては【R3】>【R2】>【R1】の順で倍倍リールの数字が大きいほうが高い。

ただし、小役確率を考慮した実際の出現率は違うよぉ(小役分解にて)

小役分解

【パチスロ解析情報】小役分解

実際の出現頻度となると【R2】>【R1】>【R3】となりますね。

リプレイの注意点

同時成立しない【リプレイ】の確率は一切気にしないように。なぜかというと、RT中はこの『同時成立しない【リプレイ】』の確率が変動するためです。

逆に『ボーナスと同時成立する【リプレイ】』は常に一定(これが変動するとボーナス確率が変わってしまうのでNG)。【R3リプ】をチェックする場合はこの点に注意してくださいな。

通常時の打ち方

フリー打ちでOKです。

【1枚役】を取りこぼしたくない場合は左・中リール共に切れ目付近を狙えばいいんですが、それよりもゲーム数を稼いだほうがいいかと・・・。

ボーナス中の打ち方

フリー打ちでOKです。

【13枚役が揃う?】

まだ実戦してないので分からないんですが、ボーナス中は【13枚役】が揃い続けるのかな。これだと純増10枚なので、『R3ボーナスなら【13枚役】が15回揃って終了(純増150枚)』ってカンジになりますね。

仮に【シューティングチャンス(SC)】も同じだとすると、『【13枚役】が2回揃って終了(純増20枚)』となるので、絵柄の並びは分かりにくいですがすぐに気付けます。

まぁ直後にRT突入するんで見落とすことはないか・・・。

通常時に【13枚役】を連続で引く確率はかなり低いので、2連続すればほぼ【SC】となります。

★完全に想像上のハナシ

RT基本情報/打ち方

【パチスロ解析情報】RT基本情報

RT(シューティングモード)は現状維持レベルで、パンク役となっている【R2リプレイ】が入賞すればパンク(orボーナス)。【パンク役】はハズすことが出来ないので、気にせずにフリー打ちでOKです。

当選した【SC】によって【パンク役】確率が異なっているので以下で確認どうぞ。

各RT中のパンク確率

[R3-SC後のRT] ・・・ パンク確率【1/100】
【パチスロ解析情報】RT中リプレイ確率1

パンク役の【R2リプレイ】は確率が1/100より高いですが、これは同時成立分を含んでいるため。ボーナス当選ナシでRT終了となる【R2リプ】の確率は1/100となります(以下のRTも同様に考えてOK)

[R2-SC後のRT] ・・・ パンク確率【1/50】
【パチスロ解析情報】RT中リプレイ確率2
[R1-SC後のRT] ・・・ パンク確率【1/10】
【パチスロ解析情報】RT中リプレイ確率3

R1~3小役の詳細

パチスロギャラクシーウイングを打つ際は【R1~3小役】のカウントが必須といえます。そこで、実際にポチポチとカウントしていくと低設定と高設定でどうなるかをイメージしやすいように表現してみました。
確率だけを見てもイメージしにくい人はどうぞ(実戦時はちゃんと確率を出してくださいね)

小役カウント時の回数表示はこんなカンジ

【パチスロ解析情報】小役カウンターの表示

以下にポイントをまとめてみました。

 ・ 全設定で【8枚役】>【12枚役】となる
 ・ 設定1・2は【4枚役】>【8枚役】、設定3以上は【8枚役】>【4枚役】に
 ・ 中間設定は似たような数字が並びやすい
 ・ 設定5・6では【8枚役】>【4枚役】の差がかなり大きくなる

こんなカンジでしょうか。実際に打つときは確率を出したほうがいいですけど、カウントしながら・・・なんとなく見えてくるものがあるかも!?

立ち回り方/攻略情報

主な設定差

【パチスロ解析情報】主な設定差

ボーナス確率と【R1~3小役】の設定差に注目です。

立ち回り

パチスロギャラクシーウイングはわりと設定が判りやすいパチスロ機種といえ、これは前作の元祖ハネスロとの共通点でもあります。

何ゲーム継続するか分からないRTはありますが、ボーナス確率の高さから設定6の勝率はかなり高いかと。スペックも優秀なので高設定を意識したらブンブン回しましょう。

ただし安定感が高すぎるため、低設定でのマグレ勝ちはほとんど望めません(まぁ元祖よりは・・・)。ということで、しっかり高設定を使っているホールを選ぶこと。

選べるほど設置が増えるかがイチバンの問題か・・・。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ