パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ マッハGoGoGo2 解析・攻略

パチスロ マッハGoGoGo2 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロマッハGoGoGo2について、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報がわかります。

マッハGoGoGo2の機種スペック

【パチスロ解析情報】マッハGoGoGo2

怪胴王からスタートしたアリストのART5号機ですが、新機種が出るたびにシステムが改良され、前作のパチスロ哲也でようやくのヒット。各種ナビの分かりにくさは相変わらずですが、そこもこのメーカーの個性なんでしょうね。

YurikaもパチスロマッハGoGoGo2にはかなり期待しています。(実は珍しい)完走型のARTを搭載し、哲也のページでも触れていた7絵柄のデザインもなかなか(笑)いい。全体的にまとまりがある感じを受けますねぇ。

ストック機を苦手としていたYurikaは、先代は実のところ触ったことがない(笑)ので、まったく先入観はないんですが、かなり完成度は高いと思います。

ただし、設定判別に難アリ+ART突入のナビが相変わらずなので立ち回りは慎重に。

ボーナス確率(解析):マッハGoGoGo2

【パチスロ解析情報】ボーナス確率

確率は低めで獲得できる枚数も少ないのでART突入が重要です。ボーナス絵柄が2種類と少なく、同時にフォローできるのは嬉しい。・・・だって最近のパチスロは絵柄が多いので面倒臭いんだもん(笑)

単独ボーナス確率(解析):マッハGoGoGo2

【パチスロ解析情報】単独ボーナス確率

ほとんど期待できない数値なので気にしなくてOKですね。

小役確率(解析):マッハGoGoGo2

【パチスロ解析情報】小役確率

各種小役には設定差がないので、全く気にしなくていいです。

カップは内部で3種類ある

【カップ】は内部で3種類に分かれていて、【黄+白】【黄】【白】となります。【黄+白】は【ボーナス】と同時成立せず、【黄】及び【白】は【ボーナス】との同時成立が確定。
ただし、通常時に【赤7】狙いで消化していると、【カップ】出現時は内部的に【黄+白】と【黄】の可能性があるため、同時成立の出現率は3~5%程度に。

【赤7】狙い時に【白】が成立した場合は【カップ】が揃わないで【ボーナス】となります。

★上表では通常時の【赤7】狙いを考慮し、【黄+白】と【黄】はまとめて確率を表示しています。

チェリーは三つ揃い

左リールには2種類の【チェリー】があり、片方しかフォローできないですが、どちらも中・右リールの目押しが必要となるので注意してくださいね。

【実は待っていました】

Yurikaが5号機で注目していたのが、この【三つ揃いチェリー】。
どこが最初に採用するかなぁと思ってたんです。

4号機ではだいたいボーナス絵柄に挟まれていることが多かった【チェリー】。でも、小役よりもボーナスの引き込みを優先する5号機パチスロでは、左リールに出現しただけで払い出しとなる【チェリー】の存在がけっこう厄介。

成立したボーナスを枠内に止めようとすると、内部的に成立していない【チェリー】が出現してしまう可能性があるからですが、三つ揃いで払い出し(つまり他の小役と同じ条件)にすれば解決するハナシ。

アリストをはじめ最近多いのは中段ラインを無効にする方法。これならボーナス絵柄とチェリーをくっつけて配置できますけど、まだ多くのメーカーではボーナス絵柄と離して配置されている点が5号機パチスロの特徴ともいえます。
あとはエヴァみたいに右リール停止で払い出す方法ですね。

同時成立(解析):マッハGoGoGo2

【パチスロ解析情報】同時成立

最も期待度が高い小役は【チェリー】ですが、実際の出現率としては【リプレイ】絡みが多くなります。

小役分解:マッハGoGoGo2

【パチスロ解析情報】小役分解

通常時の打ち方:マッハGoGoGo2

パチスロマッハGoGoGo2は通常時は3種類の10枚役を完全にフォローすることができず、また【チェリー】は常に片方しかフォローできない(ART中もナビが曖昧なため)という特徴があります。

変則押しは【Go揃い】が出現しないため厳禁です!必ず左を最初に止めましょう。

赤7狙いが基本

同時成立の期待度と高確への移行期待度が飛び抜けている【3枚チェリー】を見抜ける、というメリットから左リールに【赤7】をアバウトに狙う手順がオススメです。

枠内(角)にチェリー停止時のみ、中・右リールにも【チェリー】をフォローし、それ以外はフリー打ちでOK。

★中段ラインは無効なので、中段チェリー停止時に【チェリー】をフォローする必要はないです。ちなみに、中段チェリー停止時は【カップ】or【10枚役】or【ボーナス】。

ボーナス中の打ち方:マッハGoGoGo2

アリストのパチスロの定番となりつつある【BIG】中の7絵柄揃いですが、やはりパチスロマッハGoGoGo2にも搭載されています。

7絵柄が揃った場合はART(GT)突入のアシスト機能となる『押し順ナビ』のストックが確定し、ナビに従う限りはストック個数分のART(GT)がループします。また、例え7絵柄が揃わなくても『押し順ナビ』ストックの可能性は残っているので、ご安心を。

BIG中の打ち方

基本的にはフリー打ちでOKです。7絵柄が揃う可能性があるのはレバーON時の『カットイン演出』が発生した時だけ。この際はカットインしたキャラに応じた7絵柄を全リールに狙っていきましょう。

以下はBIG中の各種確率です(7絵柄揃いのフラグは太字で表示)

【パチスロ解析情報】BIG中の小役確率

★『カットイン演出』は各キャラごとに2種類あり、ナレーションをともなう『次回予告』付きであれば7絵柄揃いが確定します。

【剛カットイン時は赤7狙い!?】

剛カットインから【白7】が揃った場合は、内部で【赤7揃い】と【青7揃い】の可能性があります。『赤?青?』とドキドキしながら打つのもアリですが、どっちだったかを知りたい場合もあると思うんですよね。

そんな時は剛カットイン時にあえて【赤7】を狙ってみましょう。

【赤7】が揃えばそのまま【赤7揃い】だったことが確定し、【赤10枚役】が揃った場合は【青7揃い】だったことが確定します。

剛カットイン時に【赤10枚役】が揃うのは、【青7揃い】の役(つまり【白カップ+赤10枚役】)の時だけだからです。
(何も揃わなかったらガセのカットイン確定となる)

7絵柄を揃えなくても、内部的に成立していれば『押し順ナビ』はストックされるのでご心配なく。

ちなみに、くりお&三平カットイン時(この時点で【赤7揃い】の可能性はないが)に【赤7】を狙って【赤10枚役】が揃えばこちらも【青7揃い】だったことが確定します。周りに悟られずこっそり悦に浸るのもいいかも^^

★ただし、ナビに逆らうため小役を取りこぼすリスクがあるのでご利用は計画的に。

REG中の打ち方

左リール枠下に【白7】を3回ビタ押しすると、高確状態の固定G数の抽選を受けることができます。3回ビタ押しが出来なかった場合は高確に固定Gがなく、いきなり転落抽選が始まるので必ず成功させたいところです。

★変則押しではビタ押ししても無効となるので、必ず左リールを最初に止めましょう。

高確保障G数の振り分け
【パチスロ解析情報】高確保障G数

CZ基本情報/打ち方:マッハGoGoGo2

パチスロマッハGoGoGo2は必ずCZ(GC)を経由してART(GT)へ突入します。まずは基本情報から。

【パチスロ解析情報】CZ基本情報

周期的にCZ(GC)へ突入する

CZ突入の条件は

 ・ ボーナス終了後
 ・ CZ間169Gを消化

となっています。周期がかなり短く設定してあるため、ハイエナもひとつの立ち回り要素となりますが、逆にいえば『ヤメ時には注意が必要』ということですね。

Go揃いの正体とは

ART(GT)突入の契機となる【Go揃い】ですが、これは内部的にはいずれかの【10枚役】が成立しており、それを取りこぼした際の一部で揃います。

【10枚役】は内部的にフラグが6種類あり、それぞれに対応する【Go揃い】の条件も6種類用意されているので、単に取りこぼせば揃うというわけではないです。
(『左リールに狙う7絵柄の色』と『中・右リールのどちらを先に停止するか』で異なるリール制御を参照しています)

[例]

【白10枚役】成立時に、左リールに【赤7】を狙い、右→中の順(ハサミ打ち)にリールを止めれば【Go揃い】となる。でも、左リールに【青7】を狙ったり、中リールを先に止めた場合は【Go揃い】とはならない。

つまり、同じ取りこぼしでも決まった条件で全リールを止めなければならないわけです。当然ですが、成立した色の7絵柄を狙っていた場合は【10枚役】が揃います。

各10枚役ごとのGo揃いの条件
【パチスロ解析情報】Go揃いの手順

押し順ナビについて

パチスロマッハGoGoGo2における最も重要となるシステム。このテの演出に関しては『分かりにくさ』で定評(?)のあるメーカーなので、確実に理解しておいてくださいね。↓は『押し順ナビ』の例です。

【パチスロ解析情報】押し順ナビ

まず、液晶画面の背景にある怪胴王チックなリールの色とヘンなオジサンについては完全に無視してください(笑)その色を左リールに狙うことが本機では致命傷となります。

見るべき重要な部分とは『液晶下部の数字が書かれたボタン』のみです。さらに言うと『数字の色』と『②と③の順番』です。

 ・ 数字の色 ・・・・・・・・ 左リールに狙う7絵柄の色を示している
 ・ ②と③の順番 ・・・・・ 中・右リールを止める順番を示している

ということです。↑の例でいうと・・・

 ・ 左図 ・・・ 左に【白7】を狙って、【右】→【中】の順(ハサミ打ち)に止める
 ・ 中図 ・・・ 左に【青7】を狙って、【右】→【中】の順(ハサミ打ち)に止める
 ・ 右図 ・・・ 左に【赤7】を狙って、【右】→【中】の順(ハサミ打ち)に止める
 (↑の例ではハサミ打ちしかないですが、実際には順押しもアリ)

となります。初実戦でも周囲でこのミスを何度も見かけました。色だけ気付いて押し順に気付かなかったりしてる人が多かったです。

自力でのGo揃い

『押し順ナビ』がない場合は自力で【Go揃い】を狙うしかないですが、ハードルは高いです。結果として、同じ設定でもどれだけ自力で【Go揃い】をさせられるかで差玉に大きな影響があると思います。

RT基本情報/打ち方:マッハGoGoGo2

基本情報の確認は下表にて。

【パチスロ解析情報】RT基本情報

本機のARTは55Gの完走型。パンク役などはないので特に難しいことはないです。ナビが発生した場合はそれに従い、それ以外は通常時と同じ打ち方でOKです。

白ナビ発生時はご注意を

【白7】はボーナス絵柄なので、白ナビ発生時は注意してください。ボーナスが内部で成立していた場合にうっかり揃ってしまう可能性があります。

白ナビの場合のみ押し順が『ハサミ打ち』になるのは、ボーナス成立中でも必ず【10枚役】がテンパイするカタチになる(ボーナスを引き込んでも必ず【10枚役】がテンパイする)からです。

順押しではボーナスがテンパイした時点で【10枚役】を取りこぼす(まぁ、この時点でボーナス成立は確定しますケドね)ので、そのリスクを避けるという意味があります。

もし白7がテンパイした場合は、中リールに必ず【赤7】を狙ってボーナスが揃わないように打ってください。また、順押しでも中リールに【赤7】を狙えば【10枚役】は揃います。

★完走型ARTなので、ARTを完走させてからボーナスを揃えたほうが枚数的におトク。

ボーナスの成立を見抜く打ち方

ART中にボーナスが成立しているかどうかを見抜く打ち方があります。手順はとってもカンタンで、いずれかのナビが発生した際にまず、中リール枠内に【青7】を狙います。

ボーナスが成立していない状況では必ず【カップ】が中段に停止しますが、いずれかのボーナス成立中は青7や白7が枠内に停止するため【カップ】が上下段に停止します。ただし、【ボーナス】成立時は【10枚役】が上段or下段テンパイのカタチとなり、左リールの目押しが若干シビアになるのでご注意を。

★実戦する際はうっかりボーナスを揃えないように十分注意してくださいね。特に白ナビ発生時はボーナスがテンパイしてしまうと、さらにシビアな目押しが要求されます。
(できれば赤or青ナビ時に実戦してくださいな)

通常時の内部状態(高確と低確):マッハGoGoGo2

通常時は内部で高確と低確を行ききしながらボーナス成立を待つことになります。高確と低確で何が異なるかというと、特定役成立時の『押し順ナビ』のストック率です。

高確のほうが『押し順ナビ』のストックが発生しやすく、低確だとあまりストックは期待できない模様。高確へは通常時の移行と【ボーナス】後の移行があります(どちらも中身自体は同じ)が、それぞれ状態移行契機についてチェックしておきましょう。

通常時の高確移行契機

【パチスロ解析情報】高確移行の契機

【チェリー】成立時は50%で高確へ移行しますが、小役確率が低い。その他は小役確率はともかく、移行率自体が低い。トータルで考えると高確への移行はあまり期待できない感じです。

★通常時からの高確は固定Gがなく、いきなり転落抽選(毎G 1/50)がスタートします。

ボーナス後の高確移行について

【パチスロ解析情報】ボーナス後の高確

【ボーナス】後は転落抽選のない固定Gがあり、それを消化した後は毎ゲーム転落抽選を行います。

注意したい点としては、高確はあくまでも『通常ゲーム中』でのものだということ。CZ(GC)中やART(GT)中は高確や低確の概念はないので、【ボーナス】終了後の高確はCZやARTが終了(ループも含めて)し、通常ゲームに転落した時点からスタートすることになります。

高確G数は上乗せされることはないです。
例えばARTループ中に複数の【ボーナス】に当選した場合は、最後の【ボーナス】での高確G数が有効となります。

リプレイ時はナイターランプに注目

高確滞在が確定するのは、【リプレイ】が揃った際のナイターランプ点灯のみ。通常時からの高確なら【リプレイ】時の20%、ボーナス後の高確なら【リプレイ】時の25%で点灯。設定推測の重要ポイントとなる【REG】後の高確G数(固定G)がある程度見抜けるため、要チェック。

ナビのストック確率

各状態別の『押し順ナビ』のストック率については調査中ですが、状態を問わず、【Go揃い】が最もストック期待度が高く、その他は高確への移行と同じくレアな小役ほど期待度が高いようです。

設定変更時について:マッハGoGoGo2

設定変更時は『押し順ナビ』のストックはすべてクリア(無くなる)されますが、その他の状態は引き継がれます。周期CZへの残りG数もそのままなので、前日の状況次第では周期CZ狙いが可能になりますが、逆に設定変更を見抜く術はないということです。

★あきらかに『押し順ナビ』のストックがある状態(確定演出などから)で閉店し、翌日の周期CZで『押し順ナビ』が発生しなければ設定をいじくったことになりますが、逆に『押し順ナビ』が発生しても途中でストックした可能性もあるため、据え置きが確定するわけではないです。

上げ下げや打ち直しに関してはどんな状況でも見抜けないので、ホールのクセをチェックしておきたいところ。

RAMクリア後の挙動

RAMクリア(機械内部の初期化)をすると内部CZの状態からスタートします。通常のCZと条件は同じですが、液晶は通常Gであきらかに周期CZと異なるため、RAMクリアが見抜ける場合アリ(【10枚役】より先に【Go揃い】でART突入など)。

ただし、設定変更を行ったかは別問題なので、RAMクリアするホールかどうかなど、クセをチェックできるくらいですね。

立ち回り方/攻略情報:マッハGoGoGo2

マッハGoGoGo2の主な設定差

【パチスロ解析情報】主な設定差

パターンA ・・・ 小役狙い時に小役揃いからのボーナスとなるパターン
パターンB ・・・ 小役狙い時にハズレ(チャンス目)からボーナスとなるパターン
(設定差があるもののみをまとめています)

設定判別に使えそうな数値は【REG】後の高確G数(固定)くらいなので【REG】消化時は必ずビタ押しを3回成功させておきましょう。特に設定6は圧倒的に150Gが選ばれることが多いのでここに注目。

マッハGoGoGo2の立ち回り

『押し順ナビ』については確実に理解しておくことが前提。

いくつかポイントがありますが、パチスロマッハGoGoGo2での立ち回りで難しいのは『ヤメ時』でしょう。

例えば【ボーナス】終了後のARTループが終了しても高確状態がそこからスタートするため、即ヤメはなんかもったいない。かといってちょっと打ち続けると周期CZまであと少しの状態に・・・。【Go揃い】でちょっと派手なフラッシュでもしようものなら確実に周期CZまで引っ張られます。

個人的には高確でも『押し順ナビ』のストック率は高くないようなので、CZ終了後の即ヤメがベストだと思います。ただし、【BIG】後の高確は35G+αですが、【REG】後は高確G数が長い場合もあるので注意。

また、本機はパチスロ哲也と違って設定判別がかなり厳しい機種。完走型のARTなのでボーナス出現率(同時成立の出現率も)もアテにできないため、ホール選びや狙い台をしっかりと定めて立ち回ること。

さらにいうと、【ボーナス】確率が抑えられており、いかにARTをループさせられるかが重要な機種なので、高設定でも結構な投資額になることもあります。逆に低設定でも夢があるともいえますが、差玉のバラつきはかなり大きいと思うので根拠のない台での深追いはNG。

初実戦後のギモン

実戦後にいくつかギモンが残ったので、今後検証していきたいと思います。

CZ/ART中の押し順ナビのストック

まず、『押し順ナビ』ナシからの【Go揃い】(自力突入でのART)後に『押し順ナビ』が発生したこと。
これはあきらかにART中または自力での【Go揃い】で『押し順ナビ』をストックしたことを意味しているんですが・・・。

 ①自力での【Go揃い】で『押し順ナビ』をストックしたとすると、どのくらいのストック率なのか。
  また、『押し順ナビ』アリの【Go揃い】でストック抽選を行うのか。
 ②ART中にも各小役成立時などに『押し順ナビ』のストック抽選を行うのか。

というギモンがでてきます。また、②についてはさらに気になる部分が出てきたので下にまとめてみました。

ART中の【Go揃い】はどうなる?

ART中は【10枚役】のナビが発生するので、【10枚役】の取りこぼし目である【Go揃い】は基本的にはでません。
ナビに従ったのに【Go揃い】となった場合は【10枚役】の取りこぼしではなく、リーチ目としての【Go揃い】となり、おそらくは内部的にも【10枚役】は成立していないハズです。

いくら【ボーナス】が確定するからといっても、あえて【10枚役】成立時に取りこぼすナビが発生するとは考えにくい(メーカー的にはあり得る?)からです。

となると、この【Go揃い】ではストック抽選はないのかな・・・(ここまでは前フリです)

ところで実戦中にふと思ったんですケド、ART中の『白ナビ』の発生率が『赤ナビ』や『青ナビ』に比べて少ない気がしました。そこで、『単なる偏り』かもしれないことを承知の上でいろいろと想像(妄想?)してみました。

『白ナビ』時は【ボーナス】が揃ってしまうリスクがあるため各【10枚役】の単独成立時を除き、たとえば【赤・白10枚役】成立時は『赤ナビ』、【青・白10枚役】なら『青ナビ』と、白以外のナビが発生するのではないか、ということです。

だとすれば、『白ナビ』発生時は内部で単独の【白10枚役】が成立していることが確定しますよね。そこで・・・

この『白ナビ』をあえて無視して【Go揃い】を狙うとどうなるか・・・気になるのはYurikaだけではないハズです(笑)
【白10枚役】成立時に【Go揃い】となるのは『左リールに赤7を狙ってハサミ打ち』すればOKなんですが(うーん、気になって眠れない・・・打ちに行く時間が欲しぃ)

仮にこの【Go揃い】でも『押し順ナビ』のストック抽選があるなら、(抽選確率にもよりますが)【Go揃い】を狙ったほうがいいという可能性もでてきますねぇ。
ちなみに、『赤ナビ』や『青ナビ』の場合は内部で成立している【10枚役】が絞れないので、ナビに従って消化した方が良さそうです。

今後は機会を見つけて検証してみたいと思ってますので、続報をお待ちくださいな(その前に解析されそうですが^^;)

★この項目での情報は管理人の勝手な想像(妄想)に基づくもので、信頼性や効果などが一切不明の情報です。くれぐれもマネしないでくださいね。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ