パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  ゴルゴ13~あの男に連絡だ!パチスロ(スロット) 解析・攻略

ゴルゴ13~あの男に連絡だ!パチスロ(スロット) 解析・攻略

パチスロ ゴルゴ13解析・攻略の目次

パチスロ ゴルゴ13~あの男に連絡だ!について、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックできます。

パチスロ ゴルゴ13の攻略ページは第1部(このページ)と第2部に分けてあります。第2部ではART関連の数値をまとめたページなので、チェックしてみてください。

ゴルゴ13~あの男に連絡だ!の機種スペック

スペック

オリンピアのART機は苦手なYurikaです、どうもー。南国育ちなんかは気にならないんだけど、タイミングとヒキに左右されすぎるゲーム性がちょっとね・・・。

パチスロ ゴルゴ13は、タイアップにちなんだ「1セット13G」のナビストック型ARTを搭載。ゲーム数がやけに短いですが、複数のナビストック当選が多いこともあってマシンガンのような連チャンがウリとなています。・・・「スナイパーはライフルだろうが!」という意見はとりあえず置いといて、この台はYurikaもちょっと気になるパチスロ機種かなぁ、と。

ARTは押し順ではなくて、最近では珍しい「狙い分け」になっています。まぁこれもタイアップ的には正しい措置かと。押し順ナビじゃスナイパーの狙撃感(なんだそれ)が全くないからねぇ。最近は押し順ナビばっかでウンザリしてたので、そういう意味でも触ってみたいスロット機種かな。

有効ラインの構成

有効ライン

パチスロ ゴルゴ13は中段ラインが無効となる4ライン仕様です。

ボーナス確率(解析):ゴルゴ13

ボーナス確率

ボーナスは3種類あり、確率は赤7:青7:REGが「1:1:1」という配分になっています。合成確率もART機にしては高い方ですが、設定差は小さいですね。ボーナス出現率だけでは設定の高低も判断できなそう。

単独ボーナス確率(解析):ゴルゴ13~あの男に連絡だ!

パチスロ ゴルゴ13には単独ボーナスはありません。ボーナスは全て小役と同時当選します。

小役確率(解析):ゴルゴ13

小役確率

小役の種類は多いですが確率が低いものも多くて、メインとなるのは「9枚役」「G揃い」「チェリー」「チャンス目(1枚役)」となります。

チャンス目(1枚役)とレア1枚役

レア1枚役はボーナス同時成立が確定のため、取りこぼし時に「スベリ小役ハズレ」や「ボーナス図柄の一直線」などのリーチ目が出る制御になっています。通常の1枚役はボーナス確定ではなく、チャンス目が出現しますが、出目としては「プラム揃い」となります。

通常時のプラム揃いは払出しがないため、チャンス目と考えてくださいね。ただし、ビッグ中は9枚役となります。・・・ちょっと気になったんだけど、通常時のプラム揃いは「無効ラインの中段」で出現すると思うんだよね(←まだ打ったことない)。しかも中段以外では出現しないハズなんだよねぇ。プラム揃いってビッグ中は9枚役なんですが、ビッグも通常時も同じ3BET状態なので、もし通常時に有効ラインで揃っちゃったら9枚払い出すことになるハズだからさ。まぁいいや、とりあえず「プラム揃い=チャンス目」ね。

★攻略雑誌なんかだと「有効ラインでも揃う」っぽいこと書いてあるけど、多分間違いだと思うよ。でもYurikaが間違っていたらゴメンね(汗)

また、チャンス目を出現させる1枚役は「青7・BAR・赤7(ダミー)」という図柄構成です。左リールに青7付近を狙っていると、1枚役がテンパイしたり、揃ったりしてプラム揃いが出ない可能性があるので注意しよう。1枚役が揃ったら判るかもしれませんが、テンパイして右リールでハズれちゃうとバラケ目が出ちゃって気付かないこともありそうです。

レア9枚役

レア9枚役は「プラム・リプ・G」という組み合わせでこちらも「成立=ボーナス確定」。プラムは微妙に絵柄が違うヤツね。このレア9枚役も取りこぼしが起こるため、その際は中段チェリー(9枚役ハズレでリーチ目)などが出現するようです。

状況別の9枚役出現率

9枚役出現率

状況別の9枚役出現率がこちら。通常時は全設定共通(取りこぼしに設定差)、ART中は設定差がありますが、カウントしても判別は無理だと思うので無視しちゃってOKです。

同時成立(解析):ゴルゴ13~あの男に連絡だ!

同時成立

同時成立の対象小役もたくさんありますが、「成立=ボーナス確定」となるものは確率が低いため、「G揃い」と「チャンス目(プラム揃い)」からがメインとなります。「G揃い」は設定差がありませんが、チャンス目からのボーナスには小役確率の差も考慮するとそれなりの設定差がありそうです。

小役分解:ゴルゴ13

小役+ボーナス

チャンス目からのボーナスは要チェック。それ以外は無視していいので、とにかくチャンス目に注目です。ボーナス確率の設定差は「チャンス目+ボーナス」に集約されてるので、ボーナス出現率を参考にしたい場合は「チャンス目+ボーナス」のみに注目してくださいね。

小役のみ

こちらも注目。「チャンス目→非ボーナス」には設定差がありません。チャンス目出現率の設定差は「チャンス目+ボーナス」の出現率の差ということです。ボーナスが成立していなかったチャンス目は完全に無視してOKですね。

通常時の打ち方:ゴルゴ13

左リールから停止させる場合は黄色っぽいBAR絵柄を枠上~中段に狙うのが一般的かな。Gを引き込んできたら中・右リールでGをフォローし、それ以外はフリー打ちでOKです。右リールのG絵柄(黄色いヤツ)は1コマだけ取りこぼしのポイント(右・上段に青7ビタ)がありますが、まぁ気にしないならハサミ打ちの方が効率良く消化できます。

プラムが揃ったらチャンス目、つまり1枚役成立と捉えてください。また、中段チェリーはリーチ目(チェリー重複ではない)なので、次ゲームでボーナスを狙おう。

変則押し手順

リール配列をチェックしてみると、「中押し」や「逆押し」などでも楽しめそうです。中押しなら「BAR狙い(上段付近)」、逆押しなら「赤7のカタマリ狙い(上段付近)」でOKかな。これならそこそこ確率が高い1枚役(チャンス目=プラム揃い)を揃えることができます。まぁ1枚役なのでコイン持ちにはあまり影響しませんし、時間効率は悪くなるので注意してくださいね。

[変則押し時の注意点]

変則押しだとプラム揃いが出ないこともありそうなので、1枚役(チャンス目)の成立を見逃す可能性があります。チャンス目とのボーナス重複(同時成立)は設定判別のポイントになるため、注意していくださいね。

また、どのパチスロ機種(1ライン機以外)にもいえる事ですが、変則押しでは「テンパイラインが早い段階で限定される」ことにより、小役の取りこぼしが発生するので注意してください。

★順押しで取りこぼさない小役なのに、変則押しで取りこぼすことがあるのは上記が理由です。

ボーナス中の打ち方:ゴルゴ13

ゴルゴ13のボーナス中は3種類それぞれ異なる方法でART抽選が行われます。また、ボーナス成立時にもART抽選があるため、消化中に当選に至らなかった場合でもチャンスあり。

★ボーナス中は「3BET9枚払い」です。

赤7ビッグ(SGB)中の打ち方 ・・・ 7揃いでART確定

基本的にはフリー打ちでOK。カットインが発生したら全リールに赤7を狙ってみよう。見事揃えばART当選確定です。フリーズが発生した場合は大量ナビ+無限ART確定!

[赤7ビッグ中の小役確率]
ビッグ中の小役確率

赤7ビッグは40Gあるので7揃いの期待大。

青7ビッグ(GB)中の打ち方 ・・・ バトル勝利でART確定

こちらも基本はフリー打ち。前半は3択9枚役を自力で揃える「3択チャレンジ」が発生します。ここで3択に成功するほどバトル勝利(ART当選)が期待できます(5回正解でART確定)。後半の10Gからはバトル発生。

[青7ビッグ中の小役確率]
ビッグ中の小役確率

前半の20G間で3択9枚役は平均5回ちょっと成立するので、スナイパーのごとき集中力と神経を研ぎ澄ませておこう。・・・まぁフリー打ちって手もありますが(笑)。

★ナビが発生してサポートしてくれることもあります。

REG中の打ち方

REG中は完全フリー打ちでOK。消化中に「回胴演出」が発生し、液晶に表示された3枚のカードのうち「WIN」に対応したリールが先に回り始めればART当選です。純粋な3択なので各カードの選択率は1/3となっています。複数のWINカードが出たり、全部WINカードだったりすることも・・・。

★回胴演出は1回のREGで2度発生します。両方で当選すればもちろんナビを上乗せ。

ART基本情報/打ち方:ゴルゴ13

ART中の打ち方

ART中の打ち方

ナビ発生時はそれに従って消化し、それ以外の演出発生時は小役狙いで消化。演出がなければフリー打ちでもOKかと。

ART中は特定役でナビを上乗せ

ART中は「G揃い」「チェリー」「チャンス目」でナビの上乗せ抽選を行います。詳細についてはゴルゴ13攻略の第2部を参照してください。

「緊急指令」発生で無限ARTのチャンス

ARTのセット開始時に「緊急指令」が発生することがあります。ここで指令されたミッションに成功すれば、無限ARTへの突入が確定。

[「緊急指令」発生率]
緊急指令

ゴルゴ13においては無限ARTはけっこうな頻度で突入するみたいなので、指令発生に期待しよう。

ART抽選について

ART抽選についてはゴルゴ13攻略の第2部を参照してください。

ゴルゴ13の天井/リセット(設定変更)情報

天井情報

ゴルゴ13の天井は「通常Gで999Gハマリ」となっています。天井に到達すると無限ARTが発動し、次回ボーナスまで継続するためハマリ台は狙い目。

リセット(設定変更)情報

パチスロ ゴルゴ13は設定変更を行うと「天井までのG数をリセット」し、「ナビストックも消滅」したうえでスナイパーチャレンジ(チャンスゾーン)からスタートします。朝一でCZスタートだった場合は設定変更(打ち直しを含む)が濃厚ですが、ホール側でカンタンに対策が出来るため、お目にかかることは少ないでしょうね。

★CZから転落した場合は1/2で高確へ移行するため、朝一高確スタートならアヤシイ?

立ち回り/設定判別:ゴルゴ13

ゴルゴ13の主な設定差(設定判別ポイント)

設定判別要素

ゴルゴ13の立ち回り

ゴルゴ13の設定判別ポイントとしては「①チャンス目との同時成立」と「②低確ボーナスでのART当選率」、「③高確ビッグでの4個以上のナビ獲得率」などに注目することになります。ただし、②と③についてはいくつかのポイントがあるため、確認ミスに注意してください。

まず「内部状態が正確に判別できない」というのがポイントです。よって②に関しては「内部状態の影響が全くない」REGに注目しよう。REGはどのタイミングで引いても、(成立時の抽選は)同じですからね。③については「夜背景」など高確が確定する状況で引いたビッグのみを対象としてください。

それから、ボーナスは「成立時」と「消化中」の2ヶ所でART抽選があります。②と③の設定差は「成立時のART抽選」が対象になっているため、消化中にART当選(必ず告知される)したボーナスはサンプルから省く必要があります。要は「ボーナス中にART当選しなかったのにナビが発生した」ものだけをチェックすることになるわけですね。

うーん、こうやって考えてみると、なかなかサンプルが集まらずに苦労するのが想像できます。特にREGは消化中に「最低でも当選率1/3」の抽選が2回あり、結果的にART当選する可能性が高いからねぇ。サブ基盤の設定差はホント扱いづらいよね。

出現率がちょっと低いんですが、内部状態などに一切左右されなず、もっとも安定しているのはチャンス目からのボーナスなので、こちらがシッカリ引けている状況なら・・・。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ