パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  ゴルゴ13~あの男に連絡だ! パチスロ(スロット) 解析・攻略(第2部)

ゴルゴ13~あの男に連絡だ! パチスロ(スロット) 解析・攻略(第2部)

パチスロ ゴルゴ13解析・攻略の目次

パチスロ ゴルゴ13について、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

パチスロ ゴルゴ13の攻略ページは第1部と第2部(このページ)に分けてあります。第1部ではボーナス・小役確率や打ち方など基本的な攻略情報をまとめたページなので、チェックしてみてください。
 ART当選率とストック振り分け
   ├ ボーナス成立時
   ├ ボーナス消化中
       ├ 赤7ビッグ
       ├ 青7ビッグ
       └ REG
   └ 自力ART突入時

ボーナス成立時のART抽選:ゴルゴ13

ART当選率

まずはボーナス成立時のART抽選からチェックします。このART抽選に当選した場合、ボーナス中に告知せず、消化後のスナイパーチャンス(CZ)でいきなりナビが発生するのが特徴です。ボーナス中にART当選しなかったのにナビが発生したら、「ボーナス成立時のART抽選に当選した」と考えてください。

ビッグは内部状態により当選率が変化しますが、REGはどこで引いても同じ抽選になります。欄外にちょこっと記載がありますが、パチスロ ゴルゴ13ではART中のボーナスはストック確定ではありません。しかも「低確」としてART抽選されるため、ART中にボーナスを引いても上乗せに過度の期待はしないほうが良さそうです(消化中の当選に期待)。

低確時のART当選率には大きな設定差がありますが、ビッグは内部状態が影響するため、判断ができないこともありそう。REGはどこで引いても同じ抽選なので、REGに注目しておきましょう。REG確率が低めなので高設定でも当選しない(またはREGが引けない)こともありますが、早い段階で当選が確認できたら・・・。

★ART中のボーナスでは当選したか否かが判断できない可能性大。まぁナビ非発生なら非当選というのはカンタンに判るけど・・・。

ART当選時のストック振り分け

[低確ビッグ/全REG]
ストック振り分け

低確では当選率が低い分、当選したときの見返りが大きくなっています。大量ストックの可能性も十分アリ。

[高確ビッグ]
ストック振り分け

高確ビッグはART当選確定ですが、ストックは少なめ。設定差がけっこう付いていて、高設定ほど多くのストックを獲得しやすくなっています。例によって「ART中の小役でのストック上乗せ」の可能性を考慮する必要がありますが、ゴルゴ13ではART中の上乗せがあまり多くないのと、1セットのゲーム数が短いため、当選個数がハッキリ判ることもありそうです。上表の特徴は押さえておきたい。

第1部の「主な設定差」にて、設定差が大きい「ナビ4個以上の選択率」を掲載しています。参考にどうぞ。

最低個数に注目するのももちろん有効です。設定1だと「2発撃ったら弾切れ」というのがかなり多いので、まずはそこを越えるかどうかに注目しておきましょう。

★「夜背景」など高確が確定する状況でのビッグのみをサンプルとしてくださいね。

ボーナス消化中のART当選率:ゴルゴ13

パチスロ ゴルゴ13ではボーナス消化中にもART抽選があります。ここでART当選した場合は、ボーナス消化中に当選告知があるため、「ボーナス成立時のART当選(告知ナシ)」と混同しないように注意してくださいね。

ARTの抽選方法はボーナスごとに異なっているので、それぞれをチェックしていきます。

赤7ビッグ中

赤7ビッグは非常にカンタン。消化中のカットイン発生時に7絵柄が揃えばART当選です。7揃いはシングルよりもダブル、ダブルよりもフリーズ(ダブル揃い)のほうがストック振り分けが優遇されます。ストック振り分けは以下のとおり。

[シングル揃い]
ストック振り分け

最低2個からですが、大量ナビの可能性はけっこうありますね。シングル揃いだからといって残念がる必要はなさそうです。

[ダブル揃い]
ストック振り分け

ダブル揃いなら最低4個以上。1/5で13個を選択するため、連チャンに期待しよう。

[フリーズ(ダブル揃い)]

フリーズ(ロングフリーズ)が発生したら「ナビ13個+無限ART」確定です。一度は引いてみたいのー。

青7ビッグ中

青7ビッグ中は「残り10G」から始まるバトルの結果でARTを告知。前半に発生する3択チャレンジに正解すればするほどART当選率が高くなります。3択正解数別のART当選率とそれぞれのストック振り分けは以下のとおりです。

[3択チャレンジ正解数別のART当選率]
ART当選率

正解数が1~2回ではちょっと厳しいですが、3回ならチャンス。5回以上は確定です。

[ストック振り分け(正解数別)]
<正解数1回で当選時>
ストック振り分け

まれに7回とかも選択しますが、基本的には3個まで。

<正解数2回で当選時>
ストック振り分け

こちらもほとんど変化ナシ。

<正解数3回で当選時>
ストック振り分け

ここも傾向は変わらず。平均個数は地味にアップしています。

<正解数4回で当選時>
ストック振り分け

ここからは設定差ナシ。2個の選択率がガクッと下がりましたね。当選率も含めて考えると、この振り分けにはお世話になりそう。

<正解数5回で当選時>
ストック振り分け

正解数が5回になると平均個数もかなりアップしています。こちらは最低3個から。

★平均個数が1アップしても、消化ゲーム数で考えると13Gしかアップしないんだよね・・・。

REG中

REG中は2回発生する回胴演出でARTを抽選します。この演出は出来レースではなく、各カードの選択率が純粋な1/3の抽選なのでART当選の期待大。ART当選のパネルは「WIN」と「虎柄WIN」がありますが、「虎柄WIN」の方がストック振り分けが優遇されています。両方が出現することもあるため、どちらを選択したかで結果(出玉)に大きな差が付くことも・・・。

[「WIN」選択時のストック振り分け]
ストック振り分け

設定6のみ優遇されています。3発撃っても弾切れにならなかったら・・・。他の上乗せナシの前提でね。

[「虎柄WIN」選択時のストック振り分け]
ストック振り分け

こちらも設定6優遇ですが設定1~5でも大量ナビの可能性は十分あります。「虎柄WIN」よりも「WIN」の方が設定判別には利用しやすいかな。「虎柄WIN」はカード自体の出現率も低そうですし。

自力ART突入時のART抽選:ゴルゴ13

パチスロ ゴルゴ13では、ストックが無くなった場合でもスナイパーチャレンジ(CZ)中に自力で3択に正解することでARTに突入させることができます。この「自力ART突入時」にもストック抽選を行うため、一度ナビが尽きても自力突入から再びARTが連チャンする可能性もあります。ストック当選率と振り分けは以下のとおり。

自力ART突入時のストック当選率・振り分け

ストック振り分け

当選率自体はそれほと高くないですが、自力だからと諦めることはありませんよ。

ART中のストック上乗せ:ゴルゴ13

ART中は「G揃い」「チェリー」「チャンス目(プラム揃い)」でナビストックの上乗せ抽選を行います。ART消化中の上乗せ当選率はちょっと低めなので、ゲーム性の核というものではありませんが覚えておきましょう。

特定役成立時のストック上乗せ

[G揃い]
ストック上乗せ

G揃いは上乗せに最も期待できる小役ですが、それでも厳しい。最大13個ストックの可能性もありますが、基本は1or3個。

[チェリー]
ストック上乗せ

当選率が低いですが、運良く当選した場合のストックは多め。

[チャンス目(プラム揃い)]
ストック上乗せ

めったに当選しませんが、見事引き当てたらストック13個が確定します。

[待機中・CZ中・無限ART中も上乗せ抽選アリ]

上記の特定役は「待機中(ボーナス直後)」「CZ中」「無限ART」中に成立した場合もナビストックの上乗せを抽選しています。ただし、無限ART中でも無限ARTをストックするのではなく、通常のARTストックなので注意してくださいね。無限ART状態でハマればハマるほど、その後のART連チャンにも期待が持てるということです。

無限ART関連:ゴルゴ13

無限ARTへのメインルート「緊急指令」

ゴルゴ13では通常ARTのセット突入時に「緊急指令」が発生することがあります。指令の内容は複数ありますが、いずれにしてもクリアすれば次回セットから「無限ART」に突入する仕組み。

★「緊急指令」発生から9G以内にクリアする必要があります。ただし、そのセット中にボーナスが成立すれば(10G以降でも)ミッションクリアとみなされます。

[「緊急指令」発生率]
緊急指令

「緊急指令」は10セットに1回程度・・・。これを多いと見るか、少ないと見るか・・・。

[指令内容(数字は振り分け表の表記に対応/期待度は下にいくほどアップ)]

 ①期待度[ 10.3 %] 「Gを1回当選させよ」
 ②期待度[ 13.1 %] 「チェリーを1回当選させよ」
 ③期待度[ 19.0 %] 「Gかチェリーを1回当選させよ」
 ④期待度[ 28.9 %] 「9枚役を2回連続揃えよ」
 ⑤期待度[ 30.6 %] 「9枚役を3回揃えよ」
 ⑥期待度[ 59.8 %] 「9枚役を2回揃えよ」
 ⑦期待度[ 72.1 %] 「リプレイを4回連続揃えよ」
 ⑧期待度[ 86.0 %] 「リプレイを6回揃えよ」
 ⑨期待度[ 88.0 %] 「9枚役を1回揃えよ」
 ⑩期待度[ 100 %] 「プレミアミッション」
 ※指令内容の中でGとは「G揃い」のことです。

[指令選択率:通常ART中]
緊急指令
[指令選択率:無限ART中]
緊急指令

無限ART中も指令が発生することがあります。これをクリアした場合は通常ARTのストックを獲得します。無限ストックじゃないので注意ね。

<無限ART中の指令クリア時ストック振り分け>
緊急指令

無限ART中の指令をクリアした場合のストック振り分けです。ほぼ1個ですねぇ。

通常時の状態(低確⇔高確):ゴルゴ13

パチスロ ゴルゴ13の内部状態は「低確」と「高確」の2種類があります。内部状態は「チェリー」「ハズレ」「CZパンク後」で移行抽選を行い、当選時は「保証G数」を決定。保証G数を消化した場合は毎ゲーム(成立役に関係なく)「1/5」で転落抽選を行い、当選したら低確へ移行します。

高確移行率

高確移行率

チェリー成立時は状態アップのチャンス。ハズレはパーセンテージだとイメージし辛いと思うので実質的な移行確率を参考にしてください。500Gに1回程度の高確移行が目安でしょうか。ただ・・・確実には見極められませんので、あしからず。

保証G数の振り分け

高確保証G数

チェリー、ハズレからの高確はすぐに終わる可能性が高いですが、CZパンク後の高確当選時は最低30G間は保証されています。・・・うーん、それにしても「高確が確定する状況」がないのは痛いですねぇ。「夜背景」などの演出を頼りに判断していくしかなさそうです。

★高確ビッグはART確定なので、終了後にナビが発生しなかったら「低確ビッグ」だったことは確定しますが、ナビが発生した場合はどちらの内部状態かは判別不能・・・。テンパイ音とかの変化はあるのかな?

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ