パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ 華一番(華一番-30) 解析・攻略

パチスロ 華一番(華一番-30) 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロ華一番(華一番-30)について、以下の打ち方・立ち回り・解析・攻略情報がわかります。

華一番の機種スペック

【パチスロ解析情報】華一番

当サイトでパイオニアのパチスロを攻略するのは初めて・・・。うぅ、ファンの方すいません。どうにもペイアウト(機械割)的に低めのパチスロ機種が多くて、後回しになってました。

パチスロ華一番もまぁペイアウトは微妙で、しかも設定判別の要素も中途半端なのですが、ちらほらと設置を見かけるので攻略してみました。

ちなみに、当サイトでは①ペイアウト(機械割)、②判別要素、③設置(人気)、④独断、といった要素から攻略するパチスロ機種を決定しています。全部やりたいんですケド、おっつかないもので・・・(+_+)

ボーナス確率(解析):華一番

【パチスロ解析情報】ボーナス確率

ボーナスについては個別にみてもわかりづらいため、合成確率に注目していけばOKです。ただし、大きな差ではないので高低の目安程度に。

狙う価値があるのは設定6だけなので、イベントなどを利用しましょう。

ボーナス確率(解析):華一番

【パチスロ解析情報】単独ボーナス確率

【単独ボーナス】にはそれなりに設定差があります。ゲーム数は必要ですが、チェックしておいたほうがいいと思います。【単独】か【同時成立】かの見極めについては通常時の打ち方を参照のこと。

小役確率(解析):華一番

【パチスロ解析情報】小役確率

【ベル】確率に注目。こちらも大きな差ではないですが、サンプルの集めやすさから判別のメイン要素となります。ただし、こちらも設定の高低くらいしか分からないかと・・・。

巻物について

【巻物】は取りこぼしが発生するので注意してください。取りこぼした場合は右リールだけ色違いの【巻物】が揃って教えて(?)くれるので、なるべく出現させないように。

★【巻物】を取りこぼしても演出用RT(おかわりタイム)には突入します。

チェリーについて

【チェリー】はまごエヴァデビルメイクライなどと同様に右リール停止で払出しするタイプなので注意。・・・と言いたいところですが、親切にも【チェ・巻物・巻物】が同一フラグで成立しているので基本的に取りこぼしはありません。

★こちらも演出用RTへの突入契機となっています。

同時成立(解析):華一番

【パチスロ解析情報】同時成立

設定6だけ優遇されていますが、気にしないでもいいと思います。

通常時の打ち方:華一番

左・中リールで取りこぼす小役はないので、フリー打ちで巻物テンパイ時だけ右リールに【巻物】を狙うのが効率がいい。ただし、これだとボーナス同時成立時にかぎり【巻物】や【チェリー】を取りこぼす可能性があり、【単独ボーナス】の察知ミスとペイアウト的なロスが発生します。

ベストな打ち方は左リール枠下~枠2コマ下に【青7】を目押しして中リールをフリー打ち。巻物テンパイで右に【巻物】狙いの手順。これで【巻物(色違いの1直線も)】と【チェリー(チェ・巻物・巻物)】が揃わずにボーナスとなった場合は【単独ボーナス】確定となります。

ボーナス中の打ち方:華一番

【REG】はオールフリー打ちでOK。【BIG】中も基本はフリー打ちですが、予告音発生時は【巻物】or【チェリー】なのでしっかり狙いましょう。また、BIG中の【巻物】と【チェリー】には設定差がついているので、こちらも要チェック。

BIG中の小役確率

【パチスロ解析情報】BIG中小役確率

RT(おかわりタイム)基本情報/打ち方:華一番

【パチスロ解析情報】RT基本情報

パチスロ華一番のRTは同時成立の対象小役が揃うと突入し、期待感を演出しています。
7Gと短いRTで得に注意する点もないですが、RT中にハズレが出現したほうがボーナスの期待度が高い(ボーナス成立後のリプレイ確率は1/1.7程度)。判別の際に実際の確率と誤差がでてくるので、ボーナスを察知したらなるべく早めに揃えること。

立ち回り方/攻略情報:華一番

華一番の主な設定差

【パチスロ解析情報】主な設定差

華一番の立ち回り

判別要素については、数はともかくアテになる要素がないため設定の高低くらいしか分からないと思います。。

こういったパチスロ機種は他にも結構ありますが、立ち回りの際はメリハリのあるホール(1or6など)やイベントなどで確実に設定6が投入される状況で打つことが大事。ピンポイントで設定6など判別できないので注意して勝負すること。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ