パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ ケロット 解析・攻略

パチスロ ケロット 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロ ケロットについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報がわかります。

ケロットの機種スペック

パチスロ ケロットのスペック

次々とヒット作を送り出す山佐から、ニューパルサーでおなじみのキャラクターであるカエル(ケロット)をテーマにしたパチスロ機種、ケロットが登場。ニューパルと同じくボーナスのみで出玉を増やすノーマルスペックですが、同時成立をメインとしたゲーム性に仕上がっています。

また、リール上部には液晶を備え、豊富な出目とオリジナルキャラクターによる液晶演出で初心者から上級者まで楽しめるスロット機種。これもヒットしそうですなぁ。

ライン構成

ケロットは通常の5ライン構成となっています。

ボーナス確率(解析):ケロット

パチスロ ケロットのボーナス確率

ボーナス確率が高めなのはうれしい。ただ、上下の設定差がちょっと小さいですね・・・。ペイアウトはなかなか優秀な数値なので、安定感はありそう。

単独ボーナス確率(解析):ケロット

パチスロ ケロットの単独ボーナス確率

単独ボーナスはちょっと確率が低めですが、一応設定差もあります。

小役確率(解析):ケロット

パチスロケロットの小役確率

ベルとオレンジは2種類ずつ用意されています。通常ベルの設定差は厳しいですね。オレンジにも設定差がありますが、この差がどこから来ているのかは小役分解の項を参照のこと。

ベルとオレンジはそれぞれ合算した確率を下に掲載しておきます。

パチスロ ケロットの小役確率

同時成立(解析):ケロット

パチスロ ケロットの同時成立

全小役が対象となっていますが、期待できるのはオレンジと中段チェリーくらいです。小役優先の制御でもあるので、オレンジor中段チェリーが出現しなければボーナスの期待は薄いということ。

小役分解:ケロット

小役+ボーナス

パチスロ ケロットの小役分解

オレンジは平行・斜めの差がそれほど大きいわけでもなく、分ける必要があったのか微妙ですねぇ。その他の小役には設定差がないことも判ります。

小役のみ

パチスロ ケロットの小役分解

「同時成立しないオレンジ」の確率は全設定で共通なのが判りますね。つまり、「オレンジ全体の出現率」の差は、単に「同時成立するオレンジ」が多いか少ないかで決まっているということです。

通常時の打ち方:ケロット

通常時は左リール枠上~上段に黒BARを狙います。中・右は左リールの停止形に関わらず常にフリー打ちでOKなのでとっても簡単。単独ボーナスはちょっと少なめなので、基本的にはスベリ待ち(オレンジ待ち)のゲーム性となっています。

★うーん、飽きるの早そうだなぁ・・・。

オレンジと演出用RTについて

オレンジが揃うと、次ゲームから演出用RTに突入します。もちろん演出成功でボーナス確定ですが、その前にリーチ目が出現して気付くこともあります。リプレイ確率が高いので演出を見てからボーナスを揃えてもコインロスはほぼありません。

ボーナス中の打ち方:ケロット

BIG中の打ち方

BIG中は1回だけ14枚役を揃え、残りを全て15枚役で消化すれば、獲得枚数が最大の335枚となります。手順も簡単なので必ず実践しよう。

[BIG中の獲得枚数アップ打法]
パチスロケロットの小役分解

14枚役を揃えるには、まず左リール上or中段に白7を狙い中リールはフリー打ちします。最後に右リールは青BAR付近を避けて押せば、中段に白7・オレ・オレが揃って14枚の払い出しが受けられます。残りのゲームは「逆押しフリー打ち」で消化すれば、うっかり14枚役が揃う心配がないため楽チンです。

REG中の打ち方

REG中はフリー打ちでOKです。

立ち回り/設定判別:ケロット

ケロットの主な設定差(設定判別ポイント)

パチスロケロットの主な設定差

ケロットの立ち回り

ケロットは設定6を狙っていきたいところなんですが、設定差がどれも曖昧なため、結局はボーナス合成確率から判断するしかなさそうですね。上下の差が小さいパチスロ機種は判別に時間がかかるため、高設定が存在することが前提で攻めないと痛い目に遭いそう。この点は注意してくださいね。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ