パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  超時空要塞マクロス パチスロ(スロット) 解析・攻略

超時空要塞マクロス パチスロ(スロット) 解析・攻略

パチスロ超時空要塞マクロス解析・攻略の目次

パチスロ超時空要塞マクロスについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

超時空要塞マクロスの機種スペック

スペック
[!]ペナルティに注意

パチスロ超時空要塞マクロスを打つ際は「通常時は左リールを第1停止にする」を徹底してください。左リール以外を第1停止にしてしまうとペナルティが発生する可能性があります。
また、SIN(ブランク・赤7・ブランク)を揃えてしまうとこれもペナルティになります。こちらも注意してください。

このメーカーはホント、どうしようもないというか(笑)。中学校時代から仲の良い友人もいるんだけど、ここ1年くらいご無沙汰しちゃってて・・・何やってんのかなぁ。・・・まぁいいや。

パチスロ超時空要塞マクロスは2009年の大ヒット機種であるパチスロ交響詩篇エウレカセブンのゲーム性をほぼそのまま受け継ぎ、タイアップネタを着せ替えたパチスロ機種。まぁ細かい部分で異なる点もけっこう多いんですけど、遊戯フローはエウレカと思っていただいてOKです。

ツボにハマった時の破壊力はマクロスの方に分がありそうですが、ジリ貧状態の厳しさもこちらが上回っていそうな感じを受けます。つまり「安定感が下がった」ってことですね。

★マクロスはエウレカと違って変則押しでペナルティの可能性があるのでコレだけは要注意です!

有効ラインの構成

有効ライン

マクロスの有効ラインは下段平行ラインが無効の変則4ライン仕様です。

ボーナス確率(解析)

ボーナス確率

ボーナス確率は合成でチェックするとまぁ普通なんですが、ビッグ確率がやけに低いのが気になります。ART自体の出玉性能はそこそこあるので、若干ですがARTに偏向させたようですね。

★REGはアタックボーナスという名称がありますが、ページ内では「REG」という表記になっちゃってるかもしれません。

単独ボーナス確率(解析)

単独ボーナス

単独ボーナスはまぁこんなものかな。確率は低めですが、アタックボーナス(AB)の設定差はそれなりにあります。シッカリと小役狙いを行えば大抵は見抜けると思うので、気にしておきましょう。

小役確率(解析)

小役確率

小役の設定差は小さいので気にしなくてもOKですね。あっそうそう、SINを忘れていたので右下に重ねてます。

押し順ベルとチャンスベル、それに付随する出現率

小役確率

押し順ベルは左リールを第1停止にする場合とそれ以外で出現率が変化します。ペナルティもこれに影響されて搭載されているため、通常時は必ず左リールを最初に停止させていください。

同時成立(解析)

同時成立

期待度で見ると中段チェリーやスベリリプレイがアツいことがわかりますが、どちらも確率が低い小役なので実質的にはチャンス目からのボーナスが多くなりそうです。

小役分解

小役+ボーナス

どのフラグも1/1000以下となっていて、ちょっと怖い・・・。ボーナスの種類別に分けた数値は現在調査中です。

小役のみ

こちらは参考までに。

通常時の打ち方

左リールから停止させるしかないですし、チェリーが1つしかないため、通常時はBARを基準にしてチェリー狙いで消化します。中段チェリー時にチェリーを下段に押してしまうと角チェリーが出現し、この場合は(エウレカと違って)出目で強弱の区別が付けられないため、注意してください。

スイカを引き込んできた場合は中・右リールでスイカをフォローします。可能性のあるフラグは「チャンスベル」「強弱スイカ」「スベリリプレイ」で、チャンス目は出ません(払出しがなかったら取りこぼし確定)ので要注意。

小役の入賞形

以下に一応の入賞形を掲載しておくので参考にしてください。エウレカと違い「中段チェリー=強チェリー」になるのが特徴ですが、他はそう混乱するものではありません。

小役1

角チェリー(弱)と中段チェリー(強)は中・右リールの停止図柄が同じなので、エウレカのような判別ができません。中段チェリー時にチェリーを下段に押してしまうと強弱の判別が出来なくなるので注意です。少し早めにBARを狙うことで、確実に中段チェリーを出現させるように打ってください。

また、中段チェリー出現時はスイカが揃う可能性があります(下図参照)。これは「スイカ+ボーナス(の一部)」で出現し、中段チェリー(強)とは無関係のフラグだと思われる(Yurikaの推測)ため、勘違いに注意してくださいね。

★このあたりはエウレカと異なる特徴を持っています。

小役1

マクロスには1枚役が1種類しかないため、チャンス目もひとつだけです。エウレカでいうところの「弱チャンス目」が出現するので、下段BAR停止時は見落とさないようにしてください。マクロスでは強チャンス目の替わりに中段ベル(チャンスベル)とスベリリプレイが採用されたと考えることができそうです。

小役1

SINこぼし目は例によって上段に「ベル・リプ・チェ」が出現します。リプレイ関連は特に問題ないかな・・・。あっリリチェはチェリーの代用絵柄として白7が停止することもあります。

ボーナス中の打ち方

BIG中の打ち方 ・・・ 2BET12枚払い

BIG中は基本的にフリー打ちでOKです。レバーONでカードが出現したら全リールに白7を狙い、揃えばART当選確定。白7揃いは内部的にチェリーが成立しているため、入賞させてしまうと「純増枚数が減る」&「ゲーム数引き伸ばし出来ず」というロスが発生するので確実に取りこぼすことが重要。

[白7揃い・マクロス揃い時のストック]

 白7揃い ・・・・・・・ ストック1個確定
 マクロス揃い ・・・ ストック3個確定

★獲得するストック個数は固定されています。

[BIG中の小役確率]
BIG中の小役

REG中の打ち方 ・・・ 2BET8or12枚払い

REG中は「2択ベル(左or右)」の押し順当てゲーム(4G)になっています。押し順に正解すると「1ポイント獲得」となり、最終的に獲得したポイントによる「一発抽選」が行われます。エウレカだと毎ゲーム抽選でしたが、マクロスは最終ゲームでの抽選のみなのがポイント。

★押し順に4回正解なら問答無用でART確定。

また、2択を全てハズした場合(0Pt)でもART抽選があり、しかも当選率はそこそこな上に大量ストックの可能性があるのもポイントになっています。逆に1~2Ptではほとんど期待できない数値になっているので、「偏り」が重要ということです。

[REG中の小役確率]
REG中の小役

REG中は2択ベル以外にも抽選されるフラグがあり、共通ベルなら1/5、スイカとチェリーはART当選確定となっています。お目にかかることは少ないですが、覚えておいてくださいね。

ART基本情報/打ち方

ART中の打ち方

AT中はベルだけでなくリプレイのナビも発生します。リプレイのナビに逆らうとパンクの可能性があるため注意してくださいね。ART中はパンクの可能性はありません。

ART中の打ち方

押し順ナビ発生時はナビに従い、それ以外は通常時と同じ打ち方で小役をフォローすればOKです。演出が無い場合はフリー打ちでもOKかと。

自力ARTについて

通常時の押し順リプレイ成立時に押し順が正解すると「リプ・リプ・ベル」が入賞してCZへ移行します。CZ中は押し順リプレイが抽選され、パンクリプレイ「ベル・チェ・ベル」で通常Gへ、突入リプレイ「リプ・リプ・チェ(or白7)」が入賞すれば自力ARTに突入。

★ART当選時は上記の流れをATによってアシストしてくれるわけです。

ART抽選について

ART抽選(通常時)は

 ①内部状態(低確/高確/超高確)
 ②成立役(ボーナス含む)

をもとに行われ、一度に複数のART(ナビ)をストックすることもあります。抽選契機によって差がありますが、一度に最大で15個のストック当選の可能性もあるようです。内部状態については攻略ページを作成中です。

★もちろんボーナス中にもART抽選があります。

ART消化中も内部状態と成立役によってARTを抽選します。エウレカとは異なり、ART中だけ特殊な当選率になるのではなく、通常時とまったく同じように内部状態(低確/高確/超高確)を参照して抽選します。

超時空モード突入でARTの大量ストック!

マクロスには「超時空モード」という特殊な状態があります。突入契機は

 ①白7ビッグ(プレミアムビッグ)成立
 ②ビッグ中の白7揃い×3回

です。この状態ではART当選率が飛躍的にアップし、大量のストックを獲得できる激アツゾーンとなっています。滞在は「50G」で、途中でボーナスやART(自力のみ可能性アリ)を引くと、終了後にまた50Gの超時空モードが再セットされるため、展開次第ではとんでもないことが起こりそうなシステムのようです。

★超時空モード中は当選率の差こそありますが、必ず毎ゲームART抽選を行います。
★超時空モード中も内部状態(低確/高確/超高確)によるART抽選があります(ダブル抽選)。
★詳細については攻略ページを作成中です。

天井/リセット(設定変更)情報

天井情報

[ボーナス&ART間天井]

ボーナス・ART間で888Gハマリで天井に到達。ここでARTストックを「3or5個」獲得し、前兆を経てART発動となります。そこからの爆発も当然ありえますが、自力ARTやボーナス確率を考慮するとなかなか到達しないんだよね・・・。600G以上のハマリであれば狙ってみるのも・・・。

[SIN天井]

ボーナス終了直後からSIN成立までの間で98G間ハマリで天井に到達し、ARTストックをゲットします(3or5個)。なかなか到達しないですが、Yurikaはエウレカで4回くらいSIN天井の経験があるので、非現実的というほどではありません。

★「AT状態でSIN天井まで到達」というのがYurikaの目標。

リセット(設定変更)情報

マクロスでは設定変更を行うと

 ①天井までのゲーム数カウントをクリア
 ②内部状態を再抽選
 ③ベルナビモードを再抽選

という処理が行われます。また、設定変更後はボーナス後と同じようにSINが成立するまでは押し順リプレイが抽選されないため、場合によっては「据え置き」だけ見抜けることもあります(可能性大という意味で)。

★朝一でSIN成立前にリリベ出現=ほぼ据え置き。

[設定変更時の内部状態抽選]
リセット

設定差は小さいので、高設定かどうかの目星を付けることはできませんが、前日ヘコみ台→朝一高確スタートであれば「上げた?」っていう推測は出来ます。まぁリセットしても高確スタートは3割ちょっとなので参考程度にね。

[設定変更時のベルナビモード抽選]
ベルナビ

モード単位では「ロー:ミドル:ハイ=4:5:1」となっており、ミドルスタート(ちょこちょこベルナビ)の可能性が高まります。ベルナビモードの詳細については攻略ページを作成中です。

立ち回り/設定判別

主な設定差(設定判別ポイント)

設定判別

とりあえずメイン基盤側の設定差で使えそうなものを集めてみました(ART出現率はサブ側か)。アテに出来ない要素が多いため、サブ側の設定差を参考にするしか無さそうですね・・・。

マクロスの立ち回り

パチスロ超時空要塞マクロスの設定推測は難易度が高そうな印象を受けます。メイン基盤には設定差が大して存在せず、ヒキとタイミングに左右されるサブ基盤から判断するしかありません。サブ側には比較的大きめな設定差もありますが、いかんせん「展開次第」という側面が強いため、慎重になりすぎて低設定をダラダラ打ってしまうことも多そうです。

大ヒットしたスロット機種のシステムをパク・・・ベースにしただけあって、ゲーム性にたいする信頼度が高いため、ホール内で存外な扱いを受けることは少なそうですが、ホール選びとイベントの信頼性を考慮して実戦に挑みましょう。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ