パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ Mr.マリック 解析・攻略

パチスロ Mr.マリック 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロMr.マリックについて、以下の打ち方・立ち回り・解析・攻略情報がわかります。

機種スペック

【パチスロ解析情報】Mr,マリック

パチスロMr.マリックは破壊力のあるART機能を搭載したパチスロ機種。
ボーナス確率は低いですが、周期チャンスゾーンや浅めの天井機能もあり立ち回りの方法は状況次第でいくつかのパターンがあります。

ボーナス確率(解析)

【パチスロ解析情報】ボーナス確率

ボーナスには設定差があまりなく、しかも確率も悪い。ボーナスだけで出玉を増やすことは難しいスペック。しかもメインは青7揃いなのでARTなしでは大負けします。

小役確率(解析)

【パチスロ解析情報】小役確率1 【パチスロ解析情報】小役確率2

特に気にする数値ではありませんが、【チェリー】についてはART突入のポイントとなるので確認しておこう。

チェリーについて

【チェリー】は【単独】と【複合】があります。

 【単独チェリー】 ・・・ 3種類のうち1つが成立
 【複合チェリー】 ・・・ 3種類のうち2つが成立

そして、【チェリー】は取りこぼすとリール上で【チャンス目】が停止します。

 【単独チェリー】 ・・・ 【弱チャンス目】が停止
 【複合チェリー】 ・・・ 【強チャンス目】が停止

チャンス目の停止系
【パチスロ解析情報】チャンス目

同時成立(解析)

【パチスロ解析情報】同時成立

こちらは気にしなくていいです。

通常時の打ち方

3種類の【チェリー】は同時にフォロー出来ないので、通常時はフリー打ちでOKです。

ボーナス中の打ち方

フリー打ちでOKです。

マリックチャンス(MC)

【パチスロ解析情報】チャンスゾーン

MCはMT(マリックタイム)への突入が期待できるチャンスゾーンのこと。【特殊リプレイ】よりも先に【チャンス目(チェリーの取りこぼし)】が出現すればMTに突入し、【強チャンス目】出現なら超MTへ。

ボーナス後MCは揃った7の色によりMCのパンク確率が異なり、【赤7】後はMT突入がほぼ確定します。また、通常Gを250G消化することでもMCへ突入(周期MC)しますが、その際のパンク確率は【青7】後と同じ数値となっています。

特殊リプレイ(MC中は成立=MCパンク)

【パチスロ解析情報】MC中特殊リプレイ確率

【黄7】後と【青7】後の【特殊リプレイ】確率には大きな設定差があります。ただ、サンプルがなかなか集まらないので、判別にはやや時間がかかります。

チャンス目(MC中は成立=MT突入)

【パチスロ解析情報】チャンス目

マリックタイム(MT)

【パチスロ解析情報】ART

パチスロMr.マリックのARTはパンク役などがないので、突入しさえすれば一安心。即ボーナス成立だとかなり痛いですが、ボーナス確率が低いのでそれなりのG数は消化できると思います。

超MTはほぼ次回ボーナスまで継続するため、突入時はガッツリとハマったほうが良い。

天井について

パチスロMr.マリックには天井機能もあります。
周期MCを3回連続でスルー(MT非突入)すると天井へ到達し、以降はボーナス成立までAT(アシストタイム)が発動。3種類の【チェリー】をナビしてくれるので、コイン持ちがアップし、ほぼ現状維持~極少減の状態へ。

最短で750G+αで天井到達しますが、周期MCをスルーしたかどうかが問題となってきます。

立ち回り方/攻略情報

主な設定差

【パチスロ解析情報】主な設定差

立ち回り

パチスロMr.マリックについてはまず、とにかくボーナス確率が低いパチスロ機種なので、闇雲に打っていては収支が安定しません。ホール選び、台選びは慎重に。

時間はかかりますが、MC中の【特殊リプレイ】確率に設定差があるので、MC突入の際はチェック。ただし、MC中に肝心の【チャンス目】を引けないと高設定でも当たり前のように負けます。つまり、展開も重要となってくるわけです。

天井到達は単純なG数での管理ではないので、天井を狙う場合はMCがスルーしていたかどうかを確認する必要アリ。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ