パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  南国育ちスペシャル パチスロ(スロット) 解析・攻略

南国育ちスペシャル パチスロ(スロット) 解析・攻略

パチスロ南国育ちスペシャル解析・攻略の目次

パチスロ南国育ちスペシャルについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

南国育ちスペシャルの機種スペック

スペック

5号機のパチスロとしてはなかなかのヒット作となった南国育ちの後継機「南国育ちスペシャル」が登場。ムダを削ぎ落としたシンプルなゲーム性でありながら、高スペックと立ち回りやすさまで兼ね揃えた、非常に完成度の高いパチスロ機種となっています。

訳の分からないタイアップ物やバカでかい液晶など、どうでもいい部分にばかり注目が集まる今のパチスロ業界で、Yurika個人的には応援したくなるパチスロ機種ですね。ただ、あえて苦言を呈すると「サウンド(効果音関連)がやや下品」というのがね(笑)。清々しさがないんだよなぁ~、蝶というより蛾ってカンジ?

★そろそろ南国娘の(ゲーム性を大きく変えないような)後継機をオネガイします。

有効ラインの構成

南国育ちSP 有効ライン

パチスロ南国育ちSPの有効ラインは中段+斜め2ライン+小山・小谷の変則5ライン。前作の南国育ちと同じです。

ボーナス確率(解析):南国育ちスペシャル

ボーナス確率

ボーナス確率は南国育ちと比べて若干ですがREG確率が高くなったくらいでほぼ同じ水準。

単独ボーナス確率(解析):南国育ちスペシャル

単独ボーナス

REGにはそこそこの設定差が付いてて、これは前作にはなかった判別ポイントです。単独ボーナス以外はすべてリプレイ重複なので見分けがつかないこともありそうですけど、参考程度に気にしておきたい。

★設定6狙いであれば無視しちゃってもOKかな。

小役確率(解析):南国育ちスペシャル

小役確率

小役はAT役の3択9枚役と、レア小役の共通9枚役、リプレイの3種類のみ。3択9枚役は正解でベル、不正解の一部でスイカが揃います。リプレイは内部的に9種類ありますけど、全く意識することなくプレイ可能。

★右側の「通常時9枚役」の数値は内部での抽選確率ではなく、表面上の出現率ね。「ART中9枚役」は左側の3択9枚役(3種類)の内部合成になります。

同時成立(解析):南国育ちスペシャル

同時成立

共通9枚役はボーナス確定、リプレイ同時成立の設定差はほぼナシ。

小役分解:南国育ちスペシャル

小役+ボーナス

参考程度に。

小役のみ

こちらも参考。

通常時の打ち方:南国育ちスペシャル

南国育ちSPはペナルティの心配も一切ないので通常時は完全フリー打ちでOKです。「キュイン♪」と鳴いたらそのゲームでボーナスが揃うので狙ってみよう。

ボーナス中の打ち方:南国育ちスペシャル

ボーナス中はBIG・REGともにフリー打ちでOK。ビッグはラスト8G間、REGはスタートから終了までの8G間でバタフライランプによるART当選告知を行います。また、ART中に成立したBIGでは最初の1G目にリールバウンド演出が発生し、最終的に「逆回転」すれば無限南国チャンス確定となります。

ART基本情報/打ち方:南国育ちスペシャル

ART中の打ち方

ART「南国チャンス」はボーナス成立時に抽選を行います。よって、通常時にART突入することは絶対になく、必ずボーナス後にスタートとなるのが特徴。

ART中の打ち方

押し順ナビが発生したらナビに従って消化し、それ以外はフリー打ちでOKです。ART中はパンクリプレイ(転落リプレイ)が成立するので、押し順ミスはパンクの可能性アリ。注意してくださいね。

★南国育ちSPはナビストック型ではないため、パンクは丸損となります。

ART当選率

ART当選率については次項「ART当選率/ループ/転落後」を参照してください。

無限南国チャンス

南国育ちSPには無限ARTもあります。「無限南国チャンス」はボーナス成立までひたすらARTが継続し、ボーナス後のART突入も確定するため、出玉を一気に増やすチャンス。

[無限南国チャンスの突入契機と当選率]
<①通常時以外のビッグで1G目に逆回転 ・・・ 当選率14.14%>

ART中やART待機中、引き戻しゾーンなどの「通常ゲーム以外」でビッグが成立すると、ビッグの1G目にリールバウンド演出が発生します。ここで逆回転が発生すれば無限南国チャンス確定。

<②通常時以外のビッグ・REG成立 ・・・ 当選率BIG1.00%/REG2.00%>

上記と同じ条件でボーナス(こちらはREGでもOK)を引くと、無限ARTの抽選があります。REGの方が当選率が高くなっていますが、それでも当選は期待薄。BIGの場合はこの抽選とリールバウンドでの抽選があるためチャンス。

★ビッグは①→②の順に抽選を行うようです。①で当選した場合は②は抽選しません。

<③ART消化中のハズレ ・・・ 当選率0.20%>

こちらの抽選はオマケ。この抽選があるおかげで、ART中にボーナスを引けなくても継続時に無限ARTの告知が発生する可能性があります。

<④フリーズ ・・・ 単独ビッグの5.19%で発生>

ビッグ成立時にフリーズが発生すれば、無限南国チャンス確定です。①~③はARTに当選していないと起こり得ない条件なので、通常時からの無限ART当選はフリーズのみとなります。

[無限ARTのストック]

無限ARTへの突入が確定している状況でさらに無限ARTに当選した場合、「無限ARTのストック」が発生します。(ストックするのは1個だけ)

[無限ARTの待機中のボーナス]

「無限ARTに当選して喜んでいたら、発動前の待機中にボーナスを引いちゃった」というケースですが、これはボーナス終了後にもう一度無限ARTへ突入するようです。つまり「無限ART待機中のボーナスは無限ART確定」ということになります。

★これがなかったら評価がまるっきり変わりそう。

ART当選率/ループ/転落後:南国育ちスペシャル

ARTに非当選だった場合

ART中非当選

先に「ART非当選時」のモード移行からチェック。最低設定・最低モードでも1/2で昇格しますが、サナギモード(通常)から成虫モード(高確)へはなかなか昇格しないので、基本的にサナギモード滞在が多くなります。つまり、サナギモードからのART当選率が重要なわけです。

モードはART当選するまで「現状維持」または「昇格」するので、ART非当選が続いている台は狙い目となりそう。

ART当選率(内部モード別のART当選率)

ART中当選率

各モード別のART当選率です。先ほど「サナギモードでのART当選率が重要」といいましたが、やはり設定差が大きいのが分かりますよね。設定1だと1/4で設定6は2/3となっています。

成虫モードはあまり滞在しないモードですが、設定1~5の場合は「花畑ステージ」に移行する可能性があります。また、花畑モードからは約75%でART当選が期待できます。あとは設定6の特殊な移行フローにも注目しておいてください。

ARTループ率(ART中のステージ移行)

ARTループ

これはART中のステージ移行率。ステージ移行に漏れた場合はART終了となり、通常時のいずれかのモードに転落します。それにしても、なかなか優秀な連チャン率ですよねぇ。特に「B→A」の移行率の高さはスゴイ。

また、「飛翔Aと花畑A」「飛翔Bと花畑B」の数値は全く同じものですよね(設定6以外)。つまり、通常のARTと花畑から当選したARTは「全く同じもの」ということです。「花畑からのARTは連チャンしやすい」なんていうことは一切なくて、違いは「ART終了後の移行先(モード)」だけ。この点は押さえておいてくださいね。

★ここでも設定6の特殊な移行フローがポイント。

ART転落後(ARTのステージ移行に漏れた場合)

ART中にステージ移行に漏れた場合はART終了となります。ARTが終了すると通常時のいずれかのモードに移行して通常ゲームが再スタート。このときのモード移行を抑えておけば、ヤメ時をしっかり押さえることが出来ますし、打ち続けたほうがいい状況も分かります。

★ART中は「滞在ステージ」に意識しつつ消化しないと、どのステージから転落したかが分からないので注意。
★ボーナスが絡まなければ、「奇数連=ステージAから転落」「偶数連=ステージBから転落」となります。

[飛翔ステージから転落時]
ART終了後

設定1~5の場合は「飛翔A」からの転落が多くなるため、まずは飛翔Aに注目。奇数設定は幼虫モードに移行しやすいが成虫モードへもそこそこ移行し、偶数設定はサナギモードへの移行が多いのが特徴。

連チャン率の高い「飛翔B」から不運にも転落した場合(ボーナスが絡まずに連チャンが偶数連で終了した時)、幼虫モードへの移行が若干少なくなり、成虫モードへの移行が増えています。ARTが偶数連で終了した後は「即飛び」の可能性がちょっと高いので、追いかけてみるのもアリ。

[花畑ステージから転落時]
ART終了後

花畑ステージから転落した場合、約75%は花畑モードへ。「即飛び」の可能性がかなり高いため、ここでヤメるのはもったいない!・・・でも、なかなか見抜けないんだよねぇ。

設定6は「花畑A」からの転落がメインなので、転落先をチェックしてみると・・・サナギモードがほとんどです。「花畑モード(SP)」のループはほとんどありませんが、毎回のように「花畑A」に来ちゃうため、しょうがないよね。サナギモード(通常)からもかなり飛ぶように設計されてますし、花畑モード(SP)から飛んでもスタートは「飛翔Aから」と通常の飛びと全く同じフローですから。

無限ART当選時(フリーズのみ)

無限ART

こちらの移行フローは「フリーズ時のみが対象」です。それ以外の無限ARTはいずれかのARTステージに滞在していることになる(=モードの概念がない状況)ため、ここでは表せませんからね。

ちなみに、フリーズ以外の場合は「滞在ステージのA」に移行します。よって、飛翔ステージ(A・B)中なら飛翔A、花畑ステージ(A・B)中なら花畑Aの無限状態に移行。ということで、無限ART中にボーナスを引いた場合、終了後のARTは「ステージBからのスタート」ということになります。

★ちなみに、通常のART中にボーナスを引いた場合も、終了後はステージBからのスタートです。

モードとステージについて:南国育ちスペシャル

通常時は「幼虫(低確)」「サナギ(通常)」「成虫(高確)」「花畑(SP)」の4モード、ART中は「飛翔A」「飛翔B」「花畑A」「花畑B」の4ステージが存在します。モードとステージの移行フローを表したのが下図。

モード移行

ポイントになりそうなものを下にまとめてみました。

通常時のモードはボーナス後に移行する可能性アリ

通常時は4つの内いずれかのモードに滞在し、ボーナスが成立するまでモード移行は一切ありません。ボーナスが成立して「ARTに当選しなかった場合」にのみ、モードが移行する可能性があります。また、モードはART当選するまで「現状維持」か「アップ」のみ。「モードダウン」という概念はありません。

★ARTが終了すると、スタート地点となるモードが改めて決まりますが、「ダウン」とはちょっと違いますよね。

ART中は50G毎にステージが切り替わるが・・・

ART中は50G毎にステージ移行を行い、以降先が「ARTステージ」であれば連チャン、ステージから転落した場合にはARTが終了していずれかの「通常時のモード」に移行し、通常ゲームがスタートします。

★無限南国チャンス中はボーナスを引くまでステージ移行しません。

ステージ移行では同一ステージに留まることはなく、必ず違うステージに移行するんですが、例外として「ART中にボーナスが成立」した場合は、ボーナス終了後に「ステージB」からスタートします。よって、「ステージB滞在時にボーナス成立→ステージBへ」という同一ステージへの移行が起こる可能性があります。これによって奇数連と偶数連が逆転することになるため、注意しましょう。

★設定6を判別する際にも注意してくださいね。ボーナスが絡まなければ「3の倍数連が基本」ですが、ボーナスを引くと連チャン回数が乱れます。

設定6の特殊なステージ移行

図の中で「緑色の矢印」に注目してほしいんですが、設定6は非常に特殊なステージ移行を行います。まず、ART当選時は必ず「飛翔A」からスタート。これは絶対です。「花畑(SP)モード」に滞在していた場合でも、設定6だけはART当選時に「飛翔A」に必ず移行します。

飛翔AからスタートしたARTは、「飛翔B」に移行した後「花畑A」に移ります(絶対じゃないよ、大半は)。これもポイントで、飛翔ステージと花畑ステージを行き来するのは設定6だけに起こる移行フローです。

「花畑A」は設定6だけステージ転落の可能性が高いため、設定6は基本的にここでARTが終了することで、3連になりやすい。ただ、ステージ転落は約50%なので、転落しなかった場合は「緑の点線」のように「飛翔A」に戻って同じことを繰り返します。

設定1~5は飛翔と花畑を行き来しない

設定1~5はART中に「飛翔ステージ」と「花畑ステージ」を行き来することはありません。「飛翔A」からスタートしたら「飛翔A→飛翔B→飛翔A→飛翔B・・・・」という具合に飛翔ステージのみをウロウロします。「花畑」でも同様です。

また、ステージAからの転落がBからの転落よりも多くなるため、ARTが奇数連で終了しやすいのが特徴。3連で終了することも多いため、ARTの連チャンだけでは設定6との見分けが付かないこともあるので注意してください。まぁ設定6の場合「3・6・9・・・」と3の倍数連になりやすいのに対し、設定1~5は「単発・3・5・7・・・」となりやすいので、分かることは分かるんですけどね。

★特に奇数設定は奇数連で終了する可能性大です。偶数設定は奇数設定よりもBからの転落がやや多い。

南国育ちスペシャルの天井/リセット(設定変更)情報

天井情報

南国育ちSPでは前作とは異なり、2段階の天井を搭載。通常Gで996Gハマリが発生すると「第1天井」、1600Gハマリで「第2天井」に到達します。

[第1天井]

通常Gで996Gハマリで到達し、天井ATが発動します。ここではリプレイ確率は変化せずに押し順ナビだけが発生するため、コイン持ちが大幅にアップするもののコインはジワジワと減っていく状態。

★第1天井から第2天井までは、投資金額にして3Kほどで到達することになります。・・・ボーナスを引かなければね。

[第2天井]

通常Gで1600Gハマると到達。ここからはリプレイ確率がアップして無限ARTが発動します。ボーナス当選まで継続し、(南国育ちSPではART中のボーナス成立でART当選確定なので)次回ボーナス後のART突入までが確定することになります。

[データ表示機と天井までのG数は一致しない]

ボーナス後、ART後は「転落リプレイ」が入賞してから通常Gのカウントがスタートします。データ表示機ではボーナス後1G目からゲーム数がカウントされているため、データ表示機で天井G数に到達しても天井が発動しないことが普通にあります。

また、ボーナス後にART突入していた場合、ARTの連チャン終了後に「転落リプレイ」が入賞してから通常Gがスタートするため、データ表示機では大ハマリしていても通常Gをほとんど消化していない可能性があるので注意してくださいね。

★天井狙いは①データ表示のG数、②前回のボーナス後にART突入したかどうか、を確認すること。

リセット(設定変更)情報

南国育ちSPでは設定変更を行うと、必ずサナギモード(通常)からスタートするため、ART当選のチャンス。また、天井までのG数はリセットされないので、天井狙いも可能です。ハマリ台を狙うことで、天井狙いとともに設定変更による通常スタートの恩恵も受ける可能性があるため、閉店時のG数チェックはしておきたいです。

★天井は第1・第2ともにリセットされません。

立ち回り/設定判別:南国育ちスペシャル

南国育ちSPの主な設定差(設定判別ポイント)

設定判別要素

ボーナス関連では単独REGに注目しておこう。あとはモード移行とART中のステージ移行を押さえておけば設定6は見抜けると思います。

南国育ちSPの立ち回り

南国育ちSPは設定5でも優秀なペイアウトですが、設定6と比較して安定感がかなり落ちるし、設定判別も格段に難しくなるため、設定6をピンポイントで狙っていきたいパチスロ機種。ART機でこれだけ判別がカンタンなパチスロ機種はなかなかないため、ホール選びをシッカリと行って設定6の存在を確認しておこう。

設定1~5のほうがARTの大連チャンを味わえるため、特に「設定5の方がいい」という人も多いかもしれませんが、差玉の安定感は設定6が圧倒的に優れています。大勝ちを狙う人・安定感をとる人、考え方は人それぞれですが、当サイトでは「設定6狙いしかない」と結論付けておきますね。

この手のパチスロ機種は「使いにくい」と感じるホールもあるかも知れませんが、設定6は安定感の高さと引き換えに爆発力が低い(相対的に)ため、ホールとしても割数を計算しやすいでしょうしね。過去にキン肉マンなど設定6が分かりやすいパチスロ機種にも6を投入していた実績があるホールは期待できるかもよー。

立ち回りのヒント:南国育ちスペシャル

通常時の「遅れ」について

南国育ちSPではスタート音の「遅れ」が発生した時点で「ボーナスorサナギモード(通常)以上」が確定します。内部モードを推測する手助けになるポイントですが、ボーナスが成立していた場合は「幼虫モード(低確)」の可能性もあるため、その点にだけ注意してください。

[「遅れ+非ボーナス」の発生率]
遅れ

モードがダウンすることはないため、「遅れ+非ボーナス」が確認できた場合はART当選まで粘った方がいいでしょう。低設定だとなかなかART当選しないこともありますが、サナギモード(通常)以上が確定した状況でヤメるのはもったいないですよ。

★頻発すれば成虫モード(高確)にも期待できます。

[ART非当選の連続では花畑モード(SP)には行かないので注意]

どれだけART非当選が連続しても、花畑モード(SP)には移行しないので注意してください。花畑モードに移行するには、成虫モードでART当選(無限ARTなら大チャンス)する必要があります。だから、遅れ頻発で最もアツいのは「何回か連続してART非当選(成虫モードへ)→ART当選(花畑Aへ)→ART終了(花畑モードへ)→遅れ頻発」という状況です。

★設定6は花畑モードに滞在することはほとんどないし、滞在しても大した恩恵はありません。

スペシャルテンパイ音について

ビッグがテンパイした時にスペシャルテンパイ音が発生すれば、「成虫モード(高確)」or「花畑モード(SP)」が確定します。ビッグ1回につきチャンスは1回だけですが、確認できたらその後の展開に期待しよう。

★発生率は25%。1回テンパイさせて発生しなかったら、それ以降は抽選しないので注意してくださいね。

ART履歴について

コイン未投入の状態で「中ボタン」を押すと、当日のART履歴をチェックすることができます。既に稼動がある台を打つ場合は履歴をチェックして台を選ぼう。

[履歴の見方]

左側の赤いデジタルに「その日のART回数」、右側の緑のデジタルに「過去3回分のボーナスでのART突入履歴」が表示されます。過去3回分の履歴は「1回前・2回前・3回前」と左から右へ表示されます。

★ART当選はデジタルが「上下に点滅」、非当選は「下に停止」という表示です。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ