パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  ニューペガサス(ペガサスW) パチスロ(スロット) 解析・攻略

ニューペガサス(ペガサスW) パチスロ(スロット) 解析・攻略

パチスロ ニューペガサス(ペガサスW)解析・攻略の目次

パチスロ ニューペガサス(ペガサスW)について、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

ニューペガサスの機種スペック

スペック

エマから登場したパチスロ ニューペガサスは破格のBIG確率を実現したノーマルタイプの完全告知マシンです。設定1でも1/240を上回るBIGはスバラシイ!爽快なBIGの連打が期待できそうです。

でも、Yurikaが個人的に気に入っているのはデザイン面。パネルとかかなりカッコイイですねぇ。アニメとかのタイアップ物やかわいらしいキャラ物で埋め尽くされたホール内では、とても目立つんじゃないかなー。もっともっとこういう台が増えてほしいです。まぁキュイン音はいらなかったけどね・・・。

もともとのニューペガサスはYurikaがパチスロを打ち始める前に存在した機種(1.5号機)なので、当然のごとく打ったことはありません。でも、当時のパチスロの内部システムは今とは全く違いますからね。当時のゲーム性(吸い込み方式)を再現しようとしても難しいのはしょうがないですよね。

★4号機にぺガッパってあったけど、あれもペガサスシリーズ?アレもたしかエマだったよね?

有効ラインの構成

パチスロ ニューペガサスは通常の5ライン構成です。

ボーナス確率(解析):ニューペガサス

ボーナス確率

このBIG確率はスゴイですねー。また、REGにはアイジャグEXよりも大きい設定差があるので、立ち回りの際は参考にしたい。ペイアウトもそこそこ。

単独ボーナス確率(解析):ニューペガサス

単独ボーナス

単独REGの設定差はうまく活かしたいところ。通常時の打ち方次第では全ての小役をフォローできるので、フリー打ちではなく小役狙いがオススメです。

小役確率(解析):ニューペガサス

小役確率

ブドウ確率には設定差がありますが、差がちょっと小さいですね。念のためカウントしておくことをオススメしますが、判断に迷うことも多そうなので注意してください。1枚役も見抜けますがアテには・・・。

同時成立(解析):ニューペガサス

同時成立

REGの可能性があるのは「角チェリー・1枚役」だけです。それ以外は全てBIG確定。

小役分解:ニューペガサス

小役+ボーナス

ちょっと確率が低いのもが多くて・・・アテになるかな?REGの可能性がある「角チェリー」と「1枚役」を細かくチェックしてみると下図のようになります。

[角チェリー・1枚役重複の詳細]

角チェリー+BIGは低設定ほど多くなります。でもまぁ差は小さいので気にしなくてもいいかと。1枚役+REGは高設定ほど多くなり、その結果として高設定ほど1枚役の出現率が高くなります。

小役のみ

こちらは参考まで。

通常時の打ち方:ニューペガサス

ニューペガサスは告知マシンだけど、実戦時にフリー打ちするのはやめておきたい。取りこぼしが発生するのはベルと1枚役(ベル・ベル・ペガサス)ですが、完璧にフォローすることも可能なので要実践です。また、左リールのBAR付近は目押しが早かったり遅かったりするとベルを引き込めない場合があるため、ペガサス絵柄付近を狙うのがベストでしょう。

★チェリーは一切取りこぼしませんが、フリー打ちだと内部的には中段チェリーでも角に停止することがあります。

通常時の打ち方:ハサミ打ちを推奨

左リール枠内(中段~枠下がベスト)に「ペガサス絵柄」を狙います。ベルを引き込んできた場合のみ、右リール枠内にペガサスを狙う(ベルor1枚役のどちらかがテンパイ)。どちらにしても中リールはベルを狙えばOKです。

★左リールのペガサス付近は目押し範囲が多少前後してもベルを引き込めます。

ウッカリ左→中と押してしまうとその時点でベルを取りこぼす可能性が高いため、ハサミ打ちをオススメしますゾ。また、ベルをテンパイさせて右リールでベル・1枚役をフォローするには「2コマ目押しがになる」という理由もあります。ハサミ打ちなら両役のフォローは右ペガサス枠上~下段(4コマ)とラクですからね。

この打ち方で左リールにベルが出現しなければ、残りのリールはフリー打ちでOKですよ。完全告知マシンということもあり、ボーナスの成立Gを特定するのはカンタンだと思うので単独REGを見抜きながら打ちたいです。また、出目演出もなかなかシッカリしてそうなので告知ランプだけでなく出目にも注目!

ボーナス中の打ち方:ニューペガサス

ボーナス中はカンタンな手順で獲得枚数をMAXにすることが可能です。ちなみに、REGはCT制御ではなく、獲得枚数の少ないBIGという位置付け。

ボーナス中の打ち方(BIG・REG共通)

両ボーナスとも「2BET-15枚払い」が基本。ただし、逆押しだとブドウが揃って14枚GET、順押しならチェリーが揃って15枚GET。よって両ボーナスとも「1回だけ逆押しフリー打ち」すれば獲得枚数が最大(B311枚・R111枚)になります。

1・2BET時のチェリーは14枚役ですが、必ず角に停止して2ライン入賞となるため、14×2=28枚(ただし、払出しの上限は15枚)ということですね。

立ち回り/設定判別:ニューペガサス

ニューペガサスの主な設定差(設定判別ポイント)

設定判別要素

ニューペガサスの立ち回り

ニューペガサスでの立ち回りはREG出現率を中心にするのがベストでしょう。特に単独REGには大きな設定差があるため、通常時は小役狙いを行ってREGの単独成立を見抜きたいです。

通常時のブドウ出現率は差が小さいので、焦らず気長にチェックしたい。そのためにも、やみくもに打ち散らかしていては投資が嵩んでしまうので注意しましょう。ペイアウトからもピンポイントで設定6をツモりたいパチスロ機種ですからね。

ろくにヒット作が出てないエマですが、ニューペガサスは個人的にヒットしてほしいパチスロ機種。正直タイアップはもうヤメてほしいからね。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ