パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ リオパラダイス 解析・攻略

パチスロ リオパラダイス 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロリオパラダイスについて、以下の打ち方・立ち回り・解析・攻略情報がわかります。

リオパラダイスの機種スペック

リオパラダイス【パチスロ解析情報】

ネットの、そしてパチスロ界の人気キャラクター『リオ』が5号機でも登場。
パチスロリオパラダイスでは通常時からリオが大活躍します。演出もチャンスパターンが豊富に用意されており、またスペックもなかなか優秀な数値となっています。

本機は通常時に同時にフォローできない2種類のベル【黒ベル】と【赤ベル】をナビしてくれるAT【リオタイム】を搭載。効果はそれほど大きくはありませんが、コイン持ちがアップすることでマッタリと遊べる仕様となっています。

さらにこのリオタイムには次回ボーナスまで継続する【特殊リオタイム(プレミアムリオタイム)】もあり、ボーナス中に条件を満たすと突入します。

また、リオタイムの継続率には大きな設定差があり、バランスの良いスペックも手伝って比較的立ち回りやすいパチスロ機種。

ボーナス確率(解析):リオパラダイス

リオパラダイス ボーナス確率【パチスロ解析情報】

どのボーナスもそれほど大きな設定差はない。
掲載を省いてしまいましたが、特徴としては、【赤7BIG】、【黒7BIG】、【REG】の3つのボーナスはすべて同一の確率となっている点。どのボーナスも確率は同じでBIGは2種類なので結果としてBIG:REGは2:1となります。

5号機パチスロのボーナスはまず合成確率をチェックするようにしましょう。160分の1以上を目安に。

小役確率(解析):リオパラダイス

リオパラダイス 小役確率【パチスロ解析情報】

【共通ベル】に結構大きな設定差がありますが、【赤ベル】【黒ベル】の存在が邪魔して通常時に【共通ベル】を確実に見抜くことは不可能。
リオタイム中であれば見抜けますが、サンプルが集まりにくいので設定判別の材料としては使いづらいです。

同時成立(解析):リオパラダイス

リオパラダイス 同時成立【パチスロ解析情報】

パチスロリオパラダイスのボーナスは、すべて小役と同時成立するというめずらしいタイプのパチスロ機種です。単独でのボーナス成立はありません。
そして対象の小役は【ベル(共通ベルのみ)】と【チップ】、【チェリー】の3種類。そしてメインとなるのは【チップ】と【チェリー】からの同時成立となります。

チップとチェリーは区別しなくてOK

【チップ】と【チェリー】は払い出し枚数こそ違いますが、抽選確率・同時成立割合ともに全く同じ数値となっており、特に区別して考える必要はありません。
どちらも入賞すると次ゲームからプチRTに突入し、ボーナス成立後に【リプレイ】確率がアップすることと合わせて期待感を高める役割を担っています。

通常時の打ち方:リオパラダイス

チップとチェリーをフォローする

通常時は左リールにひとつしかない【リオ絵柄】を枠上~上段付近に狙います。その際の停止形は3種類。以下でチェックしましょう。

下段にリオ
停止形1 【リオパラダイス】

よく出る停止形。中・右はフリー打ちでOKです。
ここからのリーチ目はあまり出ませんが、基本的に分かり易い形が多いので全部覚えておきましょう。

枠内にチェリー
停止形2 【リオパラダイス】

【チェリー】は同時成立の対象となっているので、次ゲームに期待しましょう。
残りリールはフリー打ち。

★チェリー入賞後は2G間のプチRTに突入します。

チップ出現
停止形3 【リオパラダイス】

チップを引き込んだら【チップ】or【ボーナス】となる。【チップ】は同時成立の対象小役なので、揃っても次ゲームに期待できます。
中・右にチップを狙いましょう。こちらも揃えるとプチRTに突入します。

よく目にするリーチ目は、チップやチェリーが成立したあとに『ここまでスベってチップ揃わず』という形です。

リーチ目:リオパラダイス

パチスロリオパラダイスは演出の結果よりも出目からボーナスを察知することのほうが早いので、コインロスをなくすためにもリーチ目は覚えておこう。

リーチ目1 【リオパラダイス】

左の停止形はたまにでるので覚えておきたい形(中リール下段に黒7があるとNG)。
右の形はあまり出ませんが、分かり易いですね。

リーチ目2 【リオパラダイス】

左、中の形もあまり出ないかな。
右のように、チップまでスベった形がよくでます。

ボーナス中の打ち方:リオパラダイス

BIG中の打ち方

【BIG】中はナビがなければ【ベル】確定なので順押しフリー打ちでOK。
ナビが発生した場合は、【チップ】ならボーナス中は15枚なので確実に揃えましょう。ここで【チェリー】がナビされた場合、揃えると結果的にマイナスとなってしまうので左リール上段付近に【黒7】を狙ってハズします。

【BIG】中に『チャンス!』という音声とともに上部のリオバンパーが動くことがあります。このときの成立役は【ベル】or【ハズレ】。ほとんどはベルが揃いますが、約300分の1で成立する【ハズレ】を引くと次回ボーナスまで継続する【特殊リオタイム】に突入します。

【ハズレ】成立時は、狙えばリール上で7絵柄が揃ったり、中段チェリーが出現しますが、要は『ベルが揃わなければ良い』ということです。内部で【ハズレ】が成立していれば【特殊リオタイム】に突入します。

BIG中のお楽しみ要素

スペシャルボタンを押すことで、BGMを3種類の中から選ぶことができます。

REG中の打ち方

【REG】も【BIG】と同様にチェリーのみハズし、それ以外は揃えましょう。

リオタイムについて:リオパラダイス

リオタイムとは

リオタイムは【BIG】終了後にスタートし、通常時に同時フォローできない【単独ベル】をナビしてくれるAT(アシストタイム)機能です。

どちらかの【単独ベル】が成立すると、リオバンパーとよばれる液晶左右の役物が動いて【赤ベル】か【黒ベル】かを教えてくれます。同時に音声でも『赤!』『黒!』とナビが発生。
共通ベル(どちらを狙ってもベルが揃う)が成立した場合は両方のリオバンパーが動きます。

リオタイムの終了抽選

リオタイムは【チップ】と【チェリー】が成立すると終了抽選を行い、ここで終了が選ばれると通常画面に戻り、リオタイムは終了となります。
ただし、スタートから20G間は終了抽選を行いません。つまり、最低でも20Gは保障されているということ。

また、【REG】後はリオタイムには突入しませんが、リオタイム中に成立した【REG】後はBIG後と同じ条件(20Gの保障あり)で再度リオタイムに突入するのでここは要チェック。

次回ボーナスまで継続する【特殊リオタイム】ではチップ・チェリー成立時の終了抽選がありません。

リオタイムで設定判別

リオタイムの終了抽選確率には大きな設定差があります。これだけで設定7を見抜けるほどの大きな差が付いているので、しっかりチェックしておきましょう。

リオタイム転落率【パチスロ解析情報】

★スタートから20G間はサンプルから除外するように。

立ち回り方/攻略情報:リオパラダイス

リオパラダイスの主な設定差

主な設定差【パチスロ解析情報】

リオパラダイスの立ち回り

パチスロリオパラダイスに関しては、設定7を見抜いてしっかり稼動するのみです。

リオタイムの継続率から設定を判別することが可能なので、ここを最重要視する。あとはボーナスの合成確率も合わせてチェックしていけば設定7を見抜くことは難しくはないでしょう。

すでに数回【BIG】に当選していて空いている台は低設定の可能性が高いので、手を付けない方が良いですね。極力朝からの稼動を心がけましょう。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ