パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ シェイクⅡ 解析・攻略

パチスロ シェイクⅡ 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロシェイクⅡについて、以下の打ち方・立ち回り・解析・攻略情報がわかります。

シェイクⅡの機種スペック

【パチスロ解析情報】シェイク2

ストック機時代に次々とヒット作を送り出し、パチスロ界のトップメーカーにまで登りつめた大都技研の5号機第一弾はシェイクをリメイク。

5号機パチスロなのでストック機能は当然ないわけで、世界観を引き継いだ形です。

パチスロシェイクⅡはボーナスのみで出玉を増やすシンプルなスペックですが、【BIG】と【REG】の獲得枚数のバランスが悪いですね。前評判が高かったわりに導入後の稼動はイマイチですが、個人的にはアリ。

ボーナス確率(解析):シェイクⅡ

【パチスロ解析情報】シェイク2 ボーナス確率

シェイクⅡ新世紀エヴァンゲリオンに似たタイプ。コイン持ちの良さでマッタリとボーナスを待つことになりそうです。

ボーナス単独でみると【REG】が最も確率が高いので、安定しやすい。よって合成確率とともに【REG】確率もチェックしていこう。

小役確率(解析):シェイクⅡ

【パチスロ解析情報】シェイク2 小役確率

【ベル】確率に設定差があります。判別に時間がかかる機種なので、サンプルが稼げる【ベル】の確率は必ずチェックしておこう。

同時成立(解析):シェイクⅡ

【パチスロ解析情報】シェイク2 同時成立

サボハニ

サボハニからのボーナスが大半を占めています。つまりサボハニ待ちのゲーム性ということで、このあたりがリピーターが少ない理由かな。

設定差があるので、【サボハニ】→【ボーナス】が安定して出現する台を掴もう。

スイカ・チェリー

【スイカ】と【チェリー】からの同時成立にも設定差がありますが、発生率が低すぎるのであまりアテになりません。【スイカ】→【BIG】、【チェリー】→【REG】が高設定で優遇されています。

通常時の打ち方:シェイクⅡ

ボーナスと同時成立した際にも確実に【サボハニ】を揃えられる場所を狙うこと。

左リール枠下に【青7】を狙えば、全ての小役をフォロー可能。枠内にスイカが停止すれば【小役】か【ボーナス】のチャンスなので、中・右に【スイカ】を狙います。それ以外はフリー打ちでOK。

ボーナス中の打ち方:シェイクⅡ

ボーナス中は液晶で成立役がナビされますが【スイカ】と【チェリー】はハズしたほうが良いです。【REG】も同様の手順で15枚役だけを揃えましょう。

立ち回り方/攻略情報:シェイクⅡ

シェイクⅡの主な設定差

主な設定差【パチスロ解析情報】

シェイクⅡの立ち回り

シェイクⅡは稼動を上げたいホールも多いハズなので意外と狙い目のパチスロ機種ですが、確たる判別要素がないのがネック。設定6の安定感は高いのでボーナス合成確率、【サボハニ】からのボーナス、【REG】確率などから総合的に判断して立ち回ること。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ