パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ 島唄R 解析・攻略

パチスロ 島唄R 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロ 島唄Rについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報がわかります。

島唄Rの機種スペック

パチスロ 島唄:スペック

4号機パチスロの島唄には特に思い入れがないYurikaですが、5号機で復活したパチスロ 島唄はどうかな?多分・・・思い入れも無く終わりそうな気が・・・。4号機の復刻系のパチスロ機種、特に前作がストック機だった場合はARTタイプで登場することがほとんどですが、とにかく打ってて疲れるんですよね。

別に打ち方がどうのこうのってワケじゃなく、出玉増加に時間がかかるのが嫌なわけでもない。ただ出玉推移が激しくて安定感も低い(勝率がそこそこ高くても差玉がかなりバラつく)ので、ついていけないんです。展開次第では低設定でも大勝ちが可能ですけど、だからといって突っ込む気には全くなれません。

★ART機種にしか出玉がついてないホールには近づかないのがYurikaです。

5号機のパトライトではパチスロ 南国娘がもっとも好きだったんですが、アレの続編とか・・・出ない?

有効ラインの構成

パチスロ 島唄:有効ライン

パチスロ 島唄の有効ラインは下段無効の4ライン。エウレカセブンと同じですね。

ボーナス確率(解析):島唄R

パチスロ 島唄:ボーナス

ボーナス確率には設定差がほとんどないです。南国育ちもこんなカンジでしたね。

単独ボーナス確率(解析):島唄R

パチスロ 島唄:単独成立

こちらも差がほとんどありません。ボーナスからの設定推測は不可能ですねぇ。

小役確率(解析):島唄R

パチスロ 島唄:小役

ベルは押し順(第1停止の3択)で管理されており、取りこぼした場合の一部(1/9)でスイカが揃います。この辺は南国育ちと似てますが、パチスロ 島唄ではスイカ揃いが内部状態の移行に関わってくるのが特徴的。

クラゲは中リール中段停止で入賞となり、成立=ボーナス確定。取りこぼしがありますが、替わりにベルが揃うので無視してもOKです。

同時成立(解析):島唄R

パチスロ 島唄:同時成立

リプレイ絡みがボーナス当選のメインとなります。

小役分解:島唄R

小役+ボーナス

パチスロ 島唄:小役分解

これ以外は単独ボーナスなので、だいたいボーナス3~4回中の1回くらいが単独ということに。

小役のみ

パチスロ 島唄:小役分解

こちらは参考情報。

通常時の打ち方:島唄R

フリー打ちでOKです。

通常時の内部状態(モード):島唄R

パチスロ 島唄は通常時の内部状態(モード)が5種類あり、内部モードはN・BIG成立時のART抽選とストック数に影響を与えます。モード移行のタイミングと移行フローは以下のとおり。

モード移行のタイミング

モード移行のタイミングは大きく分けると3種類あります。

 ①N・BIGでART非当選/REG → モード維持orアップ
 ②S・BIG/N・BIGでART当選 → モードダウンor維持orアップ
 ③スイカ成立 → モード維持orアップ

ART当選時はモードダウンの可能性があるということです。ただし、REGは成立時のART抽選はないですが終了後のフリーズチャンスによってART突入の可能性もありえますよね。でもREGは必ず①のモード移行抽選になるため、モードがダウンする可能性がないということになります。

モード移行フロー

各モードごとの「N・BIGからのART当選率」を先にチェックしておいた方が、設定ごとの挙動がイメージしやすいかもしれません。N・BIGからのART当選率も合わせてチェックしてみてくださいな。

[①N・BIGでART非当選/REG時のモード移行率]
<通常A滞在時>
パチスロ 島唄R:モード移行1

設定6のみ一気に天国モードへ移行する可能性がありますね。この「設定6は天国モードに移行しやすい」という特徴は押さえておきましょう。

<通常B滞在時>
パチスロ 島唄R:モード移行2

設定5以下では1/2でモードアップなのに対し、設定6では3/4がモードアップします。設定6はやはり天国モードへ移行しやすいですね。

<高確滞在時>
パチスロ 島唄R:モード移行3

設定5以下では高確ループが発生しやすいですが、設定6は発生しにくい。つまり高確モードでART非当選だった場合、設定6ならより上位のモードへさっさと移行する一方、設定5以下はここで何とかしなきゃいけないわけです。

<天国A滞在時>
パチスロ 島唄R:モード移行4

ここまで来るとモードアップはしにくい。設定6は同じモードに滞在し続けることが少ないため、アッサリとここまで移行します。

<天国B滞在時>

天国B滞在時にN・BIGでART非当選/REG成立ではモード移行せず。

[②S・BIG/N・BIGでART当選時のモード移行率]
パチスロ 島唄R:モード移行6

ART当選した後はモードがダウンする可能性が高いですね。N・BIGからART突入する場合は高確モード以上に滞在していた可能性が高いため、モードダウンの可能性大。ただしS・BIGはどのモードでもART当選確定なので、下位モード滞在時に引ければモードアップも期待できることになります。

上の表を見ると、一見モードアップする場面もそこそこありそうに見えますが、これはART当選時のモード移行抽選ですからね。「N・BIGは通常モードABでART当選する可能性がかなり低い」ということを考慮すると・・・。

[③スイカ時のモード移行率]
パチスロ 島唄R:モード移行7

スイカからのモード移行はオマケですかね。

遅れとモードのカンケイ

パチスロ 島唄にはスタート音の「遅れ」が存在します。「遅れ」はボーナス当選の可能性もあるため、発生すればまずはボーナスのチャンス。ここでボーナスが当選していなかった場合は内部モードを示唆することになります。

[モード別の遅れ+ハズレ発生率]
パチスロ 島唄Rの遅れ

「遅れ+ハズレ」は高確モード以上に滞在していることが確定します。ART当選まではモード転落しないため、ART当選まで打ち続けるべきでしょう。また、高確モード以上では高設定ほどART当選率が高いため、「遅れ+ハズレ」を確認してから何度もART非当選が続くと低設定の可能性大。設定6の可能性は極端に低くなります。

★「遅れ+ハズレ」後にART非当選が3回以上続くと危険!
★「遅れ」+ボーナスは内部モードに関係なく発生します。要注意。

ボーナス中の打ち方:島唄R

ボーナス中の打ち方

全てのボーナスにおいてフリー打ちでOKです。

[ボーナス中の小役確率に・・・]
パチスロ 島唄:BIG中小役確率

なんとも使いにくい設定差が存在してます。参考程度に。

ボーナスとART抽選

成立したボーナスがBIGだった場合、成立時にまずART抽選を行います(S・BIGはART確定)。ここでART当選した場合はBIG終了のラスト5G間の「ときめきゾーン」でフグランプが点灯しARTが告知されるしくみ。

★REGは成立時のART抽選がないのが大きな特徴となります。

また、ボーナス終了後の1G目はフリーズチャンスという特別なART抽選ポイントが存在し、こちらはREG後も有効。

★ART抽選の詳細はART当選率/ストック振り分けを参照のこと。

ARTに非当選だった場合は引き戻しゾーンへ

最終的にART非当選だった場合は引き戻しゾーンへ移行します(ベル取りこぼし後からスタート)。この状態は上段リプレイが出現するまで継続し、この間にボーナスが成立すれば無条件でART確定。

ART基本情報/打ち方:島唄R

パチスロ 島唄:ART中打ち方

パチスロ 島唄のART「フグRUSH」は35Gが1セット。初当り時にループ率を決定し、継続抽選に漏れるまでARTがループするのが基本フローです。ARTのラスト5G間はボーナス中のラスト5G間と同じような意味合いの「ときめきゾーン」となり、ART継続か否かが告知されます。

ただし、ARTは1回の当選で最大9個の「ART初当り」をストックすることもあり、ループ抽選に漏れた場合でも「ART初当り」のストックがあれば、それを放出して連チャンが継続します。ストック放出の際はループ率が再セットされるため、連チャンの途中でループ率が変化することもあるわけですね。

★ART連チャンのシステムはパチスロ キン肉マンとそっくりですね。

ART中の打ち方

押し順ナビ発生時はナビに従って消化し、ナビなし時はフリー打ちでOKとラクチンです。

ART終了後は引き戻しゾーンへ

継続抽選にハズれてARTが終了した場合は引き戻しゾーンへ移行します。ボーナス後と同様に上段にリプレイが揃うまで継続(台枠ランプが点灯中)。ここでのボーナス成立はART確定。

ART当選率/ストック振り分け:島唄R

通常時ボーナス成立でのART抽選

まずは通常時にボーナスが成立した場合の種類ごとの基本をチェック。

 【S・BIG】 ・・・・ ART当選確定
 【N・BIG】  ・・・ 内部モードに応じてART抽選
 【REG】  ・・・・・ ART抽選ナシ

通常G中のREG成立時はART抽選がないので注意。ただし、ボーナス後1G目のフリーズ抽選はあります。

[BIG成立時のART当選率とストック振り分け]
パチスロ 島唄:N・BIGでのART抽選

見づらくてすいません(汗)
ポイントはどこかなぁ・・・内部状態を確実に見極められないので難しいですねぇ。「遅れ+ハズレ」が出ている状況、つまり高確以上では設定6だと最低でも50%でART当選なのに対して設定1だと最高で50%なので、高確以上に滞在中のART非当選がどのくらい続くかをチェックしておきましょう。

内部状態の移行率からも設定6は天国B(ART当選率激高)への移行が多いですから、「遅れ+ハズレ」が出ている状況での連続非当選というのは少ないハズです。

ストック振り分けにも設定差はありますけど、あらゆる状況でART抽選があるため「どこで何個ストックしたか」が特定しにくいんですよね。

ボーナス後1G目の「フリーズチャンス」

ボーナスの種類に関わらず、終了後1G目はフリーズ発生のチャンスとなります。フリーズが発生した場合はART当選orストック上乗せ確定。

[フリーズ発生率とARTストック振り分け]
パチスロ 島唄:フリーズ発生率

フリーズ時はストック数こそ控えめですが、継続率が75%以上にセットされるのが大きいですからね~。

その他のART抽選タイミングとは

ここまでにチェックしてきたART抽選タイミング以外にも、ARTが抽選される状況があります。抽選されるというか、以下のタイミングでのボーナス成立時は全て当選率100%(ART確定)となります。

 ①ART中のボーナス成立(ART待機状態・ときめきゾーン・天井ARTを含む)
 ②引き戻しゾーン(RT状態)中のボーナス

[ART・RT状態でのボーナス成立時、ARTストック振り分け]
パチスロ 島唄:特殊な状況でのストック振り分け

REGは通常時に成立してもフリーズチャンスしか望みがないですが、ART・RT状態で引ければART当選というわけです。タイミング良く引きたいですね。

ART継続率:島唄R

島唄RのART継続率は全部で8種類あり、ストックを放出する際にこれをセットします。その後は継続率によるループ抽選を行い(ループ連)、抽選にハズれた時点でストック1個分のARTが終了。

そのタイミングでまだストックがある場合はストックを放出(ストック連)して継続率を再セットし、以降はこの流れをストックがなくなるまで続けます。

ストック放出時の継続率振り分け

パチスロ 島唄:継続率振り分け

ART初当りはもちろん、途中で新しくストックを放出した場合も上記の振り分けで継続率をセットします。

ただし、上記の振り分けを無視して別の特殊な継続率振り分けを行う状況があります。それは・・・

ART終了+引き戻しゾーン終了後、1回目のボーナスでART当選

この状況では以下の継続率振り分けを参照し継続率をセットします。

[ART+RT終了後、1回目のボーナスでART当選時の継続率]
パチスロ 島唄:フリーズ時の継続率

1/2で80%以上・・・。ARTが終わっても即止めさせてくれないように出来てるのねー。追いかけて追いかけてART非当選・・・ものすごいリアルに想像できます(笑)

継続率の格上げ抽選

[フリーズチャンス当選時、継続率の格上げ(継続率1%に滞在時)]
パチスロ 島唄:フリーズ時の継続率

フリーズチャンス当選時は上記の振り分けで継続率75%以上に格上げします。既に75%~87.5%の継続率だった場合は継続率が1ランクアップ!

★88.5%滞在時は格上げなし。

[ART中のボーナス成立時、継続率の格上げ抽選]
パチスロ 島唄:フリーズ時の継続率

ART中にボーナスが成立した場合も継続率の格上げ抽選がありますが、こちらはオマケ程度に考えておきましょう。

島唄Rの天井/リセット(設定変更)情報

天井情報

本機にはハマリG数による天井とART非突入の連続回数による天井の2種類が存在します。

[ハマリG数天井]

通常時1200Gのハマリで天井到達。以降はボーナス成立まで継続するARTが発動します。

[ART非突入の連続回数天井]

ボーナス後→ART非突入が9回連続した場合、10回目のボーナス後はART確定。ただしコチラはストック2個以上が確定するのみ。よって、最低2連で終了する可能性もあります。ストック振り分けは以下のとおりです。

パチスロ 島唄:天井時のARTストック

★天井によるストック振り分け抽選とは別に、通常のART抽選も行います。

リセット(設定変更)情報

パチスロ 島唄はリセット後も前日の状態をそのまま引き継ぐため、宵越し天井狙いも可能です。逆にいえば天井発動G数から設定変更を確認することは出来ないということですね。

立ち回り/設定判別:島唄R

島唄Rの主な設定差(設定判別ポイント)

ART当選率と内部モードの移行率に設定差が存在するものと思われますが、現時点では調査中。ART非当選が連続すると低設定の可能性が高いため、注意しておきましょう。

島唄Rの立ち回り

南国育ちの例もあるとおり、設定6に関してはどちらかというと安定感(初当り重視)を持たせた仕様ではないかと思われますが、それ以外の設定については展開次第でどうにでもなるカンジ?天井狙いも含めて狙いたいパチスロ機種。

天井狙いであれば設定の良し悪しはそれほど関係がないため、狙える台があれば攻め時となります。また、連続ハズレ回数の天井もあるため、南国育ちのようにどこまでも非当選が続くという心配がないのがいい。Yurikaも南国育ちのART非突入が5連続(遅れ確認後4連続)の台を狙って投資7万、ボーナス5回でART当選ナシのまま時間切れとか・・・あぁ寒気がしてきた。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ