パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  新鬼武者 パチスロ(スロット) 解析・攻略(第2部)

新鬼武者 パチスロ(スロット) 解析・攻略(第2部)

パチスロ 新鬼武者 解析・攻略の目次

パチスロ 新鬼武者について、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

パチスロ新鬼武者は攻略ページを第1部と第2部(このページ)に分けてあります。第1部はボーナス確率や小役確率・同時成立の期待度など基本的な解析情報をまとめたページなので、興味があればチェックしてみてください。
 モード移行抽選
   ├ 昇格抽選
   ├ 転落抽選
   └ モード移行率(トータル)

 ART当選率
   ├ 強/中段チェリー
   ├ スイカ
   ├ 弱チェリー/共通ベル
   ├ 1枚役(ボーナス非重複)
   └ ボーナス(BIG成立時のみ)

モード移行抽選:新鬼武者

パチスロ新鬼武者には「低確」「通常」「高確」「超高確」という4種類のモードがあり、特定役成立時に移行抽選が行われる仕組みになってます。また、このモードは通常時はもちろん、ART中(待機中、AT中含む)も同様の抽選を経て移行し、ARTのG数上乗せ(当選率と振り分け)にも関連していくことになります。

★特定役成立時にボーナスが重複していた場合は、ボーナスでのモード移行抽選に該当します。

モード昇格抽選

[ボーナス]
モードアップ

ボーナス後は「低確→高確」や「通常→超高確」などのようにモードが2段階アップする可能性も十分あります。小役成立時のモード移行との大きな違いはここにあります。

[共通ベル]
モードアップ

モード移行のメイン役のひとつ。奇数設定(特に設定3・5)は優遇されています。気にしておきたいレベルの差ですが、モードを確実に特定できないため、参考程度になりそう。

[スイカ]
モードアップ

こちらもモードアップの可能性が高いです。やはり奇数設定(3・5)が優遇されていますね。

[弱チェリー]
モードアップ

弱チェリーではほとんど期待できない数値。

[強チェリー]
モードアップ

強チェリーもあまり期待できませんねぇ。

上記のとおり、小役でのモードアップは基本的に1段階アップとなります。2段階アップの可能性もありますが、ほとんど起こらないレベルなので、通常ゲーム中は「低確」と「通常」をウロチョロすることになります。

モード転落抽選

[共通ベル]
モードダウン

こちらはモード転落の契機。リプレイだけでなくハズレでも抽選があるため、毎ゲームのように転落抽選があることになります。「高確→低確」という2段階ダウンはありますが、「超高確→通常or低確」というダウン経路は存在しないため、一旦「超高確」に移行すればARTは目前!・・・ま、めったに移行しないんですけどね(汗)。

モード移行率(トータル)

モード移行

こちらは「ボーナス後」以外の要素を加味したモード移行確率です。小役からの「超高確」移行はめったに起こらないのがよく分かりますよね。モード転落が早いので、ボーナスを絡めて一気に「高確」以上へもっていきたいところ。

ART抽選:新鬼武者

パチスロ新鬼武者では、特定役が成立するとART「蒼剣ラッシュ」の抽選を行います。このART抽選はボーナスが重複(同時成立)していた場合には行われないので注意してください。ただし、成立したボーナスがBIGだった場合は「BIG成立時のART抽選」を行います。つまりREG(鬼ボーナス)成立時はART抽選がないことになります。

★小役でのART抽選については、第1部の小役分解の「小役のみ」に掲載されたものが実質的なART抽選フラグの確率です。

「超高確」でのART当選率も掲載していますが、「超高確」での特定役は全て「100%」です。REG後は「超高確」のチャンスなので、BETで「夜背景」に移行したら特定役の成立に期待しよう。

強/中段チェリー

蒼剣ラッシュ当選率

ART当選に最も期待できる小役。「高確」で引ければかなりアツいですが、注目したいのは「低確」「通常」での数値。設定6を見抜く重要なポイントになります。

★(モードが特定できなくても)打ち始めて強チェリーを5回連続でスカったら設定6の可能性はかなり薄くなりますゾ。

スイカ

蒼剣ラッシュ当選率

スイカもART当選のチャンス!ただし「低確」「通常」ではほとんど期待できないのがツライ。「高確」では低設定と高設定で大きな差があるので注目しておこう。「スイカ→蒼剣ラッシュ」はほぼ「高確」以上だったということでしょうね。

弱チェリー/共通ベル

蒼剣ラッシュ当選率

抽選してるだけマシ、というレベル。確率がそこそこ高いので「超高確」ではヨロシクオネガイシマス。

1枚役(ボーナス非重複)

蒼剣ラッシュ当選率

なかなか引けない小役ですが、1枚役でボーナスが重複していなかった場合はART当選確定(モード不問)です。ループ率も優遇されているため、その後の展開に期待しよう。

★1枚役はほとんどがボーナスと重複(約94%)しています。ぬか喜びに注意しましょう(笑)。

ボーナス成立時(BIGのみ)

蒼剣ラッシュ当選率

ビッグ成立時のみ、ART抽選を行います。ビッグ5回に1回程度の当選率ですが、この抽選はモードに依存しないのが嬉しい。このことから初当たりに占める割合も大きいですよ。ただし、ARTの初当たりがここからばかりだと低設定の可能性大です。

ART中のG数上乗せ:新鬼武者

上乗せ

ART中(上乗せゾーン)は特定役が成立するとG数上乗せの抽選を行います。この上乗せ抽選こそが新鬼武者の醍醐味でしょう。モードの影響を受けるので、ART中もモードを推測しながら打つのがパチスロ新鬼武者を楽しむ秘訣です。また、この上乗せ抽選は「待機中(AT発動前)」や「AT中(RT発動前)」にも行われます。

さらにこの上乗せ抽選は、ART抽選とは異なり「ボーナス重複(同時成立)時」にも行われます。「スイカ成立→100G上乗せ→次ゲームでボーナス告知!」なんてこともありえるわけですねぇ。

★バトルゾーン中の特定役はいかなる抽選も行わないため、完全なムダ引きになります。ただし、1枚役(ボーナス非重複)は例外的にART初当たり(ループ率80%以上)をストックします。
★厳密には、ARTのG数を上乗せするのではなく、「ATの保証区間(G数)を延長」しています。

弱チェリー

[上乗せ当選率]
上乗せ当選率

「低確」「通常」でもそこそこの当選率。数で勝負するタイプ?

[上乗せG数振り分け]
G数振り分け

振り分けは「10G」が多いですね。過度の期待は禁物でしょう。

強/中段チェリー

[上乗せ当選率]
上乗せ当選率

強チェリーはモードに関係なく、成立=上乗せ確定。

[上乗せG数振り分け]
G数振り分け

こちらも「10G」が多い。強チェリーって、意味もなくヤケに期待しちゃうんだよねぇ。

スイカ

[上乗せ当選率]
上乗せ当選率

「低確」「通常」では厳しいけど、「高確」は大チャンス!ART中にボーナス引いた後とかはとにかくスイカを引きたい!

[上乗せG数振り分け]
G数振り分け

最低でも「50G」という破壊力。これをいかにものにするかが勝負の分かれ目といってもいいでしょう。

ハズレ

ハズレでの上乗せ抽選に限り、状態(モードではない)によって当選率が変化します。ポイントは「RTが発動しているかどうか」です。スイカやチェリーなどの小役確率は常に一定なので問題は起こりませんが、ハズレ確率はリプレイ確率との相互関係によるものなので、こういった措置がとられています。

[ART中:上乗せ当選率]
上乗せ当選率

この上乗せ抽選があなどれません。モード不問なのがポイント。

[ART中:上乗せG数振り分け]
G数振り分け

最低でも「30G」は上乗せ。

[ART待機中・AT中:上乗せ当選率]
上乗せ当選率

こちらは「待機」「AT」での数値。この状態ではリプレイ確率がまだアップしていないため、ハズレが頻発するので、当然ながら上乗せ当選率を下げることで調整されています。

[ART待機中・AT中:上乗せG数振り分け]
G数振り分け

当選率が低いかわりに、当選時は「100G」以上の上乗せが確定します。後述するレア契機と振り分けが同じなので、レア契機のひとつとみなされるようです。

★「ART待機中」とは前兆のことではなく、蒼剣ラッシュは発動しているものの、ベル取りこぼし目の出現を待っている状態(ベルを取りこぼすとAT発動)のことです。

その他(レア契機)

[通常リプ・共通ベル・単独ボーナス・1枚役(ボーナス重複):上乗せ当選率]
上乗せ当選率

これらのレア契機はめったに当選しません。一応抽選されているということだけ覚えておきましょう。共通ベルがここに入っているのは残念ですよねぇ。

[突入リプ・レアチェリー・1枚役(ボーナス非重複):上乗せ当選率]
上乗せ当選率

こちらのレア契機は上乗せ確定。カンタンには引けないものばかりですが、引けたときの見返りは大きい・・・(↓)。

[全レア契機:上乗せG数振り分け]
G数振り分け

レア契機での上乗せに当選した場合は「100G」以上が確定し、最大となる「300G」への期待も十分持てます。

上乗せ発生率(トータル)

上乗せ発生率

滞在モード別の上乗せ発生率は上記のとおり。ザックリとした数値ですが、参考にどうぞ。

こら!ちょっと待て!1枚役!

上乗せ抽選に関してYurikaが疑問に思うことは「1枚役」の扱いについてです。他の小役ではボーナス成立時も同じ上乗せ抽選を受けられるのに対し、1枚役はボーナス重複時に上乗せがほぼ期待できないため、納得がいかないんだよねぇ。ご存知のとおり、1枚役はほぼボーナスが同時成立しているため、ART中に出現しても「あぁボーナスね」としかならないわけですよ。

たしかに超低確で抽選されているボーナス非重複の1枚役は「成立=上乗せ確定」であり、さらにループ率80%以上の「ART初当たりをストック(後述)」するため、こちらの優遇措置は問題ないんですが。まぁ抽選確率も考慮すればそのくらいの価値は当然あるでしょうしね。ただ、1枚役のほとんどを占めるボーナス重複フラグは妙に冷遇されている気がするんですよねぇ・・・。どう思います?

ART当選時のループ率振り分け:新鬼武者

新鬼武者ではART「蒼剣ラッシュ」の初当たり時にループ率を抽選します。そう、この新鬼武者のARTは、G数上乗せだけでなく、継続率によるループ性能まで搭載しているんです。上乗せによる大量出玉だけでなく、ループによる出玉増加にも期待できるのが嬉しいですねぇ。

ARTのループ率は「50%」「67%」「80%」「89%」の4種類。最低のループ率でも連チャンがそこそこ期待できる数値なのがイイ。そこで上乗せが絡めば・・・ってね。

さて、ループ率の決定方法なんですが、ARTの当選契機によって3種類の振り分けが用意されています。先に当選契機をまとめてあるので、それを参考にループ率振り分けをチェックしてみてください。

ART当選契機

 ①ビック成立時にART当選
 ②通常時「低確~高確」にスイカ・強/中段チェリーでART当選
 ③「超高確」でART当選(1枚役以外の特定役)
 ④ボーナス中にフリーズ→青7平行揃い
 ⑤通常時「低確~高確」に共通ベル・弱チェリーでART当選
 ⑥1枚役(ボーナス非重複)でART当選
 ⑦ボーナス中にフリーズ→青7斜め揃い
 ⑧天井(ボーナス間1400Gハマリ)でART当選

①~③で当選時の振り分け

ループ率振り分け

もっとも起こりやすい初当たりでの振り分けがこちら。ほとんどが「50%」を選択します。超高確は「特定役=ART確定」ですけど、ループ率は優遇されないのね。

④~⑥で当選時の振り分け

ループ率振り分け

レア契機でのART当選時はこちら。弱チェリーや共通ベルなど、ART当選がほとんど期待できない小役で当選した場合(超高確を除く)はループ率が優遇されるワケですね。1枚役を引いてボーナスが成立してなかった場合もこちらを参照します。

⑦⑧で当選時の振り分け

ループ率振り分け

「89%」が確定するのは「フリーズ→青7斜め揃い」と「天井」のみ。

1枚役のまとめ:新鬼武者

新鬼武者では通常時にレア小役として抽選されている「1枚役」についてまとめてみました。まぁ大した情報はありませんので期待しないでください(笑)。

1枚役成立時の停止形

新鬼武者の1枚役は「ベル(赤/青)・ベル(青)・BAR」という組み合わせになっており、注意すべきポイントとしては「中リールのベルは青ベルのみ」という部分でしょうかね。通常時に青7付近を狙っていた場合、左リールはスイカを引き込んできます(ベルを中段に引き込む)。これは、本機の有効ラインが1ラインのため、左・上段ベルからは1枚役が揃わないからです。

★じゃぁ「上段ベル揃い」とかはどうなんの?と思うかもしれませんが、これは表面上ベルが上段に揃っているだけで、実際には中段に9枚役(バラケ目のような絵柄構成)が揃っています。

Yurikaは普段ハサミ打つので、順押し時の中リールがどうなるか分からないんですが(オイオイ)、「左→中」とベルがテンパイして右リールでハズれるのかな?もちろん右でBAR付近を狙えば揃いますけどね。ハサミ打つ場合は・・・これまたYurikaは今まで1枚役を揃えたことしかないので、取りこぼし目が良く分かんないんだよね・・・えへへ(オイオイオイ)。

もしハサミ打ちで右リールBAR付近を狙わなかった場合は、中段ベルテンパイ(上段スイカテンパイ)になるのかなぁ?それとも、斜めにスイカがテンパイするのか?うーん分かんないや(笑)。

★スイカと1枚役を同時フォローする場合は中リール上段or中段に「赤7下のスイカ」を狙う必要があります(2コマ目押し)。難しいと感じたら、もちろんスイカ優先で。

ボーナス重複の有無で話が変わります

新鬼武者の1枚役はかなりアツい小役で、「成立=ボーナスorART確定」です。ただし、そのほとんどはボーナスが重複しているため、基本的にはボーナス確定役。ちなみに、ボーナスが同時成立していない1枚役はまさに激レア小役となっていて、これが成立すればART当選が確定します。

[ボーナス非重複の1枚役 ・・・ 確率 1/ 65536]

この「ボーナス非重複の1枚役」はとても特殊な小役で、「ART当選確定」となるだけでなく、「ループ率は80%以上」に設定されます。しかも、ART中は「G数上乗せ確定(100G以上)」。さらに上乗せだけでなく、新たに「ART初当たりをストック」します。もちろんループ率は80%以上のヤツね。

さらにさらに、ARTのバトルゾーン(後半10G程度)で引いた場合でも、G上乗せこそありませんが「初当たりストック」はゲットできるため、完全なヒキ損にもなりません。

[ボーナス重複の1枚役 ・・・ 確率 1/ 4369(15/ 65536)]

このコ達はね・・・同じ兄弟でありながら上の長男とは比べ物にならないほど「役立たず」のレア小役です。ボーナスを担いでくる以外、ほかに何の取り柄もありません。ART中のG数上乗せもまぁほぼ無理(Yurikaはコレが納得できない)。ただのリーチ目小役です。

★ごめん、この項目は大した情報が無かった(笑)

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ