パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ リーチ目発見!スロガッパ 解析・攻略

パチスロ リーチ目発見!スロガッパ 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロリーチ目発見!スロガッパについて、以下の打ち方・立ち回り・解析・攻略情報がわかります。

スロガッパの機種スペック

【パチスロ解析情報】

たまにこういうのやるんですよねぇ(笑)。まぁYurikaはリーチ目探しが好きなので、こういうパチスロ機種がわんさか出てくれると嬉しいところなんですが。

5ライン構成かつボーナスとチェリーをくっつけて配置し、チェリー出現時は右リールの停止形で払い出しを確定する・・・。エヴァのダミー+右チェリーの応用というカンジでしょうか。それにしても右リールの配列をとてもうまく考えています。

このパチスロ機種については賛否両論ありそうですが、個人的にはすばらしい出来だと思います。特にチェリーの入賞システムは、今後真似するメーカーも多くなるのでは?たぶんね。


たしか・・・


キュウリが好きなはずのカッパがカエルを食べるのかは知らないですが、このパチスロ機種は山佐のニューパルサーのパクリ(!)。だからリーチ目もそれっぽい出目が多く、パチスロ初心者の方でもぜひ打ってみてほしいですねぇ。業界の今の流れでは出目の持つ役割がなくなりつつありますが、パチスロ本来の楽しみが味わえますよ。

★本機はチャンス目も非常に多く、一見リーチ目と勘違いしてしまうこともあるので注意

ボーナス確率(解析):スロガッパ

【パチスロ解析情報】ボーナス確率

天井RT以外によけいな付加機能がなく、ボーナス確率は高くなっています。【BIG】と【REG】はどちらもそこそこの差しかないので合成確率を優先したほうがいいかと。

ペイアウト(機械割)もなかなか優秀で、高いボーナス確率の恩恵もあり高設定域の安定感は高いパチスロ機種といえます。

★リーチ目を把握していないと出玉性能を発揮できないので注意。

単独ボーナス確率(解析):スロガッパ

【パチスロ解析情報】単独ボーナス確率

もちろん設定差はありますが大きくはないので、あえてここに注目する必要はないです。純粋なボーナス合成確率から判断していきましょう。

小役確率(解析):スロガッパ

スロガッパのチェリー

本機は【チェリー】がかなりややこしいことに。入賞方法(揃い方)については、『左リールの絵柄(赤orピンクチェリー)+右リール対角線上に特定絵柄が停止』となります。また、エヴァやモグモグのように右リールだけで払い出しが確定するわけではないため、通常時は左にも【チェリー】を狙う必要あり。

★右リールの特定絵柄は勝手に停止するため、左リールだけ気にすればOK。

さらに、内部ではフラグが8種類に分かれているので、念のため下表で特徴をチェックしといてください。

【パチスロ解析情報】チェリー詳細

小役確率

【パチスロ解析情報】小役確率

一応【ベル】確率には設定差があります。念のためカウントしておきましょう。その他の小役については気にしなくてOKです。

[単独チェリー]
【パチスロ解析情報】小役確率

単独チェリーは赤・桃それぞれ3種類ずつ存在します。

同時成立(解析):スロガッパ

【パチスロ解析情報】同時成立

同時成立の対象は単独チェリーのみですが、フラグが複数あるため混乱しやすい。また、右リールに特定の絵柄が停止しないと判別が出来ないため面倒くさいです。下の表は内部的なフラグを全く考慮せず、枠内にチェリーが出現した際の期待度なので、こちらを参考にしてくださいな。。

【パチスロ解析情報】同時成立

【単独チェリー】が同時成立の対象となっているので、枠内にチェリーが出現しなくても、もう一方の【チェリー】との同時成立の可能性は残ります。

小役分解:スロガッパ

小役+ボーナス

【パチスロ解析情報】小役分解

単独チェリー絡みのボーナス確率の合成は以下のとおりです。

【パチスロ解析情報】小役分解

小役のみ

【パチスロ解析情報】小役分解

こちらは参考情報です。

通常時の打ち方:スロガッパ

左リール枠内にどちらでもいいので【チェリー】を狙います。オレンジが出現したら中・右リールにも【オレンジ】をフォローして打てばOK。

★オレンジは取りこぼしが発生しやすいので注意です。

スロガッパのリーチ目

基本的なリーチ目をご紹介。

最低でも覚えておきたいリーチ目

スロガッパのリーチ目1

上図は角チェリーですが、中段チェリーでも考え方は同じです。

スロガッパのリーチ目2

左リール:カパ・チェリ・7付近のリーチ目

スロガッパのリーチ目3 スロガッパのリーチ目4 スロガッパのリーチ目5

まだまだ沢山のリーチ目がありますが、とても入りきらないのでこの辺にしときます。リーチ目を探るポイントとしては、左リールはなるべく同じ場所を狙うことです。全リールフリー打ちすると、毎ゲーム別の場所で停止するため、法則に気づきにくくなるので。後は・・・ハサミ打ちのほうがいいかも。

★打ちながらリーチ目を発見していくのがこのパチスロ機種の楽しさでもあります。

ボーナス中の打ち方:スロガッパ

【BIG】【REG】ともにフリー打ちでOKです。

天井について:スロガッパ

スロガッパにはハマリ救済機能として天井RTがあります。天井はBIG後1000G、REG後800Gハマリで、到達するとRTが発動し次回ボーナスまでほぼ現状維持~微増(+0.14枚/G)の状態で消化することが可能。ただし、低設定の可能性がかなり高くなるので、ボーナス消化後は即ヤメが無難。

他のアルゼ系パチスロ機種と同じく、設定変更をしても天井までの消化G数はリセットされないため、宵越し狙いも可能です。この場合は設定変更(つまり上げ)も期待できるので、その後の状況から判断して立ち回ること。

立ち回り方/攻略情報:スロガッパ

スロガッパの主な設定差

【パチスロ解析情報】主な設定差

スロガッパの立ち回り

ちょこちょこと差が付いている部分はありますが、基本はボーナス合成確率での判断となりそう。低設定でも比較的甘めのスペックとなってますが、設定H狙いでシビアに立ち回ることが重要です。

また、リーチ目でのボーナス察知がスロガッパの基本となるため、液晶演出でのボーナス告知は遅れがちです。液晶をアテにしているとボーナスに気づくのがかなり遅くなるため、リーチ目はしっかりと把握しておきたいところ。設定Hのスペックはけっこう優秀なので、リーチ目を堪能しつつもゲーム数はしっかりと稼いでいきましょう。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ