パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  パチスロ 天地を喰らう 解析・攻略

パチスロ 天地を喰らう 解析・攻略

パチスロ攻略の目次

パチスロ天地を喰らうについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報がわかります。

天地を喰らうの機種スペック

【パチスロ解析情報】

ロデオから登場したパチスロ天地を喰らうは、高いボーナス確率と浅めの天井機能を搭載していて立ち回りやすい印象を受けますね。

ボーナス中の技術介入などもあってサミーの北斗の拳2NZ将によく似たパチスロ機種ですが、こちらの方が設定判別に分がある(気がする)のでチェックしておきたいところです。

ライン構成

パチスロ天地を喰らうの有効ラインは通常の5ライン構成です。

ボーナス確率(解析):天地を喰らう

【パチスロ解析情報】ボーナス確率

消化後にRT突入となる【同色BIG】は設定差がなく、確率も低め。といっても、と比べたら2倍以上の出現率となっています。

合成確率が高く設定されていて、個人的には好きなタイプのスロット機種。

フラグ別のボーナス確率

【パチスロ解析情報】ボーナス確率

フラグの種類が多いのはこのメーカーの特徴ですが・・・ロデオにしては少ない方か。

単独ボーナス確率(解析):天地を喰らう

【パチスロ解析情報】単独ボーナス確率

設定差があるのは【赤赤白】と【赤MID】のみ。そして【赤MID】は設定差が大きいというポイントがある。

確率的にはアテにできないのと、確実に見抜けない点もあるので、アタマの片隅に置いておく程度ですかね。

小役確率(解析):天地を喰らう

【パチスロ解析情報】小役確率

メイン小役の【ベル】はちょっと確率が低めですが、設定差はそこそこあるのでカウントしておきましょう。その他の小役はちょっと厳しい。

特殊ベルとベルのカンケイ

【特殊ベル】は内部的には【ベル+特殊ベル】となっていて、左リールでブランク絵柄を引き込めない位置で押した場合は通常の【ベル】が揃います。

1枚役とチェリーのカンケイ

【1枚役】は内部的には【チェリー+1枚役】となります。【1枚役】として揃えるよりも【チェリー】としてそろえた方が払い出し枚数が多いのがポイント。ちなみにチェリーは3枚役ですが、角に停止して2ライン通過となるため、払い出しは6枚となります。

★ということで通常時の打ち方は要チェック!

同時成立(解析):天地を喰らう

【パチスロ解析情報】同時成立

同時成立については、ボーナス確定となる【特殊ベル】と【1枚役】も含め、期待度(%)で見ても分かりにくいと思うので、小役分解で実際の抽選確率を確認しておきましょう。

小役分解:天地を喰らう

小役+ボーナス

【パチスロ解析情報】小役分解

【15枚役】は出現率も高く、かつ設定差も大きいのが分かります。あとは【スイカ】と【チェリー】くらいか。ただ、【チェリー】出現時は【1枚役】の可能性もあるのが厄介。

見極められる小役を合算すると
【パチスロ解析情報】小役分解

チェリー出現時は設定差の小さい【1枚役】の可能性もあるため、ここでは除外しています。

小役のみ

【パチスロ解析情報】小役分解

こちらは参考までに。

通常時の打ち方:天地を喰らう

天地を喰らうの配列上のポイント

 ①右リールでのスイカの引き込みは100%
 ②中リールで【スイカ】と【スイカ15枚役】を同時フォローできる場所は白7付近

天地を喰らうの打ち方

[左中~下段にチェリー狙い]
【パチスロ解析情報】天地を喰らうの打ち方

まず、左リール中~下段に白7に挟まれた【チェリー】を狙い、右リールはフリー打ち。

[下段にチェリー停止]
【パチスロ解析情報】天地を喰らうの打ち方

中リールはフリー打ちでOKです。【チェリー】停止時は内部的には【チェリー】と【1枚役】の可能性がありますが(1枚役ならボーナス同時成立も確定するので)ボーナスが成立していなかった場合はただの【チェリー】だったことが確定します。

[中段に白7停止]
【パチスロ解析情報】天地を喰らうの打ち方

中リールはフリー打ちでOKです。

[下段に白7停止]
【パチスロ解析情報】天地を喰らうの打ち方

中リールに【白7】を狙うことで【スイカ】と【スイカ15枚役】を同時にフォローします。

[白7が枠下に停止]
【パチスロ解析情報】天地を喰らうの打ち方

最初の目押しが正確ならここまでスベった時点でボーナス(特殊ベル)。

ボーナス中の打ち方:天地を喰らう

基本情報としては、ボーナス中はリール枠の色で小役ナビが行われます。

BIG中の打ち方(枚数アップ打法)

【パチスロ解析情報】天地を喰らうボーナス中の打ち方

白ナビが出たら中段に白7をテンパイさせ(左図)、左リール下段に【白7】をビタ押し!(右図)

★白7はベルとリプレイに挟まれた方です。

【パチスロ解析情報】天地を喰らうボーナス中の打ち方

MID中の打ち方(枚数アップ打法)

【パチスロ解析情報】天地を喰らうボーナス中の打ち方

【MID】の場合、左リールが最大でも1コマしかスベらないので注意。こちらは左リール上~中段に【赤7】を狙います。

【パチスロ解析情報】天地を喰らうボーナス中の打ち方

【赤7】を枠上に押してしまうと【ベル】も【14枚役】も揃わないことになるので注意してください。

天地を喰らう ボーナス中のポイント

 【BIG】 ・・・ 【14枚役】を2回揃えることで+11枚
 【REG】 ・・・ 【14枚役】を1回揃えることで+12枚

RT基本情報/打ち方:天地を喰らう

【パチスロ解析情報】RT基本情報

RT中は特別な打ち方もなく、通常時と同じように打てばOK。【同色BIG】以外に天井到達時も同じRTに突入します。

天井/設定変更/リセット:天地を喰らう

天井について

パチスロ天地を喰らうには天井機能が搭載されており、しかも到達ゲーム数が非常に浅いのが特徴です。ほぼ同確率の北斗の将と比較しても差は大きい。

BIG後は777G、REG後は500G消化でRTが発動し、以降はボーナス成立まで出玉を減らさずにプレイできます(RT性能についてはRT基本情報/打ち方を参照)
ただし、RTが現状維持なので狙うとしても残り150G辺りからか。

★ちなみに、北斗の将はBIG後999G、MID後666G。

設定変更時について

パチスロ天地を喰らうでは、設定変更を行っても天井までのゲーム数を引き継ぐため、宵越し天井狙いが可能。ということで閉店時のゲーム数は要チェック!

宵越し天井が狙えるその他のパチスロ機種

サンダーVSP青ドンゲッターマウス7Rデビルメイクライ3ツインビー
北斗の拳-将スーパービンゴVアレックス7Rスーパージャックポット ほか

立ち回り/設定判別:天地を喰らう

天地を喰らうの主な設定差(設定判別ポイント)

【パチスロ解析情報】主な設定差

基本的にはボーナス出現率を重視する。ベルは3000G~程度の試行が必要かな。

天地を喰らうの立ち回り

スロット天地を喰らうの立ち回りとしては、天井までのゲーム数を必ずチェックしておきたい。ただし、RT性能が現状維持+低設定の可能性が高まることを考慮しておきましょう。

設定6なら1日打っても500Gを越えること自体が少ないため、何度も天井に到達している履歴がある台は天井消化後に即止め厳守。

また、【MID】後は天井が浅いため、【MID】を消化した時点で止めるかどうかをハッキリさせておかないと、少し打ち込んだだけで止めるに止められない状況になっちゃいます。
~5号機で収支をプラスにするためのヒントとしては、天井がない機種でもこれと同じことを意識できるかどうかですね。

今の5号機スロットはストック機のように明確な止め時がないため、天井搭載の機種を打つことで学べる部分もあります。天井があってもなくても、5号機では基本的にボーナス後の即止めがベスト。

★ボーナス後にチャンスゾーンやRTなどの付加機能がない場合です。

ジャグラーなどで止める場合も間違いなく0G止めがベストなハズなんですけどねぇ・・・。アレだけは何故かやめられない(笑)

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ