パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  ワニワニパニック パチスロ(スロット) 解析・攻略

ワニワニパニック パチスロ(スロット) 解析・攻略

パチスロ ワニワニパニック解析・攻略の目次

パチスロ ワニワニパニックについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

 小役分解
 通常時の打ち方
 ボーナス中の打ち方→フリー打ち
 天井/リセット(設定変更)→ナシ
 立ち回り/設定判別

ワニワニパニックの機種スペック

スペック

大一商会から登場したワニワニパニックは筐体上部に役物を備えたノーマルスペックのパチスロ。スロットの役物もでっかいシーサー付きの機種が出て以降、いろいろと増えてきましたよね。「だから何だ?」と言われても困りますが(笑)。

ワニワニパニックは純粋なノーマルのパチスロですが、リール配列にクセがあり、通常時の打ち方がポイントになりそうです。目押しが苦手な人はちょっと注意してくださいね。

有効ラインの構成

ワニワニパニックの有効ラインは通常の5ラインです。

ボーナス確率(解析)

ボーナス確率

ビッグに偏向したボーナス確率はなかなか優秀な数値。設定6のペイアウトも狙う価値のあるものとなっています。ちなみに、ビッグはマルチタイプなので、好きな絵柄で揃えることができますよ。

単独ボーナス確率(解析)

単独ボーナス

単独ボーナスは設定差が大きく、特にREGの設定差は2倍以上と大きな差が付いています。ベルやリプレイを含む全ての小役に同時成立の可能性があるので見極めが難しそうなのと、中段チェリーは2粒と3粒が別フラグで両方をフォローできないため、見極め出来るものを省くことで消去法的に判断していくことになりそう。

★合算でチェックしても差は大きいので、神経質になる必要は無いかもしれません。

小役確率(解析)

小役確率

ベルは一応カウントかな・・・。あと順押し・順ハサミで打つ場合、他の小役をフォローしながら中段チェリーを見極めるには左リールでビタ押しが必要になります。設定差はありますが、目押しが面倒になってくるので気にしない方がいいかも。

★中段チェリー(2粒)成立時にチェリー(2粒)を下段に押すとビタ止まって角チェリーになると思います。
★変則押し(中押しor逆押し)がオススメのパチスロ機種だと思うので、設置を見つけたらリール制御をチェックしてみます。

同時成立(解析)

同時成立

中段チェリーはボーナス確定で、スベリベルも期待度は高くなっていますがメインはリプレイ同時成立(と単独成立)ですね。

小役分解

小役+ボーナス

リプレイ以外の小役との同時成立も設定差はありますけど・・・ぶっちゃけ合算でチェックしても大差ないかもなぁ。

小役のみ

こちらは参考情報。

通常時の打ち方

リール配列のポイント

3番のチェリーと8番のスイカの間に4コマの絵柄があります。一般的な配列だと3コマなので左リールは枠内(3コマ目押し)にチェリーを狙えばスイカを同時フォローできるんですが、ワニワニパニックの場合はチェリーとスイカをフォローするなら3番チェリーを中or下段(2コマ目押し)に狙う必要があります。しかも、中段チェリーを見抜くなら3番チェリーを中段にビタで狙わないといけません。毎ゲームのことなのでちょっと面倒ですよねぇ。

また、15番のチェリーをスベらせる打ち方もあります。こちらは11番のスイカを枠内(3コマ目押し)に狙って打てばOKで、中段チェリーまでしっかりフォローする場合でも11番スイカを中or下段(2コマ目押し)に狙えばいいため、こちらの方が難易度は低いんですけど・・・。確率があまり高くないスイカの目押しが頻発しそうなのが厄介・・・。

・・・というわけで、どちらの打ち方でも結構面倒なのですよ。よってYurikaとしては変則押しがオススメだと思います。中押し・逆押しどちらでもいけそうなんですが、中押し手順を模索してみました。

通常時の打ち方 ・・・ 中押し模索中

最初に狙う絵柄は中リールの「10番赤7」、これを枠上付近に狙います。リール制御が分からないので現時点ではハッキリとは言えませんが、配列からは

 ①ベルは左リール下段で受けるカタチになる(左下がりor下段テンパイ)←左下がりかな
 ②リプレイは中段で揃う

★「成立役を中段に引き込むのが基本」と推測できそう。

というのは間違いない。あとはスイカとチェリー時の停止形をちょこっと打ってみて確認できれば問題ないかと・・・。スイカとチェリーで別の停止形をとれば、それに合わせて左リールで狙い分ければいいので目押しが楽になりますよね。ボーナス成立にも気付きやすそうだし。

まぁどちらにしても中段チェリーの片方はフォローできないけど――(もしかしたら2種類の中段チェリーでリール制御が違う素敵な台かも・・・?)――順押しよりは格段に取りこぼしが減ると思います。

ボーナス中の打ち方

BIG・REGともに「2BET15枚払い」です。どちらもフリー打ちでOK。

立ち回り/設定判別

主な設定差(設定判別ポイント)

設定判別要素

なんかいろいろ数値を並べてみましたが、アイジャグ的な立ち回りでも問題なさそうな気がしてきた(笑)。要するにボーナス合算とREG・ベル出現率ね。

ワニワニパニックの立ち回り

ノーマルスペックらしく、REG出現率に注目するのが基本。単独REGの設定差は大きいですが、正確に見抜けないこともありそうなので合算でのチェックでもOKだと思います。

出玉性能を発揮させるという意味では、通常時は小役の取りこぼしに注意することが重要。スイカは払出し・出現率ともに大したことないですが、ノーマルのパチスロって「如何に無駄を排除するか」っていうのがゲーム性(攻略要素)だしね。

ただし、設定6が確定している状況であれば、順押しチェリー狙い(もちろんスイカもフォロー)でゲーム数を稼ぎにいったほうがいいよぅ。程度にもよるけど多少の取りこぼしは覚悟の上で、1回でも多くのボーナスを引くことでロスを相殺することが(高設定なら)できるからね。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ