パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  宇宙戦艦ヤマト パチスロ(スロット) 解析・攻略

宇宙戦艦ヤマト パチスロ(スロット) 解析・攻略

パチスロ 宇宙戦艦ヤマト解析・攻略の目次

パチスロ 宇宙戦艦ヤマトについて、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

宇宙戦艦ヤマトの攻略ページは第1部(このページ)と第2部に分けてあります。第2部はART当選率や内部状態関連をまとめたページなので興味があればチェックしてみてくださいな。

宇宙戦艦ヤマトの機種スペック

スペック

なんかこう・・・山佐のART機もワンパターン化してきてますけど、今回のパチスロ「宇宙戦艦ヤマト」はどうでしょうかねぇ。破壊力は十分ですけど、打ち手をひきつける「何か」が足りない印象を受けます。

★Yurikaはこの筐体がどうも苦手です。やけに幅広なリールとペチャンコの7絵柄ね。

さてさて、パチスロ宇宙戦艦ヤマトは通常時からの突入もあるART「ヤマトラッシュ」に加え、無限ART「超ヤマトラッシュ」を搭載。通常のARTは1セット30Gと物足りない印象ですが、1回のART当選で最大7セットの当選が見込めるし、複数セット当選の可能性が高いのがヤマトの特徴になっています。

調査もかねて実戦してきましたが、まぁお隣さんがサクサクサクサクっとボーナス引きまくってアッサリ58連を達成しておりましたよ。Yurikaは初当たりに3万近く使わされ、BIG中の7揃いなしでしたがゲージ5個で「まぁ当選してるでしょ」と思いきや、BETで艦長「高確率モード!」の一言で心が折れました(傷心)。

有効ラインの構成

宇宙戦艦ヤマトの有効ライン

パチスロ宇宙戦艦ヤマトの有効ラインは変則5ライン。必ず中リール中段を通るのがポイントです。小役を揃える際は注意しておきましょう。

ボーナス確率(解析):宇宙戦艦ヤマト

ボーナス確率

ヤマトのボーナス合成はエウレカとほとんど同じ水準。もうひと回り低いかな、と思っていたので良かった。ペイアウトも優秀な数値となっていますね。ただ、BIG確率が極悪なのでそこんとこヨロシク。

単独ボーナス確率(解析):宇宙戦艦ヤマト

単独ボーナス

単独成立はちょこちょこ見かけるレベル。

小役確率(解析):宇宙戦艦ヤマト

小役確率

左側はAT役、右に一般小役をまとめています。スイカ・チェリーなどには微妙な設定差がありますが、合算してチェックしてもちょっと厳しいかなぁ。一応主な設定差にまとめた数値を掲載しているので、参考にどうぞ。

6択ベルの取りこぼし

6択ベルの押し順に不正解の場合、左リールにチェリーが出現します。仕組み自体はパチスロ ガンダムⅢと同じで、「6択ベル取りこぼし時は1枚役と2枚役が複合して揃い3枚の払出し」なんですけど、その中の1枚役が「チェリー・ベル・リプ」という絵柄構成のため、左リールに頻繁にチェリーが出現するわけです。

これをチェリーとして考えないようにしてくださいね。停止位置によっては「左上段チェリー+中上段チェリー」で連チェリーを形成するため、右リールにもチェリーを狙っている人が居ました。有効ラインとか6択ベルの仕組みが分かっていれば、「もぅ・・・何やってんのよ」と。

チェリーは中リール中段停止で入賞

上とカブるんですが、次はチェリーについて。パチスロ宇宙戦艦ヤマトのチェリーは「中リール中段停止で入賞」となる1リール確定役です。しかもフリー打ちでも取りこぼしはありません。ただし、成立時は左リールにもチェリーが出現し、「左角→中中段」で必ず連チェリーを形成。残った右リールにチェリーを狙い、1直線になれば「3連チェリー(強チェリー)」、それを否定すれば「2連チェリー(弱チェリー)」となります。

つまりチェリーの強弱を見極める場合は目押しが必要ですが、見極めないのであればフリー打ちでも取りこぼしはありません。また、6択ベルの取りこぼしとチェリーを間違えないようにしてくださいね。違いは中リール中段(ド真ん中)にチェリーがあるかどうかです。

同時成立(解析):宇宙戦艦ヤマト

同時成立

1枚役(スイカ・ブランク・スイカ)の取りこぼしで出現するチャンス目がボーナスへのメインルート。小役自体の確率もそこそこ高い。

小役分解:宇宙戦艦ヤマト

小役+ボーナス

個人的にはどこか1ヶ所に設定差を固めてほしいところなんですが・・・なかなか難しいですねぇ。

小役のみ

こちらは参考にどうぞ。

通常時の打ち方:宇宙戦艦ヤマト

通常時は「赤7にハサまれたチェリー」を枠内に狙って打ちます。右リールのスイカは引き込み100%なので、スイカがスベってきた時は右リールをフリー打って中リールでスイカをフォローしよう。それ以外では基本的にフリー打ちでOKです。

★「スイカ出現→揃わず」=チャンス目=1枚役の取りこぼし。

2連チェリーと3連チェリーを見抜く場合は、左リール枠内にチェリーが出現した際に中リールをフリー打ち→中・中段にチェリー停止(チェリー入賞)→右リール枠内にチェリー狙い、となります。配列上チェリーは取りこぼさないので、2連or3連を見抜かないならフリー打ちでOKです。

★SIN(シングルボーナス)の取りこぼし目は、ART中に出現した場合にハズレと間違わないようにしてくださいね。

ボーナス中の打ち方:宇宙戦艦ヤマト

BIG中の打ち方

BIG中の演出は2種類。チャンス告知と完全告知があるので、お好みでどうぞ。基本的にはフリー打ちでOKですが、告知やカットインが出た場合は7を狙ってみてください。

BIG中の小役確率
BIG中小役確率

最近のパチスロ機種はBIG中の7揃い出現率が高めに設定されているのがうれしいですね。・・・まぁ新鬼武者はアレですけど・・・。ハズレはカットイン発生用に設けられたものなので、完全告知となるガミラスBIG中では特に意味はありません。

ゲージ点灯によるART抽選もアリ

液晶の上部中央にあるゲージが点灯していくことで、ART当選率がアップしていきます。点灯契機は主に強ベル(ベルが小山・小谷ラインで揃う)で、6段階のMAXまで到達すればART確定となります。また、ゲージ0点灯はMAX点灯と同じなので、全く点灯しないのもそれはそれでアツい。

REG中の打ち方

REG中はフリー打ちでOKです。画面割れしてヤマトが発進すればART確定です。

ART基本情報/打ち方:宇宙戦艦ヤマト

ART打ち方

パチスロ宇宙戦艦ヤマトのART「ヤマトラッシュ」は30Gで1セットのナビストック型ARTです。30Gが1セットとはいっても、一旦ARTに突入したらナビが尽きるまで内部状態の移行はなく、最近のART系パチスロ機種でも人気の高い「AT+無限RT」というタイプになります。途中でCZや通常Gを一切はさまないため、「増えては減り、減っては増え・・・」ではなく「ひたすら増え・・・」というのが嬉しい。

このタイプのARTはナビストック1個で特定G数(ヤマトでは30G)のAT(小役ナビ)が保証され、ナビストックが切れたらまずATが終了します。そして、ATが終了したことによって6択ベルを取りこぼすことで無限RTが終了。よって当然のことながら「AT役の取りこぼし=パンク」という危険性を持っているのが特徴でもあります。ナビ発生時は押し順ミスに注意してくださいね。

★つまり1セットという概念はAT(小役ナビ)の保証区間を示しているわけです。
エウレカ蒼天の拳などのように、特定役を揃えると50Gや40Gという有限RTが発動するART機種の場合は、押し順ミスでAT役を取りこぼしてもパンクしないのが一般的です。

ART当選から発動までの流れ

ヤマトのARTはボーナス終了後に発動するケースと通常G中に発動するケースの2パターンがありますが、当選から発動までの流れはどちらも同じ。まずはCZからスタートして同時にATも発動します。ここでは押し順ナビによってベルを揃えながらSINの成立を待ち、SINが成立したら取りこぼし目を出現させてRTが発動、ここからがART状態となります。

ボーナス終了後はCZからスタート

ボーナス中にART当選した場合は終了後のBETで即ARTが告知され、まずはATがスタートします。ボーナス終了直後はCZ状態なので、押し順ミスに注意です。SINが成立したら「チャンスナビ」が発生するので赤7付近を狙って取りこぼし目「リプ・リプ・ベル」を出現させてください。

通常時からのARTは周期CZ到達で発動

通常時にART当選した場合も同様にCZを経由するんですが、ヤマトのCZは周期CZとなっていて、150Gという比較的長い周期性をもっているため、発動までに時間がかかる場合があります。通常時にART当選した場合は液晶ステージが「船外」になることが多いので、そういった台を捨ててしまわないように注意です。

★周期CZに到達したら、あとの流れはボーナス後と同じです。
★高確で3連チェリーを引いたら周期まで回すしかないです。この周期の長さが一番の問題点か。

自力ARTは存在しない

ナビストックがない場合はCZ中にATが発動しないため、6択ベルを取りこぼしてCZがパンク→通常Gへ転落します。6択ベルよりも先にSINが成立し、取りこぼし目が出現すれば無限RTは発動しますが、液晶は変化せずそのまま。こちらも6択ベルを取りこぼすことでパンク→通常Gへ転落です。まぁ意識してなければ気づかないで転落してますから気にしなくてもOKですが、上記の理由から「自力ART」というのは存在しません。

ART中の打ち方

押し順ナビが発生したらそれに従い、それ以外は演出無しならリプレイなのでフリー打ち、演出が発生した場合は小役狙いで消化すればOKです。とにかく押し順ミスにだけは注意してくださいね。

ART抽選について

ART「ヤマトラッシュ」の抽選とナビストックの振り分けについてはヤマト攻略の第2部をチェックしてみてください!

宇宙戦艦ヤマトの天井/リセット(設定変更)情報

天井情報

パチスロ宇宙戦艦ヤマトの天井は「ボーナス間で1480Gハマリ+周期CZ突入」で到達。以降は無限ARTが発動し、ARTで出玉を増やしながらボーナスを待つことができます。ちょっと深いのが気になりますが、ハマリ台はチェックしておきましょう。1100~1200G辺りからが狙い目?

途中でARTに突入していた場合でもリセットされないので、純粋にデータ表示機でのハマリG数をチェックすればOKです。

リセット(設定変更)情報

設定変更を行うと天井までのG数がリセットされます。宵越し天井狙いは基本的にNGと思っておきましょう。

立ち回り/設定判別:宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマトの主な設定差(設定判別ポイント)

設定判別要素

一応・・・通常時の4役合算を算出してみましたが、まぁ役に立つとは思えないですね(笑)。あとはART関連の詳細についてはヤマト攻略の第2部をチェックしてください。

宇宙戦艦ヤマトの立ち回り

パチスロ宇宙戦艦ヤマトはART機ということで、サブ基盤側の設定差がメインとなっています。メイン基盤(ボーナス、小役)とは異なり、サブ基盤(ART)というのは複数の要因が絡み合った抽選が行われるため、設定差があったとしても状況次第では判断できないことも多く、信頼度が低いのが特徴。

よって、ボーナスや小役などの設定差が小さかったとしても念のためにチェックしておきましょう。ナビストックは基本的に高設定ほど多くなる特徴があるため、ARTがロング継続しやすくなっています。

ナビストックの振り分けに設定差がある場合、注目するのは「最低個数の振り分け」です。ヤマトのようにART中のナビ上乗せがあるパチスロ機種では、上乗せによってどこでどれだけのナビをストックしたかが判断できないため、最低のナビ個数以外の振り分けは判別に全く役立たないと思っておきましょう。初当たりARTから単発終了時、また、最低2個以上のナビがある場合は2連終了時などをチェックして判別の参考にすること。

★ヤマトの場合は低設定ほど最低個数が選ばれることが多く、サンプルが集まるほど低設定の可能性が高くなるといえます。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ