パチスロ攻略TOP >  パチスロ攻略解析 >  ひぐらしのなく頃に祭 パチスロ(スロット) 解析・攻略

ひぐらしのなく頃に祭 パチスロ(スロット) 解析・攻略

パチスロ ひぐらしのなく頃に祭 解析・攻略の目次

パチスロ ひぐらしのなく頃に祭について、以下の立ち回り・打ち方・解析・攻略情報をチェックすることができます。

ひぐらしのなく頃に祭 の機種スペック

スペック

オーイズミから登場したパチスロ「ひぐらしのなく頃に祭」は、完走型RTを搭載したパチスロ機種ですが、技術介入度がかなり高いゲーム性となってます。ビタ押しが要求されますが、見事にこなしてフル攻略した場合は設定1でもペイアウト102%!これまでにもウーロン剣豪などの「最低設定でもペイアウト100%超」というパチスロがありましたが、その中でもトップレベルの甘さを誇ります。

また、ビタ押しができなくても75%で「ビタ成功時と同じ」になる手順もあるので、目押しできない人でも楽しむことは十分可能な設計になっています。つまり、残りの25%をビタ押しで埋めていき100%に近づけることで最低設定でも理論上勝てるようになるワケです。

パチスロ「ひぐらしのなく頃に祭」はYurikaも非常に期待して待っていたんですが・・・なんといってもオーイズミというメーカーはウィンネットとならんで「非常に完成度の低いパチスロ」を作ることで有名ですからね(個人の感想です)。期待と不安が3:7くらいだったのが正直なところ。目の付け所は良いですが、どうにも詰めが甘くて・・・。

★ハネスロは評価してるけどね。

例えば、小役の絵柄構成がかなり複雑なのに加え、それぞれの絵柄が主張しすぎていて全体的にゴチャっとした印象があります。ゲーム性からも役構成が複雑になるのはしょうがないですが、もっとスッキリした印象に仕上げられないもんかねぇ。図柄をもっとシンプルにすればいいのに・・・。

配列に関しても、左リールの青7とスイカって入れ替えられなかったの?スイカ揃いが「チャンス目(払出しはありません)」で青7・スイカ・スイカが「スイカ」とか、初めて打つ人には「?」ってなるでしょーが!絵柄を入れ替えて役構成上もそっくり入れ替えちゃえば良かったんじゃないのかねぇ。まぁ他の部分に影響があるのかも知れないケド、もうちょっとアタマ使って「ウマく考えたなぁ」と思わせてほしいです。

・・・まぁいいけどさ。とりあえず実際に打ってみたいパチスロ機種ではある。

有効ラインの構成

有効ライン

パチスロ「ひぐらしのなく頃に祭」は中段無効の4ライン機です。

ボーナス確率(解析): ひぐらしのなく頃に祭

ボーナス確率

ボーナス確率には大きな設定差がないので、アテにしないように。データ表示機からは設定がわからないタイプのパチスロ機種。ペイアウトは打ち手の技術介入レベルにより大幅な変動が見込まれます。

★そもそもペイアウトというのは出玉性能の「現実的な平均値」ってだけで、打ち手のレベル次第で変化するものなんですけどね。それ自体はあくまでも潜在能力ですから。活かすも殺すも打ち手しだいなのです。だからフリー打ちして小役取りこぼしまくってる人がペイアウトの話をするのはナンセンス。

絵柄別のボーナス確率

現在調査中・・・。

単独ボーナス確率(解析): ひぐらしのなく頃に祭

単独ボーナス

単独ボーナスには設定差はありますし、見抜けないこともないです。ただし、そのためにはシビアな小役狙いが必須だし、演出による告知が遅い本機ではちょっと難易度が高い。ボーナス関連の設定差はほぼ単独成立にまとまっているため、チェックしたいけどねぇ。

小役確率(解析): ひぐらしのなく頃に祭

小役確率

通常時のスベらないベルには一応の設定差が存在します。ちょっと差が小さいので過信はできませんが、ないよりはマシか。ただ、通常時の小役狙いは「中押し」が基本なので、スベリベルを見抜けるがが微妙。・・・となると、まとめてカウントする必要があるため、かなりのサンプルを集めないと役に立ちません。

★その他の小役は無視してもOKですが、役構成がかなり複雑なので注意してくださいね。

同時成立(解析): ひぐらしのなく頃に祭

同時成立

単独・共通の1枚役が同時成立のメイン小役。それ以外ではスイカとチェリーかな。

小役分解: ひぐらしのなく頃に祭

小役+ボーナス

ボーナスの半分以上は1枚役から。設定差は小さいので気にしなくてもOKです。

小役のみ

同時成立しない小役フラグに設定差はありません。

通常時の打ち方: ひぐらしのなく頃に祭

小役構成・リール配列上のポイント

本機は小役構成がけっこう複雑なので、取りこぼしが発生する小役については注意して狙うようにしたいです。スイカ揃いは「チャンス目」なので、スイカを狙う際は左リールに青7を狙ってくださいね。また、オレンジ揃いの小役もありません。1枚役を狙う場合に右リールはオレンジ狙いとなりますが、右リールには1個しかないので慎重に。

★右リールにはスイカ(代用絵柄も含め)が多いため、ハサミ打ちや中→右と停止させる場合はフリー打ちでOK。

全小役を奪取する打ち方(中押し)

[最初に狙う絵柄]
打ち方

いきなり2コマ目押しが必要ですが、他に方法がないため仕方ないです(汗)。厳しいようであれば1~2コマ程度遅くてもいいですが、その場合は「赤1枚役」をフォロー出来ません。また、出目と成立役の関係も変化するので注意してくださいね。

[下段にチェリーが停止]
打ち方

どちらから止めても良いですが、先に左リールを止めて「チェリーが出現した場合は右フリー打ち」ができるため、左→右と止めた方がいいですね。

[中段にスイカが停止]
打ち方

先に右リールをフリー打ちして、スイカテンパイ時は左リールに青7を狙おう。中→右と止めてスイカ非テンパイなら白BIG(同色)!

[中段にリプレイが停止]
打ち方

頻繁に成立するリプレイが面倒なので、先に左リール上段付近に「白7」を狙い、リプレイがテンパイしたら右はフリー打ちでOK。もし1枚役がテンパイしたら右リール上段付近にオレンジ狙い。

[その他の停止形]
打ち方

あとの停止形は左・右フリー打ちでOKです。演出や直前の成立役によってはボーナスの可能性もあり、その際は「赤系ボーナス(異色・REG)」というのを押さえておこう。

順押しで打ちたい人は・・・

中押しがややこしいと感じる人は順押しになるかと思います。ただし、順押しもけっこう面倒ですよ。スイカ成立時に青7を引き込むことになるため、中段チェリー(中段は無効ライン)が出たりするし、「チェリー落とし」で打ってると左下段に青7が停止した形でもスイカの可能性があるため、フリー打ちできないなど・・・。

とりあえずハサミ打ちがいいのは確かなので、左でチェリーをフォローして右リールはフリー打ちし、青7→スイカ(BAR)とテンパイした場合は中リールでスイカ(青7目安でOK)をフォローしながら打ちましょう。

ボーナス中の打ち方: ひぐらしのなく頃に祭

ボーナス中にも技術介入アリ!全てのボーナスで同じ手順を実行すればいいので、必ずやっておきたい!ただし、予告音が発生した時のみ手順が可能なのでREGだとできないこともあるかも・・・?

9枚役の揃え方(全ボーナス共通)

ボーナス中の打ち方

予告音が発生したら中・右をフリー打ちし、左リールは「中段に白7」をビタ押し!成功すれば下段に「白7・ベル・ベル」が揃って9枚役GETです。失敗時は10枚役が揃うのでリスクはありません。これならビタ押しも余裕を持ってチャレンジできるね。

CZ基本情報/打ち方: ひぐらしのなく頃に祭

CZ「運命分岐モード」の突入タイミング

 ①ボーナス終了後
 ②周期到達時(周期は250G/500G)

CZは大きく分けると2種類ありますが、打ち方はどちらも同じなので気にしなくてもOKです。

CZからRT突入or通常へ転落

CZ中に揃った小役により、RT突入or通常へ転落するかが決まります。また、RT突入する小役は3種類、通常へ転落する小役は2種類あり、それぞれ以下のような特徴が。

RT突入・転落

★CZ中にチェリーが揃った場合は90GのRTへ突入します。

CZ中の打ち方(ビタ押し準備!)

CZ中も基本的には通常時と同じ打ち方で小役をフォローしながら消化してください。チェリーは内部で成立すればOKで、取りこぼしても90GのRTに突入するようです。

[中押しナビ発生で運命分岐!]

液晶で「中を押せ!」となったら「RT突入or通常へ転落」の可能性アリ。まずは素直に中リールをフリー打ちします。この際に中段に止まった絵柄でRT突入か転落かは先に判断可能。「中段ベル=RT、中段リプ=転落」です。

[①中を押してレベルアップナビが発生!]

中リールをフリー打ちした際に効果音が発生し、液晶でナビ(左停止ランプが激しく点滅)が発生した場合はナビに従ってフリー打ち。この場合はビタ押ししなくても「50GのRT突入or周期250の通常ゲームへ移行」します。

★レベルアップナビは左リール真下の「梨花ちゃん」が点灯している場合に発生する可能性アリ。

「梨花ちゃん」が点灯しているのにレベルアップナビが発生しなかった場合、内部では「RT30Gのベルor通常500Gのリプ」が成立しているため、目押しに自信がなくても難易度「高」を選択(つまりビタ押しチャレンジ)してください。難易度「低」を選択すると、必ずビタ押し失敗時とおなじ「RT30Gのベルor通常500Gのリプ」が揃ってしまいます。

[②技術介入でRTを増やす/通常Gを減らす]

レベルアップナビが発生しなかった場合は技術介入を行います。まず、中段ベル・中段リプどちらの場合でも「打ち手の技術レベル」によって難易度を先に選択。難易度の選択は「次に左・右のどちらのリールを先に止めるか」で決定するので・・・

 「左」を先に止める ・・・ 難易度「低」 ・・・ 75%でビタ成功と同じ結果、25%でビタ失敗と同じ結果(フリー打ちでOK)
 「右」を先に止める ・・・ 難易度「高」 ・・・ ビタ押しの成否で結果が決まる(ビタ準備!)

となります。難易度「低」を選択する場合は「左→右」とフリー打ちすればOK。難易度「高」を選択した場合は右リールをフリー打ちした後で左リールのビタ押しにチャレンジすることになります。

上にもありますが、「梨花ちゃん点灯+レベルアップなし」の場合は必ず難易度「高」を選択してください。「低」を選択した時点でRT50Gや通常250Gの可能性がなくなってしまいます。

[どこをビタ押すの?]
ビタ押し

RT突入or転落で狙う場所が変化することに注意してくださいな。まぁ白7を目安にできるので、ビタといってもそれほど難しいワケではありません。練習すれば成功率90%くらいには到達可能かと。左を止めれば下図のどれかが揃って移行先が決定。

RT突入・転落

★ビタ押しに成功した場合は枠内に白7が停止するのがポイント。

CZ中のリプレイ確率

現在調査中・・・ですが、リプレイ以外の小役は通常時と同じです。問題はリプレイ確率。ボーナス関連や小役関連の設定差が小さいため、CZ中のリプレイ確率に設定差がある・・・・かも?高設定ほど転落しにくいことでRT突入しやすくなり、ペイアウトが高くなる・・・・・・・のか?現状では推測ですけど。

RT基本情報/打ち方: ひぐらしのなく頃に祭

パチスロ「ひぐらしのなく頃に祭」のRT「疑心暗鬼モード」は完走型RTです。まずは途中でボーナスを揃えてしまわないように注意!また、RTのゲーム数はCZ中に揃った小役によって30・50・90Gの3種類があり、いずれもRT完走後(非ボーナス成立時)は再度CZへ移行するため、ループ性能もあります。

★特殊な条件(調査中)を満たすとRTのゲーム数が150Gになるようです。CZ中のボーナス成立か?

RT中も通常時と同じ打ち方で消化

RTにはパンク役などが存在しないため、通常時と同じ打ち方で小役の取りこぼしを防ごう。出玉性能も「0.75枚/1G」とRT単体としては高いため、出玉増加が期待できます。

ただし、RT中も通常時と同じ打ち方をするとボーナスに当選しているかどうかがスグに判明してしまうため、ゲーム性を壊してしまうのがちょっと問題ではある。まぁそれでも収支を最大化するためには中押しがベストだから、しょうがないかな・・・。

★完走型RTの弱点はココなんだよね。だからガンダムⅡではリーチ目をあえて用意しなかったワケです。

ひぐらしのなく頃に祭の天井/リセット(設定変更)情報

天井情報

パチスロひぐらしには、天井はありません。ただし、天井とはちょっと違いますが通常ゲームを250Gor500G消化したら周期CZに突入します。覚えておいて損はありませんが、ヤメてある台は「周期まで500Gかかるからヤメた」という理由が多いかもしれません。実際に確認していれば問題ないですが、立ち回りの際は注意しよう。

リセット(設定変更)情報

現在調査中・・・ですが、この手のパチスロ機種はリセット後にCZスタートとなるハズなので朝一の挙動はチェックする価値アリ。

立ち回り/設定判別: ひぐらしのなく頃に祭

主な設定差(設定判別ポイント)

設定判別要素

立ち回り

パチスロ「ひぐらしのなく頃に祭」ではボーナス関連の設定差が小さく、通常ベルの設定差も小さいので現状では効果的な立ち回りが難しいと言わざるを得ません。ビタ押しが得意な人は設定1でもなんとか勝負になりますが、目押しが苦手な人は注意して立ち回ってくださいね。

★ホールとしても高設定を使いにくいでしょうしね。

打っている人たちがどれくらいのレベルなのかを把握すれば、高設定が入りそうかがある程度わかるかも知れません。出玉をある程度見せなければ客が付きませんから、技術レベルの低い客層が多ければお宝GETできるかも・・・。

基本的にはシンプルなRT仕様なんですが、ゲーム性が理解できていない人も多いかもしれないので、周期CZを狙った立ち回りも視野に入れておこう。

あーどっか近場で導入してくれないかなぁ・・・。

特許取得により可能となった換金システムがウリのオンラインギャンブルサイト「ディーチェ」
閉店時間を気にすることなく24時間ネットでスロット!お試しポイントでチャレンジ